>中国/香港/台湾の自動車メーカー

中国NIOが第二のエレクトリックハイパーカー、1360馬力のEP9スピードスターを企画中?なお第一弾のEP9クーペは未だ納車されていないようだ

投稿日:2021/07/19 更新日:

中国NIOが第二のエレクトリックハイパーカー、1360馬力のEP9スピードスターを企画中?

| これまでに数々のエレクトリックハイパーEVの計画が報じられて生きたが、実現したものはほとんどない |

それでも次々こうやってハイパーEVの計画が出てくることが不思議で仕方がない

さて、中国にてEVを展開しているNIO。

そのNIOは以前にエレクトリックハイパーカー「EP9」を発表しており、これは「ニュルブルクリンクでのエレクトリックカー最速」「サーキット・オブ・ザ・アメリカ(COTA)での自動運転車最速」などいくつかの最速記録を樹立しています。

ちなみにこのNIO EP9の発表は2016年で、NIOは2017年に投資家向けのプリプロダクションモデル5台を生産し(6台説もある)、その後に限定台数50台(10台説もある)を製造すると公表していたものの、報じられる範囲では「今のところ1台も納車されていない」模様。

中国企業がR35GT-Rニスモよりも速いEV、「NIO EP9」発表。1360馬力を発生

中国のNextEVがエレクトリック・ハイパーカー(メガカー)「NIO EP9」を発表。 1360馬力を超える「メガ・カー」で、ケーニグセグOne:1と比肩しうる数値ですね。 これはニュルブルクリンクで ...

続きを見る

ハイパーEVはなかなか実現できない

こういった現実を見る限り、そしてそのほかのEVスタートアップを見ても「ハイパーEVはそう簡単に発売できるものではない」ということもわかりますが、この状況の中でもNIOはさらに新型ハイパーカーを追加するようで、それが今回リークされたパテント画像。

なお、見たところこのパテント画像はEP9(下の画像)のスピードスター版のように見え、フェラーリ・モンツァSP1/SP2、マクラーレン・エルヴァなどによって巻き起こされた「スピードスターブーム」に乗っかろうということになりそうです。

nextev-nio-ep9-3

NIOは「NIO DAY」を開催予定

ちなみにNIOは(テスラのバッテリーデイを意識してか)7月23日に「NIO DAY」を企画しているといい、おそらくはその場でこのEP9スピードスターを発表する予定だったのかもしれませんが、運悪くその情報を「リークされてしまった」わけですね。

現時点でこのNIO EP9スピードスターのスペックは不明ではあるものの、EP9クーペと同じだとすると4つのエレクトリックモーターを備え、出力は1360馬力、そして0−100km/hを3秒(2.6秒説もある)、0−200km/hを7.1秒、最高速度は313km/h、そして一回の充電あたり航続可能距離は427km(フル充電にかかる時間は45分)。

さらにクーペ版について触れておくと、シャシーはカーボンモノコックでボディパネルもカーボンコンポジット。

サスペンションは調整式かつアクティブサス、ブレーキはカーボンセラミックディスク、エアロダイナミクスについてはフロアディフューザーとアクティブエアロを装着し、最大でF1マシンの2倍のダウンフォースを発生する、と言われます。

参考までに、アヴェンタドールSVJ、そしてケーニグセグ・アゲーラとのドラッグレースの撮影をNIO EP9で行ったところ、それらよりも速く走ってしまったという動画も公開されて話題となっていますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、NIO EP9、ケーニグセグ・アゲーラRのドラッグレース動画
【動画】スマン、思わず笑ってしまった・・・!アヴェンタドールSVJとアゲーラRとのドラッグレース中、撮影用「カメラカー」がぶっちぎりの速さを見せてゴールする

| さすがにヤラセの可能性も否定できない | さて、中国のカーメディア、YiCheが収録したドラッグレース動画にて珍事が発生。この動画はランボルギーニにおける最強モデル「アヴェンタドールSVJ」、そし ...

続きを見る

nio-ep9-roadster-3

現時点でこのEP9ロードスターが実現するかどうかはわからないものの、相当にアグレッシブなルックスを持つことは間違いなく、シートのサイズから推測するに、全幅は軽く2メートルを超えているのかもしれません。

nio-ep9-roadster-5

そして車高は「相当に低い」ということになりそうですが、7月23日の「NIOデー」、そしてこのEP9スピードスターの発表を待ちたいところですね。

nio-ep9-roadster-6

合わせて読みたい、NIO関連投稿

中華ハイパーカー、NIO EP9がニュル最速タイムを記録。ウラカンのタイムを6秒も縮めたと主張

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテがニュルブルクリンクにて市販車最速のラップタイムを記録したのち、SCG-00 3がこれを12秒ほど短縮する記録を更新していますが、これは「公道走行不可能なサー ...

続きを見る

中国のEV、NIO(ニーオ)ET7
ニュルでも「最速」を記録した中国NIO。本命のセダンを発売するも「バッテリーレス」。2022年にリリースする全固形電池へ対応するため"バッテリー交換式"構造を採用

| EVの新しいビジネスモデルがここに誕生? | さて、エレクトリック・ハイパーカー「EP9」にてニュルブルクリンクを日産GT-R NISMO(R35)よりも速く走った中国の自動車メーカー、NIO(ニ ...

続きを見る

参照:CARNEWSCHINA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5