>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタ・タンドラの納車が最長で1年半待ちに!フルモデルチェンジ版の人気化に加え、例の「チップ(半導体)不足」が大きく影響

投稿日:2021/11/24 更新日:

新型トヨタ・タンドラの納車が最長で1年半待ちに!フルモデルチェンジ版の人気化に加え、例の「チップ(半導体)不足」が大きく影響

この記事のもくじ

| ここまでチップ(半導体)不足が深刻化するとはほとんどの自動車メーカーが考えなかったに違いない |

この問題は解決したとしても尾を引くことになりそうだ

さて、トヨタは14年ぶりに「新型タンドラ」を発表していますが、カリフォルニアのトヨタディーラーの話によれば「納車待ちは最長で1年半になるだろうとのこと。
これはけっこう衝撃的な数字でもあり、発表された瞬間に「新型タンドラは売れるだろうな」と考えていたものの、まさかここまでになろうとはという感じです。

14年ぶりに登場した「新型トヨタ・タンドラ」!実用性、走破性、そしてデザイン性を極限まで向上させてアメリカンピックアップトラックに正面から挑む
14年ぶりに登場した「新型トヨタ・タンドラ」!実用性、走破性、そしてデザイン性を極限まで向上させてアメリカンピックアップトラックに正面から挑む

この記事のもくじ| フォードF-150、ダッジ・ラム1500の牙城を崩せるか |オプションも充実、用途に合わせて様々な使い方ができるように新型タンドラはこんなクルマ新型トヨタ・タンドラのインテリアはこ ...

続きを見る

やはりここにもチップの影響

なお、新型タンドラの人気が高いことは間違いないものの、この異常な長い納期の理由の一つは「チップ不足」とのこと。

この長い納期についてコメントしたのは世界最大の販売面積を誇るトヨタディーラー「ロンゴ・トヨタ」だそうですが、これからの3ヶ月でロサンゼルス地域に割り当てられるタンドラはわずか61台だといい、さらに「最も入手が困難」なタンドラは最上位モデルのTRD Proだとされ、こちらの場合は最長で9ヶ月から1年半、そして「その他のタンドラ」でも4ヶ月から9ヶ月は待つことになるもよう。

toyota-tundra

アウディのステアリングホイール
アウディCEO「チップ不足はパーフェクトストームのようだ」。しかしそれを乗り切ることに自信を見せ「3年以内にEVをガソリン車よりも利益が出るようにする」

この記事のもくじ| 現在の自動車会社の経営は今までにはない方面への配慮が要求されそうだ |EVの製造コストが下がる一方、今後ガソリン車の製造コストはどんどん上がりそうアウディはチップ不足の影響を「深刻 ...

続きを見る

タンドラは一気に市場シェアを獲得するチャンスを待っていたはずだが

なお、上述の通りタンドラは14年ぶりのフルモデルチェンジであり、先代はその高齢さも手伝ってさほど販売は芳しく無く、2020年通年だとアメリカのベストセールスカー、SUV、トラックの20位にも入っていないという状態です。

そして満を持して今回フルモデルチェンジを行い、トヨタが目論んだ通り高い人気を獲得することとなったわけですが、そこへきてまさかの「チップ不足にて納車できない」。

2

ライバルメーカーの状況がどうなのかは不明ではあるものの、ライバルがなんとかチップを確保して納車を行うとなるとタンドラはその出鼻をくじかられた形になりそう。

そしてライバルメーカーも「なんとかタンドラに先んじようと」するはずで、タンドラの納車待ちが長いことを逆手に取ったキャンペーンなどを行って来る可能性もあり、仁義なき戦いが勃発する可能性もありそうですね。

どうなる「チップ(半導体)問題解決」後?

そこで気になるのがこういったチップ(半導体)不足が解消された「後」。

現在、この問題がいつ解決するかはさっぱりわからず、一説では半年とも1年とも2年とも言われますが、現在はチップ不足によって各社とも生産が制限されたり、オプションを削減したり、装備をデジタルからアナログに戻したりといった対応を強いられています。

メルセデス・ベンツ
ついにチップ(半導体不足)の影響がここまで!高級車から「シートヒーター」「パワーシート」「タッチ式ディスプレイ」等の高級/先進装備が消えてデジタルからアナログに逆戻り

この記事のもくじ| ハイテクからローテクへ「時代が数年前に戻ったようだ」 |まさかここまで半導体が足りなくなるとはいったい今、新車に何が起きているのか一部自動車メーカーでは機能を維持合わせて読みたい、 ...

続きを見る

さらには新車ディーラーから在庫がすっかり消えたり、中古車の相場がやたら上がったりしているわけですが、新車の納車が進んでくると中古市場に流れるクルマが多くなったりして中古相場が下がったりするのかもしれませんし、もしくはコロナウイルスのパンデミックによって全世界で拡大したアウトドアブームがさらに広がり、SUVを中心に中古車の需要が高いままに推移し、やはり中古価格は下がらないのかもしれません(要は予測がつかない)。

ホンダ・ヴェゼル
チップ不足は自動車ディーラーにとっては「追い風」?在庫一掃にて売上高が増加し、値引きの必要がなくなったので利益も増加したもよう。なお全米での新車販売価格は過去最高の500万円オーバー

この記事のもくじ| チップ不足は自動車ディーラーにとっては一時的な「追い風」に |ただしディーラーが在庫を売り切った後には「タマ不足」に悩まされることになりそうださらに営業利益は5倍以上にいったいなぜ ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

フォルクスワーゲン
チップ不足にてVWの生産が1958年の水準まで逆戻り!同社最大の工場では年産100万台が30万台へ減産を強いられるも、テスラはチップ不足に適切に対処して利益記録を更新

この記事のもくじ| チップ不足によって、自動車業界全体では770万台もの減産が生じているらしい |まさかここまでの影響があるとは思わなかったが、イーロン・マスクは正確にこの危機を予測していたようだこの ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ
一体何なのこのチップ不足!メルセデス・ベンツは「1年以上生産が遅れる」可能性を示唆、なぜチップ(半導体)不足が起きるのか

この記事のもくじ| 自動車の制御複雑化、電子製品の需要増加、しかしコロナ禍による生産能力の低下というトリプルパンチ |あと1年以上はこの状態が続くと言われるがメルセデス・ベンツにも深刻な影響がいったい ...

続きを見る

【動画】トヨタが「デザートチェイス・タンドラTRD」発表!砂漠レースのサポートカーを意識し「あらゆるものを装備した」エクストリーム仕様
【動画】トヨタが「デザートチェイス・タンドラTRD」発表!砂漠レースのサポートカーを意識し「あらゆるものを装備した」エクストリーム仕様

この記事のもくじ| 新型タンドラはダッジやフォードといったライバルよりも高い人気を誇りそうだ |それにしても、トヨタはオンロード、オフロードともに思いっきり攻めてくるサポートカーとしてあらゆる装備を実 ...

続きを見る

参照:CarsDirect

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5