ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

レクサスが新型「エレクトリファイドSUV」の画像を追加公開!ボクシーなデザインを採用しRZの「上」?あわせて「エレクトリファイド セダン」の新画像も

投稿日:2022/02/08 更新日:

レクサスが新型「エレクトリファイドSUV」の画像を公開!ボクシーなデザインを採用しRZの「上」、さらに余裕のあるラージサイズSUVか

| 今後のレクサスは新しいデザインを採用、そしてモデルごとの差異を拡大? |

レクサスは順番に「未来のレクサス」のデザインを公開

さて、レクサスは先日、新型EV「レクサスRZ」の画像を公開していますが、今回はRZの上に位置すると見られる新型EV”エレクトリファイドSUV(Lexus Electrified SUV)”の画像を公開しています。

この新型EVについては今のところ(市販時の)正式名称やセグメントは全く不明で、しかしレクサスRZよりもやや大きく、(ルーフや車体後部の形状からするに)余裕をもって7人が乗車できるサイズのSUVといった印象。

なお、先日レクサスが公開したティーザー画像にける、レクサスRZの「奥」に位置するクルマだと思われます。

20211214_BEV_03_s

レクサスが新世代EV、RZの姿を公開。そのデザインは新世代に突入し、立体スピンドルグリルに「車体前後を分断する」新しい処理が採用に
レクサスが新世代EV、RZの姿を公開。そのデザインは新世代に突入し、立体スピンドルグリルに「車体前後を分断する」新しい処理が採用に

| レクサスのデザインには2020年あたりに大きな変革があったようだ |この記事のもくじ| レクサスのデザインには2020年あたりに大きな変革があったようだ |ここ最近、トヨタそしてレクサスのデザイン ...

続きを見る

そのデザインはややコンベンショナル

そして今回公開されたエレクトリファイドSUVを改めてみてみると、RZに比較するとやはりボクシーといった感じで、見た目の印象としてはスポーティーさよりも視覚的な安定感や重厚さを意識しているのかもしれません。

ちなみにこちらはRZですが、今回公開されたエレクトリファイドSUVに比較するとウェッジシェイプが強調されているようですね。

Lexus-RZ-450e-Prototype-3

そしてRZに比較すると「コンセプト色」が強く、ドアハンドルは(RZとは異なる)フラッシュサーフェス、そしてドアミラーも「鏡面」ではなく「カメラ」を用いているように見えます。

下のRZと比較すると、RZのほうが「クーペ風」であるのは見て分かる通りで、しかし面白いのは、ボディサイドのキャラクターラインにも変化があること。

たとえばレクサスRZだと、フロントフェンダーの前方から弧を描き、そのままドアにかけて上がってゆくラインが見え、しかし今回のエレクトリファイドSUVではそのラインが「やや直線的で、上に向かうのではなく、地面と並行に近い」。

Lexus-RZ-450e-Prototype-2

そしてRZではフロントドアからリアクォーターウインドウに向かって上がってき、Jカーブを描くラインが用いられているものの、エレクトリファイドSUVではやはり「地面とほぼ並行」。

なお、レクサスはこの「フロントフェンダーから後方へと伸びるキャラクターライン」「その下を走り、リアへと向かうライン」を新しい時代の車両に取り入れるものと見え、いくつかのコンセプトカーでは同様の、しかし異なる処理を持つこの意匠を見ることが可能です。※これによって、車体の前後が分断されたかのような視覚効果を演出している

lexus-electrified-suv (1)

こちらはエレクトリファイドSUVのリアで、「LEDライトバー」といった共通性があるものの、RZと異なって「やっぱりボクシー」。

こういった相違を見るに、今後のレクサスは「これまでのレクサス」に比較し、モデルごとの性格を”より大きく”反映したエクステリアが与えられ、つまりモデルごとの差異が大きくなるのかもしれません。

lexus-electrified-suv (4)

レクサスは「エレクトリファイド セダン」も公開

そしてレクサスはエレクトリファイドSUVに加え、エレクトリファイド セダンの画像も公開。

こちらもなんら説明はなく、市販されるのかどうか、その際の名称につていも全く謎であり、ただ、フロントについては、RZそしてエレクトリファイドSUVとは異なるデザインを持ち、先端に向かって絞られた形状を持っていて、「スピンドルグリル色」が薄くなっているのが一つの特徴。

273315622_1865679793635019_165241877558141941_n

サイドから見るとそのキャラクターラインにも特徴があり、RZやエレクトリファイドSUVでは「2本のライン」にて車体の前後が分割されていたのに対し、エレクトリファイド セダンでは「1本のライン」によってそれが再現されています。

273426844_1865679740301691_1039660763683175264_n

リアセクションはぐっと提げられており、しかし小ぶりのダックテールスポイラーが装着されてスポーティーさがアピールされていますが、このテール形状はこれまでのレクサスのセダンにはないもので(どちららというと、レクサスのセダンはハイデッキだった)、かなり新鮮だと思います。

加えて、車体前後の上下左右が絞られることで前後フェンダーの張り出しが強調され、より「マッチョ」な雰囲気も感じられますね。

273370497_1865679843635014_2785495543598744819_n

合わせて読みたい、レクサス関連投稿

レクサスが「2025年までに実現を目指す」とされる新型コンセプト、LF-Z Electrified発表
【動画】レクサスが「2025年までに実現を目指す」新型コンセプト、LF-Z Electrified発表!驚くべきことにスピンドルグリルの存在感が希薄になった!!

| レクサスF-Z Electrifiedは予想したよりもスゴいクルマだった |この記事のもくじ| レクサスF-Z Electrifiedは予想したよりもスゴいクルマだった |レクサスLF-Z Ele ...

続きを見る

レクサスLF30エレクトリファイド
レクサスLF-30エレクトリファイド発表!2030年のレクサスをイメージした、「ガソリン車では不可能なレベルに達した」高級EV

| なおスピンドルグリルは立体化し、もはやボディの一部に | レクサスが、先日よりティーザーキャンペーンを展開していた新型コンセプトカー「LF-30 Elictrified(エレクトリファイド)」を公 ...

続きを見る

トヨタの電動化技術、DIRECT4
【動画】レクサスが次世代電動化技術「DIRECT4」と新型コンセプトカー発表!そして「エレクトリック時代でもスピンドルグリルは捨てない」

| ここから一気にレクサスの「巻き返し」なるか |この記事のもくじ| ここから一気にレクサスの「巻き返し」なるか |中核を担うのは「DIRECT4」ここへ来てエレクトリックに対する考え方もややシフトレ ...

続きを見る

参照:LEXUS(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5