ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザー、MR2後継っぽいモデルも公開

投稿日:2021/12/14 更新日:

【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザーの後継っぽいモデルも公開

| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか |

豊田章男社長らしくEV世代となっても「スポーツ」を忘れないようだ

さて、トヨタは2021年12月14日に「バッテリーEV戦略に関する説明会」を開始し、あわせてその骨子もプレスリリースとして発表しています。

トヨタ自動車の豊田章男社長は常々「EVだけではなく、様々な選択肢を提供したい」と語っており、その意図としては「EVだと利便性が損なわれる地域」「金銭的問題」といった理由にてハイブリッドやガソリン車にも存続する意義があるというものですが、つまりは顧客の要望にあわせたラインナップが必要というものです。

これはトヨタならではの考え方だとも捉えることができ、たとえば「デザインを統一し、エレクトリック化へ向けて一気に動く」フォルクスワーゲンやメルセデス・ベンツ、アウディ、BMWといったドイツ勢とは異なり、トヨタはパワートレインの選択肢に加えてデザインも多様化させているため。

つまりトヨタは「会社がこう決めたから消費者もそれについて来い」ではなく「まず消費者ありき、そして消費者が求めるものを作ってゆく」というスタンスに基づく展開を行っているものと思われます。

20211214_BEV_45_s

トヨタの株主は豊田章男社長に不満
トヨタの株主は豊田章男社長に不満?同氏の「急激な電動化に待った」発言に対し「豊田章男は、世界で何が起きているのかわかっていない」

| 豊田章男社長の「急激な電動化に待った」発言は、トヨタ自動車単体ではなく、日本の自動車産業全体を考えてのものだと捉えるのが正しい |この記事のもくじ| 豊田章男社長の「急激な電動化に待った」発言は、 ...

続きを見る

トヨタはEVの販売計画を上方修正

そして今回の発表によると、トヨタは2030年におけるEVの世界販売を350万台に設定すると語り、その車体電池の開発に2兆円を投資するとコメント(研究開発費自体は8兆円)。

ちなみにこれまでは「2030年までに200万台、1.5兆円の投資」としていたので、大きく上方修正したということになりますね。

20211214_BEV_04

トヨタはレクサスLFA後継モデルをEVにて開発

今回の計画とともに発表されたのがレクサスにおける一連の新型EV。

画像ではざっと7モデルありますが、いずれもスポーティーなルックスを持っていて、ボディカラーはいずれもシルバー。

右から2番めに位置しているのが新型EV「RZ」ですね。

20211214_BEV_03_s

そして今回発表されたうちのいくつかを見てみたいと思いますが、まずは「レクサス・エレクトリファイド・スポーツ(LEXUS Electrified Sport)」。

ロングノーズスタイルを持ち、フロントフードにはクイックリリースを装着するというスポーツ志向が強く感じられる一台です。

なお、トヨタは「LFAの開発を通じて作りこんだ”走りの味”いわば”秘伝のタレ”を継承する次世代スポーツカーをバッテリーEVで開発する」とコメントしており、レクサスLFA後継モデルをバッテリーEVとして復活させる計画を持っているのかもしれません。

20211214_BEV_13_s

こちらはレクサス・エレクトリファイド・セダン(Lexus Electrified Sedan)。

サイズ感は不明ですが、ポルシェ・タイカンやアウディe-tron GT、テスラ・モデルSに対抗する車種となりそうです(けっこうカッコいい)。

20211214_BEV_15_s

レクサス・エレクトリファイドSUV(LEXUS Electrified SUV)。

レクサスRZよりも一回り大きなSUVといった印象です。

20211214_BEV_16_s

こちらがそのレクサスRZ。

20211214_BEV_14_s

トヨタブランドからも面白そうなEVが多数登場

そしてトヨタブランドでは今回一気に(bZ4X含む)13車種もの新型EV計画をリリースしていて、その中からいくつか面白そうなクルマを紹介したいと思いますが、「bZ」という名称がつくもの、そうでないものとが混在します(トヨタ側では明確に区別していると思うが、その差異については今回コメントされていない)。

まずこちらはbZスモールクロスオーバー(bZ Small Crossover)。

20211214_BEV_09_s

かなりクーペっぽいスタイルを持つbZコンパクトSUV(bZ Compact SUV)。

20211214_BEV_10_s

bZラージSUV(bZ Large SUV)。

20211214_BEV_12_s

ミッドシップスポーツっぽいルックスを持つスポーツEV(Sports EV)。

GRバッジが付与されており、MR2後継的な位置づけなのかも。

20211214_BEV_19_s

クロスオーバーEV(Crossover EV)。

ドアミラーのサイズから見て、かなり「市販に近い」デザインなのかもしれません。

20211214_BEV_20_s

コンパクトクルーザーEV(Compact Cruiser EV)。

雰囲気的にはFJクルーザーっぽい感じですね。

20211214_BEV_21_s

ピックアップEV(Pickup EV)。

タンドラのEV版といったイメージかもしれません。

20211214_BEV_22_s

スモールSUEV(Small SUEV)。

C-HRと同等のクラスに位置しそうです。

20211214_BEV_23_s

バッテリーEV戦略に関する説明会(動画)はこちら

参照:Toyota

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5