ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ296GTB >ランボルギーニ・ウラカン ■ファッションや腕時計、雑貨など ■近況について

【動画】ルイ・ヴィトンにフェラーリとランボルギーニのキー、そしてミニカーを収めるキーボックスのパーソナルオーダーを検討中!やはりスーパーカーに「乗る」という行為を大切にしたい

投稿日:2022/03/28 更新日:

| ボクはこれまでにに様々なキーボックスを使用してきたが、今回は「一生モノ」に踏み切ろうと思う |

ルイ・ヴィトンのトランクは資産価値が高く、いずれ年をとってクルマを降りるときに売却すれば生活の足しになるのかも

さて、現在ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD、そして注文したところのフェラーリ296GTBのキーを収めるための「キーボックス」をルイ・ヴィトンにオーダーしようと検討中。

もちろんそれなりに高価ではありますが、一旦作ってしまえば今後長い間(他の車に乗り換えても)使用できること、そしてルイ・ヴィトンのボックス(トランク)は高い価値が残るので売却時にあまり損しないだろう、と考えて”思いきろう”かと考えているわけですね。

フェラーリ296GTBを注文してきたぞ!ランボルギーニ3台購入した身でもフェラーリのオーダーは異次元だった
フェラーリ296GTBを注文してきたぞ!ランボルギーニを3台購入した身でもフェラーリのオーダーは異次元だった

| フェラーリの注文システムは一般的なクルマとはかけ離れすぎていた |この記事のもくじ| フェラーリの注文システムは一般的なクルマとはかけ離れすぎていた |意外とアッサリ契約が終了してしまったが、あと ...

続きを見る

ベースとなるトランクのサイズは大小様々、種類も豊富

現在ぼくは「ペリカンケース」をキーボックス代わりに使用していて、しかし今回これをバージョンアップするということになり、新しくオーダーするキーボックスには「ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDとフェラーリ296GTBの1/43サイズのミニカー、そして両方のキー」とを整然と収めるようにしたいと考えています(これまでにはリモワやセロハリバートンをキーボックスに改造したりしてきた)。

L1420675

ちなみにルイ・ヴィトンではもともとこういったコレクションケースを販売していて、しかし今回は新規にオーダーをかけ、内外装をカスタムするというわけですね。

L1420776

そのほかこういったトランク類も存在します。

L1420748

現在、ベースとなるモデルはいくつかピックアップしていますが、最終的にその形状を決め、そして素材やフィニッシュ、さらに内装を決定してゆくことになり、まさにこのプロセスはスーパーカーのオーダーによく似ている、と思います(むしろ、スーパーカーがこういったファッションブランドに近づいてきているともいえる)。

L1420671

ちなみにルイ・ヴィトンのトランクについて、専用のコンフィギュレーターが存在し、これを使用して外装の素材や柄、フィニッシュを選ぶことができ、外装だとLVモノグラム、ダミエ、エピ、その他多数(それぞれにもいくつかカラーがある)。

L1420707

加えてカラーも相当数あるので、自分のクルマのボディカラーに合わせるという芸当も可能です。

そして内装は16色あるため、これも自分のクルマのインテリアと合わせることができるわけですね。

L1420685

そのオーダー手法はスーパーカーのオーダーと変わらない

ストライプやレターを外装に入れることができるのもスーパーカーのオーダーとよく似ています。

L1420670

さらにはこんなグラフィックを入れることも可能であり、自分のクルマの写真を渡せば、ペインターさんが絵を描いてくれるのだそう(エンブレムなど、商標権を侵害するものはペイントできない)。

こういったオリジナルペイントの価格は絵のサイズや複雑さによっても変わるそうですが(数十万年するらしい)、今だとイベント開催期間中につきなんと無料!

L1420668

今回、ボックスにウラカンEVO RWDもしくは296GTBの絵を描いてもらおうかとも考えたものの(クルマの絵を入れることは問題ないそうだ)、そうするとクルマを乗り換えたときにちょっと困ったりするので、ブルーにブラックや、オレンジそしてイエローを組み合わせたストライプを入れてもらい、そのうえにナンバーを入れるサークルを描いてもらって「9」という数字を入れてもらおうかと画策中。

L1420665

こちはアルミ製の「ツールボックス」。

L1420686

品質が高く、しっかりエッジの出たアルミ製パーツ、そしてそれにあわせた形状を持つウッド製パーツが組み合わせられ、独特の雰囲気を持っています。

L1420688

ちなみにですが、こういったトランク類のパーソナルオーダーをかけると納期はおおよそ1年ちょっと、そしてそこからペインターさんに絵を描いてもらうのに数ヶ月かかるそうなので、、今からオーダーすると、ちょうどフェラーリ296GTBの納車前辺りにキーボックスが完成するかもしれません。

L1420664

このコンフィギュレーター上では相当な種類のモデルやサイズがベースとして用意されていて、正直なかなか決めるのが難しい状況ですが、こういったホワイトのダミエ柄にブルーの内張りというのが最有力(エピレザーのブルー外装も選べるとは思うが、インパクト重視にてホワイト外装)。

内蓋に貼り付けるパッチに入れる文字も選べるようですね。

image4

こちらは「取っ手付き」で持ち運べる版(サイズを大きくすれば、自分のクルマと同じ仕様の腕時計を収めることもできそうだ)。

ちなみに内装カラーはブルーだけでも3色選ぶことができます。

なお、この状態だとキーやモデルカーを「はめ込む」ことはできませんが、そこは自分で(ホームセンターで)スポンジを買ってきてくり抜き、その上にカラーがマッチする素材を(手芸店で)購入し、自分で貼り込んで仕上げようと思います。

やはりスーパーカーを運転するというのはひとつのイベントなので、その「儀式」にもこだわりたい、とも考えているわけですね。

image3

なお、イベントでは豪勢にモエをボトルごと出してくれるという大盤振る舞い(ぼくはアルコールを飲まないのでソフトドリンク)。

L1420646

ルイ・ヴィトンへのパーソナルオーダーを検討する動画はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ296GTB, >ランボルギーニ・ウラカン, ■ファッションや腕時計、雑貨など, ■近況について
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5