ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

「VWバス」の現代そしてEV版、ID.BUZZの市販モデルをチラ見せ!日本ではID.BUZZブランドが2022年から展開予定、ぜひ導入してほしい

投稿日:2021/11/06 更新日:

「VWバス」の現代そしてEV版、ID.BUZZの市販モデルをチラ見せ!日本ではID.BUZZブランドが2022年から展開予定、ぜひ導入してほしい

| 欧州では複数バージョン、アメリカでは「乗用」バージョンのID.BUZZが展開されるらしいが |

日本市場ではIDブランドが2022年から展開予定、おそらくはID3から

さて、フォルクスワーゲンは最新EV「ID.5」を発表したところですが、その発表の際にはちょっとしたサプライズを用意しており、フォルクスワーゲンバスの電動版、「ID.Buzz」をチラ見せすることに。

まだまだカモフラージュ用のラッピングで覆われた状態ではあるものの、パネル等の偽装が外されており、全体的なプロポーションそしてディティールを把握することも可能な状態となっており、多くの人々の期待を高めています。

ID Buzzは2022年から生産開始予定

ID.Buzzは「ピュアエレクトリック」パワートレーンのみにてリリースされる予定で、現在は商用車と乗用車の両方がテスト走行を行っていますが、これまですべてのプロトタイプは厳重にカモフラージュされており、デザインの詳細はほとんど隠されていたわけですね。

そして今回(ID.5を紹介する動画にチラっと出てきた)ID.Buzzについて、ID.ファミリーの他のモデルと同様のハニカムパターンを持つバンパー、LEDヘッドライトと大型エンブレム、そしてIDシリーズの特徴的なデザイン要素であるイルミネーションストライプも確認可能。

VW-ID-BUZZ (2)

そのほか、黒いピラーを用いることでグラスエリアを広く見せたり、ヘッドライトからサイド、そしてスライドドアのレールにまでつながるラインなど「細やかな」配慮が目立っており、カモフラージュが完全に解かれた姿はなかなか魅力的なのだろう、と思います。

現時点ではその詳細が語られないまでも、MEBプラットフォームをベースに、インテリア構成、ホイールベースの長さ、バッテリー容量(48kWhから111kWhまで)、複数の電動パワートレインなど、さまざまなバリエーションが提供される予定で、2022年初頭からドイツのハノーバーで生産され、地域によって商用車、乗用車、シェアライド用など様々な展開がなされるもよう。

現時点では日本への導入は全く未定ではあるものの、フォルクスワーゲン(VW)グループ ジャパンでは「2022年から、IDシリーズの展開を予定している」と今年はじめにコメントしており、まずはコンパクトモデルのID.3からの発売になると思われるものの、(日本でのVWバスの人気を鑑みて)このID.Buzzの導入も期待できるかもしれません。

フォルクスワーゲンID.5はこんなクルマ

そこでフォルクスワーゲンID.5について触れてみたいと思いますが、こちらはID.4のクーペ版といった位置づけで、アウディQ4 e-tronスポーツバックの兄弟車でも。

ID.4に比較すると「スポーティ」「プレミアム」といった側面が強調されており、フロントバンパーやリアがフォルクスワーゲンのスポーツモデルとも共通するデザインを持っています。

VW-ID5 (1)

グレードは「GTX」「プロ」「プロ・パフォーマンス」の3種類で、これらID.5の全モデルには77kWhのバッテリーが搭載されており、プロおよびプロ・パフォーマンスのWLTP推定最大航続距離は323マイル(520km)、GTXの航続距離は298マイル(480km)。※GTXではパワーが向上していること、Cd値が0.27(プロおよびプロ・パフォーマンスのCd値は0.26)になったことに起因している

パフォーマンスについて、ID.5プロのリアモーター版だと最高出力172ps(174PS / 128kW)、最大トルク229lb-ft(310Nm)を発揮し、ID.プロ・パフォーマンスの同じレイアウトでは、最高出力201ps(204PS / 150kW)、最大トルク229lb-ft(310Nm)というスペックを持っていて、0-62mph(0-100km/h)のタイムはそれぞれ10.4秒と8.4秒、最高速度はどちらも99mph(160km/h)です。

