>ランボルギーニ(Lamborghini)

【動画】ランボルギーニの究極ハイパーカー、エッセンツァSCV12を見てきた!サーキット走行専用なのに細部はロードカー以上にオシャレだった

投稿日:

ランボルギーニの究極ハイパーカー、エッセンツァSCV12を見てきた!サーキット走行専用なのに細部はロードカー以上にオシャレだった

| まさかここまでエッセンツァSCV12の細部が芸術的に作られているとは思わなかった |

内外装はベースとなるアヴェンタドールに比較して「全くの別モノ」

さて、ランボルギーニデイ・ジャパン2021に展示されていたハイパーカー、エッセンツァSCV12。

アヴェンタドールのコンポーネントを使用しながらもサーキット走行のみに焦点をあわせて開発されたクルマで、40台のみが限定にて生産されます。

搭載されるエンジンは6.5リッターV12、出力は830馬力で、このエッセンツァSCV12購入者は「エッセンツァSCV12クラブ」に加入することができ、ランボルギーニ本社に設置される専用格納庫に車体を保管可能となるほか、アプリを使用して24時間通じ、自分のクルマを確認できるとアナウンスされています(そして格納庫は、それぞれのクルマ専用にカスタムされる)。

ランボルギーニ史上最強!830馬力を発生する自然吸気V12エンジンを積むハイパーカー、”ESSENZA(エッセンツァ) SCV12”発表

| 購入者は”専用ガレージ”を利用可能 | ランボルギーニが先日より予告していたニューモデル、”ESSENZA”SCV12をついに発表。これは行動走行不可、サーキット走行オンリーの限定ハイパーカーで、 ...

続きを見る

エッセンツァSCV12はこんなクルマ

そしてこちらが展示されていたランボルギーニ・エッセンツァSCV12。

L1360724

専用のエアロパーツを身にまとい、発生するダウンフォースはなんと1,200kgと言われます。

L1360722

メインとなるボディカラーはスクアドラ・コルセのイメージカラーでもある「ヴェルデ・マンティス」。

L1360718

エッセンツァSCV12の細部は芸術品のようだった

そしてエッセンツァSCV12の細部を見てみたいと思いますが、「まるで芸術品のようだな」というのがその印象。

ドミラーはステーともども専用の形状を持ちますが・・・。

L1360530

まるでオブジェのようにアーティスティック。

L1360531

ボディパネルはカーボン製ですが、カーボンファイバーの織柄がそのまま生かされている部分、そしてペイントされている部分とに別れます。

ちなみにこういったカラーリングは塗り分け、ハイライト、グラフィック含めてすべて「ペイント」にて再現されることに。

L1360527

ウイングの端はこんな形状。

L1360434

テールパイプまでアーティスティック。

L1360443

テールランプは細長い六角形。

L1360441

リアアンダーにもエアロフリック。

L1360451

こちらは給油口。

L1360455

リアフェンダー内にはラジエターが内蔵されます。

L1360467

サイドステップには大きなウイングレット。

L1360469

前後フェンダーは直進性を向上させるためと思われるフィンが設けられています。

L1360473

タイヤ・ホイール、ブレーキシステムはもちろんレース用。

L1360476

フロントフードの奥は「ほぼ全面」ラジエター。

L1360487

フロントライトは「六角形」。

L1360483

フロントのエンブレムはデカールやペイントではなく、ほかのランボルギーニと同様の立体式です。

L1360488

ウインドウはもちろんアクリル板ですが、それを固定するビスがなんともスタイリッシュ。

L1360506

ドアハンドル等オープナーは独自形状へ(これらのデザイン性も非常に高い)。

L1360505

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12のインテリアはこうなっている

そしてこちらはエッセンツァSCV12のインテリア。

エクステリア同様、インテリアも完全にオリジナルデザインを持っており、ドアを開けて目に入るのはこの「異常に高い」サイドシル。

なお、エッセンツァSCV12は「ロールケージを持たずにFIAの定める強度要件を初めて満たした」クルマだとされますが、そのぶんガッチリ補強されているようですね。

L1360459

レーシングカーなのにエアコン吹出口は非常にオシャレ(これだけでもオブジェとして通用しそうだ)。

L1360509

ステアリングホイールのセンターにはメーター内蔵。

L1360508

これはスタートボタン?

L1360517

センターコンソールにはスイッチ類。

L1360518

シートはもちろんフルバケットです。

L1360511

その他の画像はFacebookのアルバム「エッセンツァSCV12」に保存中。

会場にてランボルギーニ・エッセンツァSCV12を見てきた際の動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・エッセンツァSCV12関連投稿

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に
ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に。強固なカーボンセルが貢献

この記事のもくじ| もろもろの事情を鑑みるに、ランボルギーニはやはりエッセンツァSCV12でル・マン24時間レースに出たかったようだ |もしくは、レーシングカー開発中に「レースに出場できなくなった」た ...

続きを見る

【動画】ランボルギーニ エッセンツァSCV12を購入するということは「体験を手にすることである」。その詳細、数々の特権が紹介

| スーパーカーメーカーは「クルマ」ではなく「特別な体験」を売る時代に | さて、ランボルギーニは7月にサーキット走行専用ハイパーカーとして「エッセンツァSCV12」を発表していますが、今回はその詳細 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5