>アストンマーティン(Astonmartin)

まさかのダブルウイング!マンソリーが「見るからに凶暴な」アストンマーティンDBXのチューニングプログラムを発表。出力なんと800馬力

投稿日:2022/01/14 更新日:

まさかのダブルウイング!マンソリーが「見るからに凶暴な」アストンマーティンDBXのチューニングプログラムを発表。出力なんと800馬力

| 「アストンマーティン」「DBX」というところを考慮すると、その顧客がここまでの改造を行うかどうかはわからない |

見た目だけではなくそのパフォーマンスもスーパーカー的、最高速はなんと時速325km

さて、(先日はフェラーリとの訴訟に敗れてしまいましたが)過激なエアロパーツをリリースすることで知られるマンソリー。

今回はアストンマーティンDBX向けのチューニングプログラムを発表しており、その内容がこれまでにないほど過激だとして話題となっています。

なお、アストンマーティンDBXは非常に美いスタイルを持ち、もともとSUVらしからぬ低いプロポーションを持っていることが特徴で、しかしマンソリーはさらに「低く、そして広い」スタイルを実現しており、ここでその内容を紹介したいと思います。

そのスタイルはスーパーカーもびっくり

まずは外観を見てみると、フロントでは鍛造カーボン製のフロントスプリッターそしてダクトにはガイドが装着されており、フロントスプリッターの下端には「ウイング」つき。

おそらくはノーマルバンパーを使用しているようですが、「バンパーそのものを交換しない」のは最近のチューニングシーンにおけるひとつのトレンドかもしれません。

aston-martin-dbx-mansory (10)

ただしグリルのインナーには変更が加えられ、下半分は「格子状」に。

aston-martin-dbx-mansory (13)

フロントフード上にはやはり鍛造カーボン製のエアアウトレットガイド。

aston-martin-dbx-mansory (3)

前後フェンダーには「オーバーフェンダー」が取り付けられ、エアアウトレット部には鍛造カーボン製のパネルが装着されています。

ホイールサイズは不明ではあるものの、22-23インチくらいであるように見え、センターロック風のキャップ、そしてライムグリーンのアクセントが装着済み。

aston-martin-dbx-mansory (2)

サイドパネルにもウイング状の突起を持つアンダーパネルが装着され、視覚的に車体を「低く」見せている模様。

aston-martin-dbx-mansory (12)

そしてなんといっても最大の特徴はリアの「ダブルウイング」。

aston-martin-dbx-mansory (14)

ひとつめはルーフに、もうひとつはリアハッチ上に取り付けられていますが、リアエンドに「ノッチ」を持つDBXならではの手法と言えるかもしれません。

aston-martin-dbx-mansory (6)

ルーフ上のウイングは上方に向かって「反って」おり、けっこうなダウンフォースを発生しそう。

aston-martin-dbx-mansory (5)

リアアンダーにはカーボン製の大きなディフューザーが取り付けられ、テールパイプはセンターに近い位置でのデュアル出し(テールパイプが戦闘機のアフターバーナーっぽい)。

aston-martin-dbx-mansory (4)

なお、マンソリーはDBXのパワートレインにも手を入れており、標準の550馬力(410キロワット)、516ポンドフィート(700ニュートンメートル)のトルクよりもはるかに大きなパワーを発生させており、大型ターボチャージャーのおかげで最高出力800ps(596kW)、最大トルク737lb-ft(1,000Nm)を発揮する、とのこと。

もちろんエンジンマネジメントシステムも更新され、2つの仕様から選べる新しいエキゾーストシステムとスポーツエアフィルターも用意されているようですね。

これによってもたらされるパフォーマンス向上は相当に大きく、マンソリーによれば、このDBXは時速100キロをわずか3.8秒で加速し、最高速は時速201マイル(325キロ)に達する模様。

aston-martin-dbx-mansory (11)

マンソリーによるアストンマーティンDBX「カスタム」のインテリアはこうなっている

そしてこちらはマンソリーによるアストンマーティンDBXのインテリア。

ダッシュボードやシート、ドアインナーパネルなど「総張替え」が施され、アストンマーティンが好んで用いる「ライムグリーン」のアクセントを再現しています。

aston-martin-dbx-mansory (8)

これらアクセントはシート、センター・コンソール、ダッシュボード、フロア・マット、ステアリング・ホイールにペイントやパイピング、刺繍等によって再現され、エクステリア同様に「スポーツカー的な」印象を醸し出しているようですね。

aston-martin-dbx-mansory (7)

この「ウロコ」のような柄はプリントのようにも見え、「MANSORY」文字は刺繍にて再現されています。

aston-martin-dbx-mansory (9)

マンソリーによるカスタムが施されたアストンマーティンDBXを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、マンソリー関連投稿

マンソリーがポルシェ・タイカンのカスタムを公開
EVのカスタムはどうやっても「性能ダウン」になりそうだ・・・。マンソリーがポルシェ・タイカンのカスタムを公開

| EV時代に突入すると、チューナーの仕事は一気に減ってしまいそうだ |この記事のもくじ| EV時代に突入すると、チューナーの仕事は一気に減ってしまいそうだ |ガソリン車時代の「定番チューン」はどれも ...

続きを見る

フェラーリがマンソリーを「デザイン模倣」で訴え勝訴する!「488XXシラクサは我が社の許可を得ていない、FXX K Evoの劣悪なコピーである」
フェラーリがマンソリーを「デザイン模倣」で訴え勝訴する!「488XXシラクサは我が社の許可を得ていない、FXX K Evoの劣悪なコピーである」

| フェラーリのデザインに対する信念はどこよりもゆるぎ難い |この記事のもくじ| フェラーリのデザインに対する信念はどこよりもゆるぎ難い |今後、各チューナーもうかつに「オマージュ」を作ることが出来な ...

続きを見る

マンソリーが「すごく黄色な」メルセデスAMG G63のカスタムカー「GRONOS」公開
マンソリーが「すごく黄色な」メルセデスAMG G63のカスタムカー「GRONOS」公開!手が入っていない場所を探すほうが難しいほどのフルカスタム

| マンソリーがこういった明るい色を採用するのは珍しい |この記事のもくじ| マンソリーがこういった明るい色を採用するのは珍しい |価格はメルセデスAMG G63の「倍」ほどだと思われるが、細部には価 ...

続きを見る

参照:RoCars

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5