ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

BMWが隠し玉を用意?M部門50周年に際し「特別モデルを発表」とのウワサ。AMG GTに対抗できる特別仕様のM8?なおM3とM4には50周年記念モデルも追加されるもよう

投稿日:2021/12/23 更新日:

BMW M3

| BMWは「スーパースポーツ」の必要性を感じながらも、なかなかチャンスを見いだせない |

さすがにM部門の50周年記念モデルが「XMだけ」では納得できない向きもあるだろう

さて、BMWはここ最近多数のクルマを発表していますが、2022年はそれらの発売、そしてかねてより予告されているクルマの発売が続くことになり、かなり忙しい年になるであろうことが予想されます。

わかっているだけでもM2、M4CSL、XM、iX M60、i7そしてフルモデルチェンジ版7シリーズといったニューモデルが控えており、さらにはBMW M部門が50周年を迎えることからM3とM4の50周年記念限定モデル、そしてM3初のワゴンボディ、「M3ツーリング」の発売も控えているといった状況です。

BMWはさらに隠し玉を用意?

なお、BMWは「M社の50周年」を祝うモデルとして「コンセプトXM」を発表していますが、こちらはSUVボディを持っており、残念ながら期待されたミドシップスポーツではなかったことから多くの人を落胆させたと言われます(BMW本体の100周年記念の際もそうだった)。

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ
キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW XMが登場 |この記事のもくじ| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW X ...

続きを見る

そこで今回出ているウワサが「BMWは、M部門の50周年に際し、別のスペシャルモデルを用意している」というもの。

これについては、その生産台数や価格について「かなり特別になる」とも言われており、M1の後継ではないにせよ、「究極の」スーパースポーツだとも見られています。

なお、これまでに「それらしい」クルマは目撃されておらず、唯一可能性があるのは「8シリーズをベースにしたスーパースポーツ」。

BMWは8シリーズをして「スーパーカー」だとも表現していますが、ちょっと前には8シリーズの外装を持つ謎のプロトタイプが目撃されています。

BMW「スーパーカーは作らない。なぜならばM8がスーパーカーそのものであり、ポルシェ911ターボにも勝るからだ」

| BMWはM8に対してあまりに自信満々 | 「BMWは新たにスーパーカーをリリースする予定はない。なぜならM8がスーパーカーそのものだからだ」。 これはBMW M部門のボス、マークス・フラッシュ氏が ...

続きを見る

このプロトタイプについては、リアの偽装などから「エンジンをリアミッドにマウントしている」とも言われており、もしかするとBMWが非常に少ない限定台数にて「ミドシップスポーツカー」をリリースするという話も一部で出ていますが、これについて、「近代のクルマは、そのレイアウトについて一分の隙もないほど緻密に設計されている」ためにエンジン搭載位置を変更することは非常に難しいだろうということ、BMWにミドシップレイアウトのノウハウがないこと、なによりビジネス的に採算が見込めないことから「無いだろうな」と考えています。

え?BMWがミドシップスーパーカー?リアにエンジン搭載と思われる謎の8シリーズ試作車が目撃。次期X1とともに路上に放たれる

| たしかにBMWはスーパーカーに参入したい意向を持つと言われるが |この記事のもくじ| たしかにBMWはスーパーカーに参入したい意向を持つと言われるが |ミッドエンジンスポーツカーの試作車?BMWは ...

続きを見る

そうなると(フロントエンジンのままの)8シリーズのリアシートを削除したハードコア版なのではという予想もでき、しかしBMWは「M8 CSLはない」とも明言しているので、こちらもまた「NO」なのかもしれません。

つまるところは何一つわからない

つまり、現時点では「何一つわからない」というのが実情ではあるものの、BMWとしてはメルセデスAMGに対抗できるようなスーパースポーツを持つ必要を十分に理解しているといい、よって採算度外視でなんらかのスパルタンなモデルを投入する可能性がないとは言えない、といったところですね。

加えて、i8の後継モデルについても情報が錯綜しており、最近だと「ヴィジョン Mネクスト」の市販モデルと共同開発されているという話もあって(これもビジネス上の観点から考えにくく、実現するにしてもどちらか一方だと思われる)、もう何がなんだかわからないといった感じです。

BMW ビジョンMネクスト・コンセプト
いったいどっちなの次期BMW i8と新型スーパーカー?「開発中」と報じられる一方、「キャンセルされた」という報道も

| 現在の状況を鑑みるに、計画はキャンセルされたと考えるのが妥当かも |この記事のもくじ| 現在の状況を鑑みるに、計画はキャンセルされたと考えるのが妥当かも |最新のウワサはこうなっている一方で計画は ...

続きを見る

合わせて読みたい、BMW関連投稿

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト
BMW「ヴィジョンMネクスト」発表!600馬力のPHEV、そして”BMW「ターボ””M1”を強く意識したデザインを持つスーパーカー

| 内容を見ると実現可能な要素が多そうだ | BMWが、先日「アートな画像」によって予告した「ヴィジョン M ネクスト(Vision M Next)を正式発表。これは「デザイン」「先進技術」「自動運転 ...

続きを見る

BMW「ミドシップスーパースポーツを作りたいが、それ単独では無理。次期i8の開発が決まれば、その兄弟として同時開発が可能となる」

| ただし現在では次期i8の可能性は低い | ときどき出てきては消える、「BMWがスーパーカー製造か」というウワサ。もうここ4年ほどこういった話が定期的に出ていますが、今回はBMW M部門のCEO、マ ...

続きを見る

参照:BMWBLOG

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5