ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ(Ferrari) ■カメラや家電などガジェット系

フェラーリがiPhone、Apple Watchのデザイナーと提携発表!2025年発売のEVについてジョニー・アイブ、マーク・ニューソンとデザインを共同にて行う模様

投稿日:

フェラーリがiPhone、Apple Watchのデザイナーと提携発表!2025年発売のEVについてジョニー・アイブ、マーク・ニューソンとデザインを共同にて行う模様

| フェラーリの「異業種との関係性構築」はとどまるところを知らない |

フェラーリの新型EVは「アップル」っぽく丸くシンプルな形に?

さて、フェラーリが「LoveFrom(ラブフロム)」との複数年に渡るコラボレーションを発表。

LoveFromといってもピンとこないかもしれませんが、これは元アップルのデザイナーであるジョニー(ジョナサン)・アイブと、インダストリアルデザイナーであるマーク・ニューソンが共同で立ち上げたデザインカンパニーです。

そして今回、ジョニー・アイブとマーク・ニューソンは、公式声明の中において「フェラーリのオーナーでありコレクターとして、この素晴らしい会社、特にフラビオ・マンゾーニが率いるデザインチームとのコラボレーションを行うに至ったことについて、これ以上ないほど興奮しています。彼らと一緒に仕事をすることで、重要で価値のある作品を生み出すことができると信じています」とコメント。

フェラーリ・ローマ

フェラーリはその可能性を拡張し続ける

なお、フェラーリは少し前に、アルマーニのデザイナーを起用しての新しいアパレルコレクションや、そのほかレストラン事業の展開を開始しており、その収益を多角化する動きが見られます。

加えて、本業の自動車においても、モンツァSP1/SP2のような超少量限定モデルのシリーズ化、そしてローマのような「優雅な」スタイルを持つGTカーの拡充を行っており、さらにはブランド初のSUV「プロサングエ」の発表も控え、ブランドイメージの強化に加えて「新しい顧客の取り込み」へと積極的に動いています(実際、ローマを購入した人の70%ははじめてフェラーリを購入する人だという)。

フェラーリ
フェラーリが「新規アパレル事業展開」「レストラン事業拡大」!ブランドビジネスを拡大し、とくにアパレルは「全利益の10%」獲得を目指すようだ

| もともとフェラーリは「ブランディング」に長けた会社だったが |この記事のもくじ| もともとフェラーリは「ブランディング」に長けた会社だったが |来る自動車業界の変革に向け、新たな収益を模索か「アパ ...

続きを見る

そして今回の「フェラーリとラブフロムとの提携」についてですが、その範囲は「電気自動車に加え、アパレル事業にまで」及ぶといい、かなり広範囲なコラボレーションを行うことになる模様。

フェラーリ会長、ジョン・エルカーン氏は今回の提携に下記のように語っています。

このたび、フェラーリの伝説的な性能と卓越性を、ラブフロムの "比類なき経験と創造性 "に結びつけることを発表します。ラブフロムは、フェラーリのデザインチームと協力して、2025年までに発売されるフェラーリ初のオールエレクトリックカーを含む未来の車を開発するだけでなく、最近ミラノで行われた初のランウェイショーに見られるように、ファッション業界におけるフェラーリの取り組みにも協力してゆきます。

ラブフロムが設立されて間もなく、我々はジョニーとマークとの間で、彼らの世界的に有名な創造性と我々の創造性とを、補完的かつ段階的に結びつける機会について話し合いを始めました。

今回のコラボレーションは、私たちの未来を築くため、一緒に素晴らしいことにチャレンジするという、最初のエキサイティングなチャンスなのです。

なお、フェラーリは今後、自動車メーカーと言うよりも「ラグジュアリーブランド」としての側面を強めてゆくものと考えられ、前CEO、ルイス・カミレッリ氏が辞任した際には、次期CEOとしてグッチやジバンシィ等、ファッションブランド関係者をスカウトしようとしたという報道も。

もちろんその中には今回のジョニー・アイブも含まれていたわけですが、今回「こういった形で」フェラーリとの繋がりができたわけですね。

ちょっと気になるのは、このラブフロムとのコラボレーションによる「フェラーリ初の」電気自動車について、「フェラーリらしさを維持するのか」、それとも「ラブフロムっぽくシンプルで丸くポップなデザインになるのか」ということ。

もちろん現時点ではなんら明らかではなく、しかしわざわざラブフロムと提携するからには、「後者」の要素が強くなるのかもしれません。

ジョニー・アイブはこんな人

そこでジョニー・アイブについてですが、1996年にアップルへ入社し、復帰後のスティーブ・ジョブズに見いだされてiMac、MacBook、iPod、iPhone、iPadなど、要は主要製品全てのデザインを手掛け、アップルでの最終肩書がCOD(最高デザイン責任者)。※とくに初代iMacの「半透明」デザインは衝撃的だった

2019年にはアップルを辞した後、マーク・ニューソンとともにラブフロム社を設立していますが、無類のクルマ好きとしても知られ、ブガッティ・ヴェイロン(けっこう奇妙なカラーリングだった)等を所有していたことで知られます。※アップルは開発中の製品にニックネームを付与することで知られるが、かつてiphone(9かXあたりだったと思う)の試作機に「フェラーリ」と名付けていたことがある

1527483a

マーク・ニューソンはこんな人

そしてマーク・ニューソンについて、こちらはインダストリアルデザイナーとして知られており、携帯電話(talby)やカメラ、味の素の「瓶」といった小物から、航空機(エアバスA380)の内部デザインといった巨大なものまで幅広く手掛けます。

「乗り物」とも縁が深く、これまでには自転車(バイオメガ MN-01)、フォードのコンセプトカーである「021C」のデザインを担当したことも。

2014年にはアップルウォッチをデザインしており、全体的にミニマルでシンプルな作品が多く、そこがジョニー・アイブとの「良好なマッチング」を築いた理由なのかもしれません。

Ford021C-02.jpg.1920x1080_q90_crop

ジョニー・アイブ、マーク・ニューソンが自動車デザインについて語る動画はこちら

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

フェラーリ・ローマ
え?グッチCEOがフェラーリのCEOに?前CEOが電撃辞任、現在後継者選定中のフェラーリはラグジュアリーブランドへの道を突き進む

| 自動車業界に限らず様々な業種から選定中 |この記事のもくじ| 自動車業界に限らず様々な業種から選定中 |フェラーリは新CEO選定を「急がない」フェラーリはあくまでもラグジュアリーブランド合わせて読 ...

続きを見る

ジョナサン・アイブがフェラーリのCEOに?
フェラーリ新CEOに元アップルのデザイン部門最高責任者、ジョニー・アイブ氏?iMac / iPhone / iPodのデザインを行いアップルを成長させた立役者

| ただしジョニー・アイブ氏は自身の会社を作るべくアップルを辞したばかり |この記事のもくじ| ただしジョニー・アイブ氏は自身の会社を作るべくアップルを辞したばかり |次期フェラーリCEOはアップル出 ...

続きを見る

自動車28ブランドの利益率公開!フェラーリは1台売って1023万円の利益。日産が同じ額を稼ぐには926台を売らなくてはならない・・・

| わかってはいたが、フェラーリの利益率は圧倒的だった |この記事のもくじ| わかってはいたが、フェラーリの利益率は圧倒的だった |韓国勢と中国勢は「侮れない」トヨタはいつの間にか「儲かる」会社にこん ...

続きを見る

参照:Ferrari, Marc-Newson

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■カメラや家電などガジェット系
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5