>ランボルギーニ(Lamborghini) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニCEO「アヴェンタドール後継モデルはこれまでと全く異なるデザインを持ち、LP780-4ウルティメとも何ら関連性を持たない」

投稿日:2021/08/07 更新日:

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメ

| つまりアヴェンタドール後継モデルはデザイン、車体、パワートレーンとも「アヴェンタドールからは引き継がない」ということに |

おそらくは「20年、トップでいられる」だけのデザインや性能が与えられることになりそうだ

さて、ランボルギーニ・アヴェンタドールは「LP780-4ウルティメ(Ultimae)」にてその生涯を閉じることが正式に発表されていますが、そこで気になるのがアヴェンタドールの後継モデル。

これについて今回ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏が語ったところでは「アヴェンタドールLP780-4ウルティメは、アヴェンタドール後継モデルのプレビューではない」。

欧米の自動車メーカー、とくにアメリカ車の場合は、そのモデルの最終世代に「後継モデルのデザインの一部」を与え、つまりは後継モデルのプレビューとして広く示す場合があるわけですね。

ただし今回の発言では「そうではない」ということになり、アヴェンタドールLP780-4とアヴェンタドール後継モデルは「デザイン的な関連性がない」とも考えられます。

ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表
ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表!その出力はSVJ超えの780馬力、限定台数は600台

| まさかアヴェンタドールSVJの780馬力を超えてくるとは思わなかった | そのデザインは「アヴェンタドール全モデルの集大成」、まさにグランドフィナーレを飾るにふさわしい仕上がりに さて、ランボルギ ...

続きを見る

「アヴェンタドール後継」はシアンとも異なるデザインに?

じゃあアヴェンタドール後継モデルはどんなデザインになるのかということですが、そこでひとつモチーフとして考えられるのが「シアンFKP37」。

これはランボルギーニの伝統、とくにカウンタックを強く意識したデザインを持ち、ランボルギーニ・ヒストリーの集大成とも言えるクルマ。

加えて、ランボルギーニの未来を示す「テルツォ・ミッレニオ」的要素も入っており、これがランボルギーニのフラッグシップであるアヴェンタドール後継モデルに引き継がれると考えるのは至極当然。

ランボルギーニがボディにバッテリーを織り込んだ”Terzo Millennio(テルツォ・ミッレニオ)”発表。「エレクトリック」「軽量」「空力」を追求

| 未来のランボルギーニはこうなる。次の1000年を示すコンセプトカー | ランボルギーニが予告通り新コンセプトカー、「Terzo Millennio concept(テルツォ・ミッレニオ・コンセプト ...

続きを見る

ただ、以前にランボルギーニは「シアンのデザインはスタンドアローンであり、これがなにかに引き継がれることはない」ともコメント。

ランボルギーニ「シアンFKP37のデザインはスタンドアローン。今後の市販モデルにその要素が反映されるものではない」

| せっかくの格好良いデザインだけに、ちょっと残念 | ランボルギーニは最新の限定ハイパーカーとして「シアンFKP37」を発売。これはスーパーキャパシタを用いたハイブリッドカーとなり、ブランドの今後の ...

続きを見る

しかしながら、その後に発表された「ランボV12 ヴィジョングランツーリスモ」にはいくつかのシアンと共通するディティールも見られるので、アヴェンタドール後継モデルにこれらの要素が反映されると考えることも可能です。

ランボルギーニ”ランボV12 ヴィジョングランツーリスモ”発表!V12+ハイブリッド、シングルシーター。これ発売してル・マンの「ハイパーカークラス」に出ようぜ

| そのルックスは予想したよりも遥かにエクストリーム。大気圏外にも出れそうだ | モンテカルロにて開催されたグランツーリスモ・チャンピオンシップのワールドファイナル戦において、ランボルギーニがかねてよ ...

続きを見る

実際のところ、ランボルギーニでは「レヴェントン」のデザインが(4年後に登場する)アヴェンタドールに反映されたり、ブガッティでは「ヴィジョン・グランツーリスモ(2015)」のデザインの多くが「シロン(2016)」へと持ち込まれた例もあり、いずれのデザインも「どこかでつながる」とも考えています。

【動画】タイヤ交換1100万円、オイル交換230万円のブガッティ”ヴィジョン・グランツーリスモ”はこんなクルマ

| ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモの正式な生産台数は未だ謎 | さて、世界中で様々なスーパーカー、ハイパーカーを紹介してくれるユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。今回はブガッティ・ヴ ...

続きを見る

「アヴェンタドール後継は、アヴェンタドールとも異なる」デザインに

なお、今回ランボルギーニのCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏は「アヴェンタドールLP780-4ウルティメは、アヴェンタドールの伝統をリスペクトしたもの」だと語っており、よってアヴェンタドール後継モデルは「全く新しいデザインを持つことになるだろう」とも。

つまりは「ムルシエラゴからアヴェンタドールへ」と世代が変わったときのように大きな変化があるということですが、これは現在のデザイン言語を捨てて別のデザイン言語を採用するということなのか、それともデザイン言語は同じでも雰囲気が多く変わるということなのかはまったく不明です。

いずれにせよ、アヴェンタドール後継モデルは2023年には発表されることになり、V12エンジン+ハイブリッドシステムを積む「全く新しい世代のランボルギーニ」として誕生することなり、車体やエンジンについてもアヴェンタドールとの共通性をもたないとされていることから、その「新世代ぶり」を視覚的に示すためドラスティックにデザインを変更することになっても不思議はありません。

ランボルギーニ・アヴェンタドール
ランボルギーニCEO語る!「アヴェンタドール後継に積まれるV12は完全新設計。車体すべてにおいてアヴェンタドールとの共通性は一切ない」

| ランボルギーニは「先が限られている」技術に対しても積極投資を行なうようだ | V12エンジンはランボルギーニのDNAでもある さて、ランボルギーニはアヴェンタドール最終モデル、そしてV12ガソリン ...

続きを見る

参考までに、アヴェンタドールがデビューした際、ランボルギーニは「モデルライフが10年、そしてそこから10年、あわせて20年をトップランナーでいられるだけのデザインと性能を与えることを念頭に置いた」と語られており、おそらくはアヴェンタドール後継モデルも同様の考え方にて開発されることになりそうですね。

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

レゴテクニックによる「実物大」ランボルギーニ・シアンFKP37が完成
ランボルギーニが2025年までのロードマップを発表!2024年にはガソリン車を全廃し全車ハイブリッドに、そして2025年以降には「初の」EVを発表

| ランボルギーニは新たなる新天地「コル・タウリ」を目指す | ついに「第4の」ランボルギーニ投入計画が具体的に さて、ランボルギーニが予告通り「将来のヴィジョン」について公開。これはランボルギーニC ...

続きを見る

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に
ランボルギーニCEOが近い将来を語る!「2022年にはウラカンとウルスに新モデル」「アヴェンタドール後継は2023年」「ウラカン後継は2024年」「第4のランボは2+2」

| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ | ウルスは2022年にモデルライフ中盤のフェイスリフト+PHEV投入 さて、アヴェンタドールの最終モデルにして「V12ガ ...

続きを見る

参照:Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5