>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダがヴェゼルとCR-Vの中間に位置するコンパクトSUV、「BR-V」をフルモデルチェンジ!フロントには最近のホンダが好む「直立グリル」

投稿日:

ホンダがヴェゼルとCR-Vの中間に位置するコンパクトSUV、「BR-V」をフルモデルチェンジ!フロントには最近のホンダが好む「直立グリル」

| 駆動方式はFFのみ、開発コストを切り詰めることで低価格を実現 |

最近のホンダの特徴でもある「直立グリル」を採用

さて、ホンダがインドネシアにてフルモデルチェンジ版となる「BR-V」を発表。

BR-Vは「Bold Runabout Vehicle」の頭文字をとったもので、ポジション的にはCR-Vの下に位置します。

画像を見る限りだと、今年5月に公開された「N7Xコンセプト」の市販モデルということになりそうですが、ホンダによるとそのデザイン的特徴は「力強く直立したグリル、強調されたボディライン、ダークプラスチック製のホイールアーチプロテクター」。

この「力強く直立したグリル」というのはひとつのポイントだとも考えられ、現在ホンダが北米そしてアジアで進めようとしているデザインでもありますね(そして、2015年に発売された初代BR-Vと大きく異るところでもある)。

ホンダN7X
ホンダが東南アジア向けに7人乗りのオシャレなSUV「N7X」を発表!ホンダらしいアクティブさ、ミニバンとSUVとの利点を併せ持つ「売れそうな」クルマだと思う

| やっぱりホンダはシャープでアグレッシブなデザインがよく似合う | ホンダがアジア太平洋市場向けに「N7X」を発表。これはその名から予想できるとおり7人乗りのクルマで、現段階ではコンセプトカーにとど ...

続きを見る

二代目ホンダBR-Vはこんなクルマ

今回発表された新型BR-Vは大きく安全性を向上させており、レーンキーピングアシスタント、衝突軽減ブレーキ、アダプティブクルーズコントロール、ロードデパーチャーミティゲーションなど、一連のホンダセンシングシステムを採用すしたほか、6つのエアバッグを標準装備し、オートマチックハイビームはもちろんのこと、ブラインドスポットモニターや先行車発進告知システム等も搭載している、とのこと。

all-new-honda-br-v---belakang

搭載されるエンジンは自然吸気の1.5L i-VTECガソリンエンジンで、最高出力は120ps/6,600rpm、最大トルク107lb-ft(145Nm)/4,300rpmを発揮し、駆動輪は前輪のみ(4WDはラインナップされない)。

all-new-honda-br-v

なお、BR-Vは、6年前の発売以来、全世界で25万5,000台以上を販売しており、そのうち30%が今週公開されたインドネシアで販売されているそうですが、インドネシアはBR-Vの生産国のひとつでもある、とのこと。

この新型BR-Vの発売は2022年1月を予定しており、車両価格は現在の為替レートで約200万円くらいになるだろうと言われます。

1

ホンダは「ローカライズ」を重視

参考までに、ホンダは世界規模だと様々なクロスオーバーを販売していて、南米とインドでは「WR-V」、そして中国では「XR-V(ヴェゼルの中国版)」、「UR-V」「XR-V」「ブリーズ」「アヴァンシア」といったクルマも。

いずれも現地の需要にあわせて開発したものではありますが、こういった「国ごとに作りわける」コストはかなりのものだといい、これがホンダを「儲からない会社」にしているとも報じられています。

現在、多くの自動車メーカーは「グローバルモデル」として世界中で販売するために「(コスト削減を目的に)世界中の好みの最大公約数」を拾い製品化しているわけですが、ホンダは昔から「ローカライズ」を重視していて、仕様地ごとの嗜好を各モデルに反映させることを好んでいて、もちろんこれが(現地で)評価されることになってはいるものの、同時に「自分たちの首を絞める結果」となってしまったのは皮肉な話だと言えそうです。

合わせて読みたい、ホンダ関連投稿

これが中国ホンダの最高級SUV”アヴァンシア”だ!グリルが大きく、より中国市場にマッチした2020年モデル登場

| アヴァンシアは中国におけるホンダの「最高級SUV」 | ホンダの中国現地法人は2016年より高級クロスオーバー「アヴァンシア(現地名:冠道)を販売していますが、これは中国におけるホンダのパートナー ...

続きを見る

ホンダが中国でのフラッグシップSUV「UR-V」をモデルチェンジ!さらに押し出しが強く流麗なルックスに

| 中国では大変な人気があるらしい | さて、ホンダが中国にて販売しているカッコイイSUV、UR-Vが2021年モデルに進化。このUR-Vはホンダの中国におけるパートナー企業との合弁会社、「東風本田」 ...

続きを見る

なんでこんなことに・・・。ホンダ社長「車種、グレード、オプションを減らす」。営業利益率はトヨタの1/4へと転落し、”儲からない会社”へと没落

| ホンダは純血主義をやめ、地域別展開をやめてグローバル化を目指すべき | ホンダ社長、八郷隆弘氏がサプライヤーとのミーティングにて「これからはビジネスのやり方を変え、ラインアップ、グレード、オプショ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5