ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アウディ(Audi) >ポルシェ(Porsche)

アウディ、ポルシェがF1に参戦とのウワサ。早ければ2022年はじめにもアナウンスがなされ、アウディの車体にポルシェのエンジンが載るとも

投稿日:

アウディ、ポルシェがF1に参戦とのウワサ。早ければ2022年はじめにもアナウンスがなされ、アウディの車体にポルシェのエンジンが載るとも

| たしかに以前から様々なウワサが出ていたが、ついにそれが実現することになるのかも |

ポルシェ、フォルクスワーゲン、アウディはずっと前からF1参戦の機会を狙ってきた

さて、英国Autocarによると、アウディはF1への参戦に「非常に近づいている」とのこと。

これは(すでに退任済の)元FIA会長、ジャン・トッド氏に対し、アウディCEO、マルクス・デュースマン氏とオリバー・ホフマン(アウディAG技術開発取締役会メンバー)氏がしたためた書面から明らかになっており、その中には「あなた方の努力のおかげで、私たちは今、ゴールに近づいている」という文面があるもよう。

さらには「アウディのF1参戦はまだフォルクスワーゲングループの取締役会で承認されていない」としながらも、「最近、技術、スポーツ、財務のレギュレーションの最初のドラフトが完成し、新しい局面に到達した」とも。

そして文面は「我々は、あなた方と協力してこの重要なプロセスを完了し、来年早々にF1参戦を確定することを楽しみにしています」という一文にて締めくくられているといい、これらの内容が本当であれば、2022年早々には「アウディのF1参戦」が公式にアナウンスされるのかもしれません。

アウディは以前からF1参戦を狙っていた

なお、なぜアウディが現F1のCEOではなく、すでに退任したジャン・トッド氏と話をしているのかは謎ですが、参考までに現F1のCEO、ステファノ・ドメニカリ氏は2014年に(スクーデリア・フェラーリから)フォルクスワーゲングループに招き入れられていて、その目的自体がフォルクスワーゲンもしくはアウディがF1に参戦するためだったと言われます。

ただしその後フォルクスワーゲングループはディーゼル不正事件によってそれどころではなくなってしまい、ステファノ・ドメニカリ氏は(F1参戦が当面見送りになったためか)2017年にランボルギーニCEOへと就任することになりますが、その後に出てきたのが「ランボルギーニのF1参戦」というウワサ。

しかしながらステファノ・ドメニカリ氏は2020年末にランボルギーニを辞してF1のCEOへと就任しており、このあたりはちょっとややこしい経緯を持っています(この際に、フォルクスワーゲンとステファノ・ドメニカリ氏がどういった話し合いをしたのかはわからない)。

ランボルギーニCEO(元フェラーリ)が退任しF1のCEOへ就任すると公式に発表!これでF1マネジメント層はフェラーリ出身者で固められることに

| ランボルギーニは今回の移籍を歓迎しない? |この記事のもくじ| ランボルギーニは今回の移籍を歓迎しない? |F1関係者はフェラーリ出身者で固められることにステファノ・ドメニカリ氏はフォルクスワーゲ ...

続きを見る

アウディはダカールラリーに専念するという話だったが

アウディ(チーム・アウディスポーツABT)は2017年から2021年にかけてフォーミュラE選手権に参戦していたものの「ダカールラリー参戦に専念する」ことを理由にフォーミュラEから撤退していますが、もしF1に参戦するということになれば「フォーミュラE撤退の理由はウソ」だったということになり、なんだかんだでF1参戦の機会を虎視眈々と狙っていて、資本集中のためにフォーミュラEから引き上げたということになるのかも。

2022-audi-rs-q-e-tron

アウディが初のダカールラリー参戦のために開発した「RS Q E-Tron」発表
【動画】アウディが初のダカールラリー参戦のために開発した「RS Q E-Tron」発表!前後2モーターで車体を駆動、DTM用エンジンを発電機として搭載

| アウディがモータースポーツで培った知見を生かしたウルトラオフローダー |この記事のもくじ| アウディがモータースポーツで培った知見を生かしたウルトラオフローダー |いったいどうやったらこんな外観を ...

続きを見る

ただしアウディがどういった形でF1に参戦するのかはわかっておらず、一説によればアウディがファクトリーとしてエントリーし、ポルシェがエンジンを供給するという計画もあるもよう。

そしてポルシェはというと、ポルシェ・モータースポーツ責任者のトーマス・ラウデンバッハ氏が「FIAと交渉中だ」と語るなどF1への関心を公に認めており、このあたりは(実際にどういった形でのF1参戦となるのか)公式発表を待つしかなさそうです。

いずれの場合にしても、フォルクスワーゲングループは2026年に導入される新しいパワーユニットルールを利用したいと考えていると報じられ、この新レギュレーションによると、サステイナブルな燃料やハイブリッドエンジンを採用することで「F1をより環境に優しいものにする」といい、これと同時に、現在のF1にかかっている膨大な研究開発費を削減し新しい企業が参入しやすくなるとともに、モータースポーツとしての競争力を高めることができるようになる、と言われます。

現在ポルシェは「Eフューエル」なる合成燃料を開発しており、もしかするとこれをF1に導入したいのかもしれませんし、アウディは「あまり盛り上がらない」フォーミュラEよりも、F1へとシフトして”ハイブリッド”パワーユニットをアピールしたほうが企業ブランディング的に効率がいいと考えたのかもしれず、そのためにマクラーレンの買収含め、様々な可能性を検討していたのでしょうね。

ポルシェが合成燃料「eフューエル」開発中
ポルシェが開発中の合成燃料。「これが実用化できれば、ガソリエンジン搭載車もEVと同等のクリーンな車になる」。ポルシェの目指すところを考えてみた

| ポルシェはただ単に自社のクルマをずっと顧客に乗ってもらい、楽しんでもらいたいんだと思う |この記事のもくじ| ポルシェはただ単に自社のクルマをずっと顧客に乗ってもらい、楽しんでもらいたいんだと思う ...

続きを見る

合わせて読みたい、フォルクスワーゲングループとF1関連投稿

マクラーレン・アルトゥーラ
アウディが「マクラーレングループ全体を買収した」との報道→マクラーレンが即座にこれを全否定「全くの誤りで、記事の削除を求める」

| この取引はマクラーレンに対しても十分にメリットがあるものだとは考えていたが |この記事のもくじ| この取引はマクラーレンに対しても十分にメリットがあるものだとは考えていたが |今後マクラーレンが独 ...

続きを見る

ランボルギーニはF1の夢を見る?ドメニカリCEO「F1が変われば参戦もありうる」

ランボルギーニの新CEO、ステファノ・ドメニカリ氏はランボルギーニのF1参戦について「興味はあるが、すぐに実現することはないだろう」とメディアに語った模様。 現在、ほかに優先順位が高いことがあるため( ...

続きを見る

ポルシェ「F1用エンジンを新型ハイパーカーに積むかもしれん」「え?」「実は今までF1用V6ハイブリッドターボを開発していたのだ」

| ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ |この記事のもくじ| ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ |ポルシェは最後に大きな花火を上げるのかポルシェは ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi), >ポルシェ(Porsche)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5