>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニがグッドウッドにてアヴェンタドールLP780-4 Ultimaeの実車を初公開!そのほかウラカン・スーパートロフェオEVO2、エッセンツァSCV12といったレーシングカーも走行

投稿日:2021/07/13 更新日:

ランボルギーニがグッドウッドにてアヴェンタドールLP780-4 Ultimaeの実車を初公開

| ランボルギーニのようなプレミアムカーメーカーにとって、エンスージアストの集まるグッドウッドは「外せない」 |

英国では一足先に様々なイベントが「解禁」となっているようだ

さて、ランボルギーニがグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてアヴェンタドールLP780-4 Ultimaeの実車を公開し、そのほか会場入りした各モデル、現地での画像を公開。

アヴェンタドールLP780-4 Ultimaeについてはクーペ、ロードスターの両方が展示されており、そのほかウラカンEVO、ウラカンSTO、ウラカン・スーパートロフェオEVO2、エッセンツァSCV12、ウルスの姿も見られ、つまりは「全ラインアップ」に近いモデルが集結しているということになりそうです。

2021-goodwood-fos-lamborghini-1

【動画】私有地で数十万人の集まるカーイベント「グッドウッド」を開催する男。デューク・リッチモンドはこんな人

| デューク・リッチモンドはこんな人だった | いよいよ開幕のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード。 数十万人という人が訪れる巨大イベントですが、会場はなんと私有地。 これは「リッチモンド公爵 ...

続きを見る

アヴェンタドールLP780-4 Ultimaeは600台限定

まずこちらはアヴェンタドールLP780-4 Ultimaeクーペ。

ボディカラーはGrigio AchesoとGrigio Tecaとの(グレー)ツートン」、アクセントは「Rosso Mimir(レッド)」。

アヴェンタドールの最終モデルでもあり、V12エンジンのみで走るランボルギーニのクルマとしても「最後」となるモデルです。

そして「有終の美を飾る」「究極のアヴェンタドール」にふさわしく、6.5リッターV12エンジンはシリーズ最強となる780馬力を発生。

2021-goodwood-fos-lamborghini-by-Dusan-2

クーペが350台、オープンモデルの「ロードスター」が250、あわせて600台のみが販売されます。

2021-goodwood-fos-lamborghini-3

アヴェンタドールLP780-4 UltimaeロードスターのイメージカラーはBlu TawaretとBlu Nethunsとのツートンで、フィニッシュはクーペのマットとは異なり「グロス(光沢)仕上げ」。

2021-goodwood-fos-lamborghini-19

ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表
ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表!その出力はSVJ超えの780馬力、限定台数は600台

| まさかアヴェンタドールSVJの780馬力を超えてくるとは思わなかった | そのデザインは「アヴェンタドール全モデルの集大成」、まさにグランドフィナーレを飾るにふさわしい仕上がりに さて、ランボルギ ...

続きを見る

ウラカンSTOは「ロゴなし」も

ランボルギーニは今回ウラカンSTOを少なくとも2台持ち込んでおり、1台はオフィシャルフォトでもおなじみの「ライトブルー」、そしてもう一台はデカールやロゴの入っていないマットブルーの個体。

2021-goodwood-fos-lamborghini-2

マットブルーの方はアクセントカラーにも「地味」なカラーを選択していて、かなりイメージが変わりますね。

2021-goodwood-fos-lamborghini-7

こちらはリアサイドから。

2021-goodwood-fos-lamborghini-14

こちらはウラカン「EVO」。

2021-goodwood-fos-lamborghini-4

ウラカン・スーパートロフェオEVO 2。

2021-goodwood-fos-lamborghini-20

こちらはリア。

2021-goodwood-fos-lamborghini-21

ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開
ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開!リアはカウンタック風、フロントはシアン風のデザインを持ち、「ガソリン世代の集大成」?

| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは | ウラカン・スーパートロフェオEVO2のボディカラーはミリタリー風 ランボルギーニが先日予告していた「スーパートロフェオ EVO2」 ...

続きを見る

アヴェンタドールSVJ、エッセンツァSCV12も

そしてランボルギーニはアヴェンタドールSVJロードスターもグッドウッドへと持ち込み。

2021-goodwood-fos-lamborghini-6

あまり見かけないオレンジだけに新鮮です。

2021-goodwood-fos-lamborghini-24

こちらはエッセンツァSCV12。

2021-goodwood-fos-lamborghini-9

途中でタイヤ交換(見慣れないトレッドパターンを持っている)。

ヒルクライムではランボルギーニ各モデルを(エマヌエーレ・ピロのドライブで)先導したといい、けっこうな回数を走ったのかもしれませんね。

2021-goodwood-fos-lamborghini-11

なお、今回のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは英国の「Covid-19 Events Research Programme」のパイロットイベントとして運営された、とのこと。

2021-goodwood-fos-lamborghini-5

参照:lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5