ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■近況について

【動画】同じロッソでもこの「赤」は珍しい!ロッソ・ムジェッロのフェラーリSF90ストラダーレを見てきた

投稿日:2022/03/22 更新日:

【動画】同じロッソでもこの「赤」は珍しい!ロッソ・ムジェッロのフェラーリSF90ストラダーレを見てきた

| ブラックアクセントの多いSF90ストラダーレには深いレッドがよく似合う |

このカラーコンビネーションは「ありそうでなかなか無い」

フェラーリと言えばレッド、レッドといえばフェラーリというのが世間一般のイメージですが、じっさいのところフェラーリの「レッド」には10種類くらい(もっと?)のバリエーションがあり、ロッソ・フィオラノ、ロッソ・ディーノ、ロッソ・カリフォリニア等様々なカラーが存在します(今年に入り、2022年シーズンのF1マシンF1-75と同じ色味のレッドも追加された)。

そしてそのうち、比較的深い色味を持つ「ロッソ・ムジェッロ」を身にまとうフェラーリSF90ストラダーレをオートカヴァリーノさんにて見てきたので、ここで紹介したいと思います。

フェラーリに採用されるボディカラー「レッド(ロッソ)」の違い
フェラーリはどれだけレッドが好きなのか!現在選べるレッドは9色、そしてそれぞれの違いはこうなっている

| ポルトフィーノだと標準色28のうち、6色がレッド系 |この記事のもくじ| ポルトフィーノだと標準色28のうち、6色がレッド系 |フェラーリの「レッド」にはこんな種類があるロッソ・フィオラノロッソ・ ...

続きを見る

ロッソ・ムジェッロは複雑なデザインを持つフェラーリSF90ストラダーレによく似合う

これまでにも様々な「レッド」のフェラーリを見てきましたが、複雑なデザインを持ち、ブラックのアクセントを持つSF90ストラダーレにはこの深いレッドがよく似合うようですね。

L1420322

フロントは「ハンマーヘッドシャーク」デザイン(デザイナーのフラビオ・マンゾーニ氏はこのハンマーヘッドシャークデザインを非常に好むようだ)。

L1420410

フロントバンパーのサイド下部からはエアを排出する設計を持っています(488ピスタにてこういった構造が採用されたように思う)。

L1420407

ホイールはカーボンファイバー製、そしてボルトはチタン。

フェラーリはポルシェやランボルギーニとは異なり、周年記念限定モデル(スペチアーレ)以外にはセンターロックを採用しない傾向があるようですね。

L1420475

ドアミラーの下部はブラック、上部はボディカラー同色。

フェラーリの中ではかなりカッコいい部類のドアミラーだと思います。

L1420419

カーボンファイバー製サイドステップはいったん奥に入ってからまた外に出るというイメージ。

L1420421

ドアハンドルはフラッシュマウントで、ぐっと中に押し込んでドアのロックを解除します。

L1420423

リアフェンダー上のインテーク内部にはバーボンファイバー製のディバイダー。

L1420425

シャークフィンアンテナはちょっと大きめ。

L1420426

今見ると、このドア下部の形状は「デイトナSP3」との共通性も感じられますね。

フェラーリの最新少量限定モデル「デイトナSP3」発表!ほぼ全てが新設計された特別すぎるフェラーリ、搭載されるエンジンは「フェラーリ史上最強」
フェラーリの最新少量限定モデル「デイトナSP3」発表!ほぼ全てが新設計された特別すぎるフェラーリ、搭載されるエンジンは「フェラーリ史上最強」

| そのデザインはウワサされた330 P4だけではなく512S、412Pなどもモチーフに |この記事のもくじ| そのデザインはウワサされた330 P4だけではなく512S、412Pなどもモチーフに | ...

続きを見る

サイドからリアセクションへの流れもデイトナSP3に近いかも。

そう考えるとSF90ストラダーレの特別さが際立ってきます。

L1420496

テールランプ形状は近年のフェラーリの中においても「縦方向に圧縮されて」いてかなり独特。

なお、SF90ストラダーレ以降のフェラーリ、つまりローマや296GTBのテールランプも「上下が圧縮されている」デザインを持っています。

L1420437

リアバンパー、リアディフューザーの造形はほかのミドシップフェラーリとは全く異なるもよう。

L1420459

リアディフューザーの上下が「厚く」、かなり後ろに出っ張っているようですね。

L1420503

真横から見るとこう。

L1420504

リアフードの円形の穴は「セルジオ」から受け継いだものかも(サイズはずいぶん異なりますが)。

L1420440

【動画】世界に6台のフェラーリ・セルジオを紹介する動画!日本にも1台「レッドの個体」が保管されているらしい
【動画】世界に6台のフェラーリ・セルジオを紹介する動画!知られざる「最後のV8自然吸気」「最後のピニンファリーナデザイン」となるフェラーリを見てみよう

| 近代フェラーリの「ワンオフブーム」の先駆けになったと考えてもいいクルマ |この記事のもくじ| 近代フェラーリの「ワンオフブーム」の先駆けになったと考えてもいいクルマ |特定の個体は何度か売りに出て ...

続きを見る

リアウインドウがとんでもなく小さい!

L1420441

488ピスタ同様、テールのアッパー部と、その下の隙間から「頭」が出ている跳ね馬(カバリーノ・ランパンテ)がユニーク。

L1420450

エンジンルーム内を覗くと、エンジン本体がそうとうに低くマウントされていることがわかります(肉眼で見ると信じられないほど低い位置であるように思える)。

L1420448

ナンバープレート取付部もかなり特殊で、雰囲気的には「レーシングカーを公道走行できるよう登録するため、無理にナンバーを取り付けた」という感じ(もしかしてそれを狙っているのかもしれない)。

L1420452

そしてナンバープレートといえば、フロントは残念ながら、ナンバープレートがかなり高い位置に取り付けられています(これ以上下げると、空気の流れを阻害してしまい、エアロダイナミクス上の問題が出るので仕方がない)。

L1420403

フェラーリSF90ストラダーレのインテリアはこうなっている

そしてこちらは展示されているSF90ストラダーレのインテリアですが、ブラックレザーをベースに・・・。

L1420430

クリーム色のシート(ぼくが296GTBに選ぼうとしているのと同じカラー)。

L1420431

シートのシェルはカーボンファイバー製。

L1420469

他の画像はFacebookのアルバム「オートカヴァリーノ」にて保存中(217枚)です。

フェラーリSF90ストラダーレを見てきた際の動画はこちら

このフェラーリSF90ストラダーレが展示されているのはこちら

オートカヴァリーノ
住所:神戸市東灘区 向洋町東 3丁目6-5
TEL:078-891-7121
オートカヴァリーノ ブティックショールーム
住所:神戸市中央区新港町11-1-1F
TEL:078-335-0790

Facebook

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ, ■近況について
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5