ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■服や小物、時計、雑貨など

ベル&ロスが「現代のコンクリート建築」モチーフのマットな「BR 05 ホロラム」を発売!世界限定250本、らしくない上品さが格好いい

投稿日:2021/12/29 更新日:

ベル&ロスが「現代のコンクリート建築」モチーフのマットな「BR 05 ホロラム」を発売!世界限定250本、らしくない上品さが格好いい

| BR 05はベル&ロスにとって久々の「ヒット」、そして新しい世界を切り開くことになった傑作でもある |

ベル&ロスのファンとしては「BR 05は買っておかねばならない」一本でもある

さて、ベル&ロスが新境地を開くために発売したBR 05。

これは40ミリという(ベル&ロスにしては)こぶりなサイズ、そしてやはりベル&ロスらしくない都会的でクリーンなデザイン、さらにはケースと一体化したメタルブレスを持つというシリーズ。

一見するとベル&ロス特有のインパクトに欠けるのですが、実際に腕に巻いてみると非常に馴染みがよく見栄えがし、「腕時計単体で見るよりも、装着したときのほうが」格好良く見えるという珍しい腕時計です。

ベル&ロスが久しぶりの新作腕時計「BR 05」発表!40ミリと小ぶり、そしてレトロなデザイン

| 四角と丸との融合、そして1970年代風のブレスレットが特徴 | ベル&ロスが久々のニューモデル、「BR 05」を発表。ベル&ロスは真四角型のケース「BR 02」を採用したことで一気にブレイクしたブ ...

続きを見る

そしてベル&ロスは2017年に、ベル&ロスにとっての基本性能である「見やすさ」を追求した「ホロラム(BR 03 Horolum)」を発表していますが、今回はそのBR 05とBR 03ホロラムとを合体させ、さらに「マイクロビーズブラスト仕上げ」を施した”BR 05 ホロラム”を発売しています。

ベル&ロスが新型腕時計発表。「BR03-92 ホログラフ」と「BR03-92 ホロラム」

ぼくのお気に入りとなる腕時計ブランド、ベル&ロス(Bell&Ross)からニューモデルが二つ登場。 今回発表されるのは「BR03-92 ホログラフ(黒い文字盤)」と「BR03-92 ホロラム( ...

続きを見る

ベル&ロス「 BR 05 ホロラム 」はこんな腕時計

このBR 05 ホロラムは「現代建築に採用されるコンクリートが持つ無機質さ、シンプルさ」にインスパイアされたといい、それを表現するためかステンレススティールのケース表面には「マイクロマイクロビーズ加工」が施され、適度にざらついたマットな質感が与えられています。

なお、同様の加工は数年前からいくつかの腕時計メーカーが取り入れていて、オーデマピゲがケース表面に採用したものの、現在はケースやバックルの裏面のみに採用される仕上げなので、なにかとデリケートな加工なのかもしれません(加工自体は難しくないが、傷が入ってもポリッシュで落とすことができず、”新品仕上げ”が非常に困難なのだと思う。ただ、この加工によって傷が目立たない、とも聞く)。

BR05-horolum-Slider-1-2560x1040

そしてもう一つの特徴はスーパールミノバ(しかも最高品質と最高のコストを誇るC5グレード)とフォトルミネセンス加工によって「暗いところでも明るく読みやすい」インデックス。

ベル&ロスはもともと「航空機の計器」という、情報を伝えることを最優先に考えられたデバイスにヒントを得たデザインがなされていますが、このBR 05シリーズは「ミリタリー」ではなく「都市生活者に向けたオシャレ腕時計」という性質を持ち、しかし「見やすさ」という軸はブレないということですね。

BR05-horolum-Slider-3-2560x1040

使用されるムーブメントはキャリバー BR-CAL.321(自動巻き)、サイズはほかのBR 05と同じ40ミリ、そしてケースバックも通常のBR 05と同じスケルトン(サファイアクリスタル製ケースバック)、防水性能は100メートル。

BR05-horolum-steel-header-ok

ダイヤルもマイクロビーズブラスト加工にあわせた「マットグレー」を採用し、全体的な統一感も抜群です。

価格は63万1400円、世界限定250本。

BR05-horolum-porté-1

BR 05 ホロラムにはラバーベルト仕様も

なお、このBR 05 ホロラムにはラバーベルトもラインアップされており、こちらの価格は56万5400円、やはり世界限定250本です。

ぼくはベル&ロスが大好きで、これまでにも相当数を購入していますが(ロレックスに次いで、もっとも多く購入した腕時計ブランドでもある)、このBR 05はいまだ購入したことがなく、一度は購入してみようかと考えているところ。※ぼくが買おうとしてなかなか買うことができない、スーツにあわせるドレスウォッチ的な役割を担ってくれるかもしれない。買うならやっぱりメタルブレスか

BR05-horolum-rubber-header

初期のベル&ロスの品質はあまり褒められたものではありませんでしたが(質実剛健なSinnが作っていた)、その後に内製化を進め、それとともにプレミアムウォッチメーカーを十分に名乗るだけの品質を備えるに至ったとも考えていて、しかし価格帯はほとんど変わっていないので、現在「かなりお買い得な」部類に属する腕時計ブランドではないか、とも考えています(中古になると一気に安くなるので、中古での購入をオススメ)。

BR05-horolum-porté-rubber

合わせて読みたい、腕時計関連投稿

ベル&ロス BR01サイバースカル(腕時計)
ベル&ロスの限定腕時計、BR 01 サイバースカルを購入した!シャネルと資本提携しているだけあって”プルミエール”似の新世代デザインを持つ一本

| ベル&ロスの腕時計はリセールが低いのが欠点だが |この記事のもくじ| ベル&ロスの腕時計はリセールが低いのが欠点だが |ベル&ロスの最新ラインアップ、BR05はけっこうイケてたベル&ロスBR01 ...

続きを見る

ウブロの腕時計
乗り遅れるな!これからの高級腕時計は「メタルブレス」。オーデマピゲ、パテックの牙城へとウブロ等が相次ぎ参戦

| ただし単なるメタルブレスではなく、ケースと一体化したデザインと構造が必要 |この記事のもくじ| ただし単なるメタルブレスではなく、ケースと一体化したデザインと構造が必要 |ウブロの他にもこんなメタ ...

続きを見る

今ボクが欲しい腕時計7本!タグ・ホイヤー、オメガ、ルイ・ヴィトン、カルティエ、フランク・ミュラー、ベル&ロス、ブライトリング
今ボクが欲しい腕時計7本!タグ・ホイヤー、オメガ、ルイ・ヴィトン、カルティエ、フランク・ミュラー、ベル&ロス、ブライトリング

| 最近はグリーンやブルーなど「明るい色の文字盤」がお気に入り |この記事のもくじ| 最近はグリーンやブルーなど「明るい色の文字盤」がお気に入り |ずっと欲しいと思っていても、なかなか購入できない腕時 ...

続きを見る

参照:Bell&Ross

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5