ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン・セナは現在最低でも27台が売りに出されている!さらに「セナGTR」の相場は新車価格を割り込み、やはりそのデザインがネックなのか・・・

投稿日:2021/10/03 更新日:

マクラーレン・セナは現在最低でも27台が売りに出されている!さらに「セナGTR」の相場は新車価格を割り込み、やはりそのデザインがネックなのか・・・

| セナは「台数が多い」「デザインがイマイチ」「720Sとコンポーネントがほぼ一緒」という三重苦を背負っている |

ただ、マクラーレン全般に価格が低いというわけではない

さて、マクラーレンが発売したハイパーカー「セナ」。

アイルトン・セナの名を冠して「800馬力、ダウンフォース800kg」を標榜しながら”満を持して”発表されるも、発表直後から「デザインがひどい」「セナの名にふさわしくない」として批判を浴びたのは記憶に新しいところです。

その批判はマクラーレンが無視できるレベルではなかったようで、その批判に対してデザイナーがエクスキューズを述べ、そのデザインは機能に基づいたものであると説明するも一向にネガティブなコメントが収まらず、ある意味ではマクラーレンの「ハイパーカー不振」を招くきっかけとなったのがこのクルマかもしれません。

セナGTRの相場は新車価格以下に?

今回マクラーレン・サンフランシスコが販売しているのはサーキット走行専用モデル「セナGTR」ですが、その販売価格は139万9999ドル(日本円で1億4500万円くらい)。

この価格はちょっと衝撃であり、というのも新車価格を下回っていると考えられるため。

セナGTRの北米価格については記録がないものの、本国では110万ポンド(1億6000万円くらい)で販売されており、おそらく北米でもそんなに変わらない価格で販売されていたはずで、となると今回のセナGTRの価格はそれを下回っていると考えて良さそうです。

remote.jpg (4)

そしてこのセナGTRは見たところ多大な費用をかけて(おそらくは数千万円)カスタムされていると思われ、ボディはガルフっぽいカラーに加えてグラデーション、ナンバリングなど相当に手の混んだペイントが施されていることがわかります。

remote.jpg (5)

この個体は走行わずか291マイルでコンディションも悪くなく、そこまで価格が下る要素はないはずですが、ほかのセナGTRも比較的安く売られており、セナGTRは現在「全般的に」値を下げていると考えていいのかもしれません。

remote.jpg (6)

通常版「セナ」の価格も下落中

そして「GTR」ではないロードカーのセナですが、こちらの価格についても現在下がってきているようで、日本だと新車価格9926万円で販売されていたものの、現在北米で最も安価な個体は119万5000ドル(1億3200万円くらい)であり、ほかにも同じような価格帯を持つ個体も。

現時点では新車時の価格を超えてはいますが、セナGTRの状況、そしてセナもジリジリ価格を下げてきている様子を見るに、セナGTR同様「新車価格割れ」となる日が近いのかもしれません。

いまだかつて無いほどの完成度を誇るポルシェ911サファリ「スポーツマン」!米ショップが964世代の911をベースに1700万円から受注開始
いまだかつて無いほどの完成度を誇るポルシェ911サファリ「スポーツマン」!米ショップが964世代の911をベースに1700万円から受注開始

| ここまで細部にこだわった「実用的」な911サファリは見たことがない |この記事のもくじ| ここまで細部にこだわった「実用的」な911サファリは見たことがない |このクルマが1700万円で購入できる ...

続きを見る

いったいなぜこんなことに?

そしてここで思うのが、すでにマクラーレンのビジネスモデルが崩壊しつつあるのでは、ということ。

マクラーレンはハイパーカーとして「アルティメットシリーズ」を持ち、第一弾として「P1(375台)」、そして「セナ(500台+セナGTRが75台))」、「スピードテール(106台)」、「エルヴァ(499台の予定が完売できずに149台)」と連続してハイパーカーを発売しており、それぞれ性格が重複しないように「サーキット走行性能重視」「最高速重視」「ハンドリング重視」としていたものの、結局購買層が同じだったのかセナあたりで「飽きられて」しまい、エルヴァに至っては予定台数を完売しないという状況に陥っています。

これらハイパーカーは非常に大きな利益を稼ぎ出しており、マクラーレンにとってはひとつの「ドル箱」ではあったものの、この状況であれば今後ハイパーカーを発売したとしても完売できるとは限らず、むしろ「市場でダブついて」その価値を下げる可能性も。

remote.jpg (7)

なぜマクラーレンがこういった状態となったのか明確な理由はわかりませんが、ハイパーカーに関して言うと、やはり「性格を分けたといえども、同じプラットフォームとエンジン、トランスミッションを使用しており、駆動方式やレイアウトも同じ」だったことに原因があり、購買層の幅を広げることができなかったことが理由だったのかもしれません。

そして現在セナ/セナGTRは中古車売買サイト上「デュポン・レジストリー」上では27台が売りに出されており、そのほかにもプライベートセールなど「どこかで」売りに出されている個体もあるかと思うので、相当数のオーナーが売りに出していると考えて良く、今後は連鎖反応的に値を下げる可能性もありそうですね。

なお、マクラーレンの他のハイパーカーはここまで多数が売りに出されておらず、むしろスピードテールは売り物が少なく高値で安定しており、「(セナの)500台は多すぎた」そして「やはりデザインがイケてなかった」ことも値が下がっている理由だと考えられます(よって、マクラーレンがハイパーカービジネスを続けるのであれば、もっと下げ柄の大きなモデルを、100台以下の限定台数で販売すべきということになる)。

合わせて読みたい、マクラーレン・セナ関連投稿

製造されたのはわずか3台、ほぼ未走行のマクラーレン・セナ・カンナム(Can-AM)が売りに出される
製造されたのはわずか3台、ほぼ未走行のマクラーレン・セナ・カンナム(Can-AM)が売りに出される!その価格3億4000万円

| やはりマクラーレン・セナの売り物は(ほかのマクラーレン製限定モデルに比較して)少なくないようだ |この記事のもくじ| やはりマクラーレン・セナの売り物は(ほかのマクラーレン製限定モデルに比較して) ...

続きを見る

走行わずか65km、美しいブルーのマクラーレン・セナGTRが販売中!その価格2億1500万円、なんと新車価格の1.4倍
走行わずか65km、美しいブルーのマクラーレン・セナGTRが販売中!その価格2億1500万円、なんと新車価格の1.4倍

| 日本語のラベルが付いているところを見るに、最初に日本で納車された個体なのかも |この記事のもくじ| 日本語のラベルが付いているところを見るに、最初に日本で納車された個体なのかも |それにしてもこの ...

続きを見る

マクラーレン・セナ
オプション総額2800万円!セナGTRにインスパイアされたワンオフ仕様のマクラーレン・セナが販売中。やはりセナはよく売りに出されるようだ・・・。

| ダッシュボードにはアイルトン・セナの甥と姪のサイン入り |この記事のもくじ| ダッシュボードにはアイルトン・セナの甥と姪のサイン入り |このマクラーレン・セナの仕様はこうなっているこのマクラーレン ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5