ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

みんな、ホンダeというクルマがあったのを憶えているか・・・?カスタムショップがマックス・フェルスタッペンのF1マシンを意識したワイドボディ版を製作

投稿日:2022/02/06 更新日:

みんな、ホンダeというクルマがあったのを憶えているか・・・?カスタムショップがマックス・フェルスタッペンのF1マシンを意識したワイドボディ版を製作

| おそらくホンダeはこのまま消滅すると考えており、中古相場が下がれば購入を検討してみたいと思う |

やはりマツダMX-30とともに航続距離の短さが問題だったのだろうと思う

さて、ホンダは初の量産EVである「ホンダe」を発表しており、発表直後には「タイプR」の可能性を否定しなかったものの、その後には「やっぱりタイプRはない」と完全否定。

よって公式にホンダe タイプRが登場することはなく、しかし今回「イノベーティブ・コンポジット」なるチューナーがホンダeのワイドボディ装着版「ハードコアモデル」を製作しています。

ホンダが"ホンダe タイプR"の可能性を認める!実現すれば「後輪駆動のエレクトリックホットハッチ」が誕生することに

| ただしホンダが懸念するのは「買う人がいるのかどうか」 |この記事のもくじ| ただしホンダが懸念するのは「買う人がいるのかどうか」 |ホンダは以前、ホンダeの”タイプR”を否定していた懸念は「重量」 ...

続きを見る

そのカラーリングはマックス・フェルスタッペンへのトリビュート

そして今回イノベーティブ・コンポジットが公開したホンダeは、「ホンダ・レーシングF1、レッドブル・レーシング、マックス・フェルスタッペン」への敬意を表したカラーリングを持っており、さらにはカスタムボディキットを装着。

Honda-e-Widebody (6)

ボディキットはフロントバンパー、前後ワイドフェンダー、サイドステップ、リアスポイラー、リアディフューザーで構成されていて、こちらが製作中の画像です。

Honda-e-Widebody (3)

リアだとこんな感じ。

ホイールはラリーカーっぽいものへと変更された、タイヤもワイド化されていることがわかります。

このデザインのホイールは始めて見ましたが、ツーリングカーレースに参戦する車両に装着されるような(スピードライン製の)ディッシュタイプ、そしてスポーク形状を組み合わせた面白いデザインですね(しかもディスク面が外に張り出している)。

リア(ルーフ)スポイラーの角度もまたラリーカーっぽいと思います。

Honda-e-Widebody (2)

そのカラーリングはまさにF1マシン

そしてカラーリング含めて完成した状態がこちら。

ネイビー、イエロー、レッド、ホワイトのカラーリングに、レッドブルのグラフィックとホンダ、IBM、シーメンスのステッカーが貼り付けられ、マックス・フェルスタッペンが駆ったRBR F1マシンと”お揃い”のカラーリングとなっています。

Honda-e-Widebody (5)

このワイドボディ、ワイドタイヤ、リアスポイラーは「抵抗」となるため、おそらく満充電あたりの航続可能距離を縮めてしまうことになるかもしれませんが、見た目がカッコいいのでそれでOKなのかもしれません。※ホンダe(35.5kWhのリチウムイオンバッテリー)のWLTP航続距離は220km

パフォーマンスについては変更がないものと思われ、最高出力152ps(113kW/154PS)、最大トルク315Nm(232lb-ft)、0-100km/h加速を約8秒といったところに変わりはないものと思われます。

なお、イノベーティブ・コンポジットは、フルカーボン製ボディの製作や、限定数量にてこのエアロキットを販売する計画を持っているといい、今後の展開が楽しみですね。

Honda-e-Widebody (4)

ホンダeの将来はどうなるのかわからない

ホンダeは現在ホンダがワールドワイドに展開する唯一のEVですが、まだコンセプトカー(ホンダ・アーバンEVコンセプト)だった時代に、同様のデザインを持つホンダ・スポーツEVコンセプトを発表しており、そこだけ見ると「ホンダのEVはその路線で進むのだろう」と思われたものの、起点となるはずだったホンダe自体があまり売れていないもよう。

参考までに、2021年の欧州のEV販売事情だと、トップのルノーZOEの販売がおよそ10万台、2位はテスラ・モデル3の9万台超、3位のフォルクスワーゲンID.3は5.5万台くらい、そしてホンダeはマツダMX-30 EVモデルの約1万台よりも少ない4,400台くらいという統計が出ています。※ただ、ホンダeはもともと大量に販売することを考えて発売されたわけではない

S800のEV版?ホンダがスポーツEVコンセプトを公開。「スポーツマインドはいつでもホンダのアイデンテティ」

「EVスポーツコンセプト」発表。コンパクトなピュアEV、発売に期待 ホンダが東京モーターショーにて、「スポーツEVコンセプト」発表。 これはジュネーブ・モーターショーにてホンダが発表した「アーバンEV ...

続きを見る

そうなるとホンダが「この路線で続けていいものか」と疑問を感じるのは当然のことだと思われ、そのためか中国にて展開する新型EVシリーズは「ホンダe」のクリーンでキュート、そしてツルっとした路線とは全く異なる「サイバーでエッジの効いたデザイン」。

え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開
え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開

| ホンダは地域や国ごとに別々の展開を行っており、それが「儲からない」原因だと言われている |この記事のもくじ| ホンダは地域や国ごとに別々の展開を行っており、それが「儲からない」原因だと言われている ...

続きを見る

これがワールドワイドに採用されるとは思えないものの、少なくとも中国ではホンダeのデザインに「ノーサンキュー」が突きつけられたのは間違いなく、となるとホンダの(世界規模での)EV計画にも大幅な路線変更が加えられることも考えられ、BMWが「i」ブランドでそうしたように、EV専用のデザインを与えるのではなく、既存モデルのEV化という戦略に転じるのでは、とも考えています。

L1260536

合わせて読みたい、ホンダe関連投稿

【試乗:HONDA e】これは完全に新世代のプレミアムカー!ホンダeは2.5%のイノベーターに向けたガジェットだ

| ホンダはもっと「ホンダeはプレミアムカー」だということを前面に押し出すべきだと思う |この記事のもくじ| ホンダはもっと「ホンダeはプレミアムカー」だということを前面に押し出すべきだと思う |ホン ...

続きを見る

ホンダeの中国製コピー
え?ホンダeのオフロード版やオープンモデル?中国のモーターショーにてギリギリなコンセプトカーが展示される

| 一部では「脱コピー」が進むも、またある一部ではコピーが横行 |この記事のもくじ| 一部では「脱コピー」が進むも、またある一部ではコピーが横行 |中国ではファンシーな絵柄が人気?ほかにもORAはホン ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5