VW-ID5 (3)

ID.5 GTXはデュアルモーター+AWD構成となり、フロントアクスルに108ps(109 PS / 80 kW)と119 lb-ft(162 Nm)、リアに201ps(204 PS / 150 kW)と229 lb-ft(310 Nm)を発生するモーターを搭載して合計295ps(299 PS / 220 kW)の最高出力を発生し、6時速62マイル(100km)までを6.3秒で加速し、最高速度は時速112マイル(180km)に達します。

VW-ID5 (2)

ID.5のインテリアはID.4とほぼ同じで、ステアリングコラムに取り付けられたメータークラスター、カラフルなアクセント、機能的なデザインを持っており、さらには拡張現実(AR)ヘッドアップディスプレイ、アダプティブ・クルーズ・コントロールやレーン・キープ・アシストなどの運転支援機能も与えられているようですね(無線アップデート対応)。

また、ID.5では「照明」にも力を入れていると紹介されており、外装では、ドライバーが近づくとウェルカムアニメーションが表示され、内装ではルーフダッシュパネル、ドア、フットウェルにアンビエントライティングが内蔵される、とのこと。

加えて「ID.Light」なるデバイスもビルトインされ、これはダッシュボード上のフルワイドLEDストリップが発する「光信号」により、、ドライバーが道路から目を離さず情報をキャッチできるといい、車内の音声コントロール "Hello ID "を使ってコマンドを入力することでインタラクティブな操作ができる、と紹介されています。

VW-ID5 (4)

フォルクスワーゲンは、ID.5に高度な充電機能が備わることも強調していて、AC充電スタンドや家庭用壁掛け充電器では最大11kWにて充電でき、急速充電スタンドでは最大135kWのでの充電が可能となり、この急速充電だと約30分で199〜242マイル(320〜390km)の航続距離を補うことができます。

さらに、VWが提供するID.Chargerは、家庭用エネルギー管理システムと組み合わせることで電気代を最適化するための充電時間の管理や、太陽光発電の活用(ソーラーパネルが設置されている場合)、さらにはインフラが整っていれば双方向の充電(クルマから電力を家庭に)にも対応することが可能。

VW-ID5 (5)

フォルクスワーゲンはこのID.5の発売時期や価格について公表していないものの、まずは欧州からの発売となるそうで、北米市場には「投入しない」ことも明らかに。

もちろん日本市場での予定はまったく不明ではありますが、選択肢のひとつとしてぜひ導入してほしいものですね。

フォルクスワーゲンID.ワールドプレミアの様子はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=MALzDAOojhc

合わせて読みたい、フォルクスワーゲンIDシリーズ関連投稿

フォルクスワーゲンID6(VW)
VWが中国向けにID.6 CROZZ、ID.6 X発表!中国製の3列7人乗り版ID.4、生産は中国

| ID.6 CROZZのほうが車高が高く、SUV的位置づけを持つようだ |この記事のもくじ| ID.6 CROZZのほうが車高が高く、SUV的位置づけを持つようだ |基本的にはID.4と同一フォルク ...

続きを見る

VWの頼みの綱、「ID」が中国で全く売れず
VWの頼みの綱、「ID」が中国で全く売れず。現時点で販売計画の1/10程度にとどまり、このままでは大コケする可能性も

| VWにとっての最大市場、中国でEVが売れなければ「この先はない」 |この記事のもくじ| VWにとっての最大市場、中国でEVが売れなければ「この先はない」 |フォルクスワーゲンは全力でこの状況を改善 ...

続きを見る

VW ID.3のバッテリーは1年で7.5%の劣化?すべての個体がそうであれば、そして保証の範囲であればVWは大きな出費を強いられることになりそうだ
【動画】VW ID.3のバッテリーは1年で7.5%の劣化?すべての個体がそうであれば、そして保証の範囲であればVWは大きな出費を強いられることになりそうだ

| テスラは過去に「保証の範囲以上にバッテリーが減ってしまい」しかし保証対応しなかったことで裁判になったことも |この記事のもくじ| テスラは過去に「保証の範囲以上にバッテリーが減ってしまい」しかし保 ...

続きを見る

参照:Volkswagen

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5