ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

ランドクルーザーに続きレクサスLXも「納期4年」という公式発表がなされる!大人気に加えチップ不足、サプライチェーン問題が重なり、すぐにこれを解決するのは難しそう

投稿日:

レクサスLX

| ここ最近の新型車は程度の差こそあれ、納車までにはかなりの時間を要することが多いようだ |

とくにランドクルーザー、レクサスLXのように、生産能力が限られるクルマの場合はなおのこと

さて、先日トヨタは公式に「新型ランドクルーザーの納期(納車待ち)が4年程度になる」とウエブサイト上にて公表したばかりですが、今回はレクサスが「新型LXの納期について、4年程度を見込んでいる」と言及することに。

レクサスLXはその多くをランドクルーザーと共有しており、もちろん工場も同一です(トヨタ車体の吉原工場)。

ランドクルーザーの納車待ち期間が4年であれば、もちろんレクサスLXも同様の期間になることは予め想定できたものの、レクサスLXは(ランドクルーザーよりも)利益が厚いので、トヨタはレクサスLXを優先して生産し、よってレクサスLXをのほうが納期が短くなるだろう、と言われていたわけですね(実際に、レクサスLXであれば2年で来るという説明を受けた)。

トヨタが公式に「新型ランドクルーザーの納車待ちは4年」と発表!フェラーリの「2年」よりも遥かに長い納期になってしまう
トヨタが公式に「新型ランドクルーザーの納車待ちは4年」と発表!フェラーリの「2年」よりも遥かに長い納期になってしまう

| まさかここまで納車待ち期間が伸びるとは |この記事のもくじ| まさかここまで納車待ち期間が伸びるとは |販売店としては、今いちばん「売りたくない車種」かも納車まで4年もかかるのは異例中の異例とにか ...

続きを見る

ただしなんらかの事情が変わったもよう

しかしながら今回、レクサスが公的に「4年」と発表することになり、となると何らかの事情が変わったことが想定でき、考えられるのは「ランドクルーザーを注文しようと考えていたが、長い納車待ちを敬遠して発注を控えていた」人々が一気にレクサスLXへとなだれ込んだこと。

そして、レクサスLXもランドクルーザーと同じように「輸出すれば儲かる」と考えた個人や法人がドバっと注文した可能性も考えられ、当初の計画よりも遥かに多くの注文がレクサスLXに集まったのかもしれません。

L1400670

ちなみに今回、レクサスLXの製品ページに記載されている文言は下記のとおりです。

弊社車両をご検討、ご注文いただき、誠にありがとうございます。22年1月12日(水)に発表した新型LXにつきまして、ご注文いただいてからお届けするのに多大な時間を要しており、ご迷惑をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。
これからご購入をいただく場合は、お車をお届けするのに、4年程度となる場合がございます。弊社といたしましては、少しでもお客様への納期を短縮できるよう、取組みを検討して参りますので、何卒、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

LEXUS

新型レクサスNXの納車待ちは「1年」

そしてレクサスのウエブサイトを確認すると、RXについてはとくに納車待ちについて記載がないものの、NXについては「1年待ち」との記載も見られます。

NXについては発表直後から「納車まで1年待ち」と言われていたので、とくにこの状態については驚くに値しないものの、やはり驚かされるのはこれに比較してずいぶん長いランドクルーザー、そしてレクサスLXの「異常な」納期。

両者とも久しぶりのフルモデルチェンジ、そして先代に比べ大きく進歩したことからもこの人気ぶりも理解ができますが(ちなみに先代ランドクルーザーの相場はほとんど上がっていないので、ランドクルーザー全般ではなく、新型ランドクルーザーのみに人気が集中している)、ランドクルーザー/レクサスLXへとの場合は「ラダーフレーム」という(今となっては)特殊な構造を採用し、このために生産能力が制限を受けている可能性も大きそう。

加えて、これらはもともと大量に生産することを想定していない車種でもあり(構造が他の車種と大きく異なるので、トヨタ/レクサスの他の工場で生産することができない)、さらにマイクロチップ(半導体)不足、追い打ちでコロナウイルスのパンデミックによるサプライチェーン問題などが折り重なって現在の状況が引き起こされたのだと思われ、つまり「この長い納車待ちの原因はひとつではない」ところが解消の難しさに拍車をかけているのかも。

L1400631

トヨタとしてはこの状況を解決すべく最大限の努力を行ってはいるものの、トヨタだけではなんともできない問題も多く、少なくともチップ不足が解決すると言われる「2年」くらいは進展が見られない可能性もありそうですね。

合わせて読みたい、関連投稿

新型トヨタ・ランドクルーザーに試乗
新型トヨタ・ランドクルーザーに試乗!どんな無理難題を押し付けてもアッサリこなす懐の深さ、そして「大陸巡洋艦」っぷりに驚かされた

| 現時点では新型ランクル以上に快適で扱いやすく、そしてこれほどまでに高い悪路走破性を持つオフローダーは存在しないだろう |この記事のもくじ| 現時点では新型ランクル以上に快適で扱いやすく、そしてこれ ...

続きを見る

【動画】新型レクサスLXエグゼクティブを見てきた!圧倒されるほどの存在感、その価格1800万円。納車までは1年待ち、そして購入時には転売しない旨の誓約書も
【動画】新型レクサスLXエグゼクティブを見てきた!圧倒されるほどの存在感、その価格1800万円。納車までは1年待ち、そして購入時には転売しない旨の誓約書も

| 正直、ここまでの神々しさを放つクルマはそうそうない |この記事のもくじ| 正直、ここまでの神々しさを放つクルマはそうそうない |ここ最近見たニューモデルの中ではもっとも強い存在感を放っているようだ ...

続きを見る

新型レクサスNXに試乗!クルマとしての基本性能が大きく向上、そこへレクサスならではの「おもてなし」。欧州のライバルが「直接照明」だとすると新型NXは「間接照明」のような優しさだ
新型レクサスNXに試乗!クルマとしての基本性能が大きく向上、そこへレクサスならではの「おもてなし」。欧州のライバルが「直接照明」だとすると新型NXは「間接照明」のような優しさだ

| 新型レクサスNXはこれまでの「曖昧な」乗り味を一層し、自動車としても高いレベルの走行性能を誇る |この記事のもくじ| 新型レクサスNXはこれまでの「曖昧な」乗り味を一層し、自動車としても高いレベル ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5