ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

VWが米国市場にてジープのライバルとして知られた「スカウト」をピュアEVにて復活させトラックとSUVを発売すると発表!面白いことになりそうだ

投稿日:2022/05/13 更新日:

VWが米国市場にてジープのライバルとして知られた「スカウト」をピュアEVにて復活させトラックとSUVを発売すると発表!面白いことになりそうだ

| どこもインターナショナル・ハーヴェスター・スカウト」を買収していなかったことにむしろ驚き |

たしかにフォルクスワーゲンが「トラックを発売」というウワサはあったが

さて、フォルクスワーゲンはつい先日「ピュアエレクトリックトラックを発売するかもしれない」というコメントを出していますが、今回は公式に「インターナショナル・ハーヴェスター・スカウト」をピュアエレクトリックブランドにて蘇らせる、とコメント。

ただ、インターナショナル・ハーヴェスター・スカウトは日本市場ではあまり馴染みがなく、ここで説明しておくと、これは1960年代から1980年にかけ、アメリカではジープのライバルとして販売されていたクルマ。

「インターナショナル・ハーヴェスター」がメーカー名で、「スカウト」が車名ということになりますが、インターナショナル・ハーヴェスターは乗用車のほか、トラクターやトラックなどヘビーデューティーかつプロフェッショナルな車両を製造しており、しかし1985年に廃業することに。

ただ、そのうちトラック部門は「ナビスター・インターナショナル」として存続しており、フォルクスワーゲンは2020年にこのナビスター・インターナショナルを買収することで「スカウト」の名称使用権を手に入れたのだと思われます。

ちなみにインターナショナル・ハーヴェスター・スカウトはこんなクルマ(カスタム済み)。

1979-International20Harvester-Scout-classic-trucks--Car-101717560-74ac3403205c59f93c16e1639c44e7c3

フォルクスワーゲンがID Buzz「ピックアップトラック」発売の可能性を示唆。「電動化はすべてをリセットできる一生に一度のチャンス。やるしかない」
フォルクスワーゲンがID Buzz「ピックアップトラック」発売の可能性を示唆。「電動化はすべてをリセットできる一生に一度のチャンス。やるしかない」

| 日本では既に忘れ去られているが、欧米では未だにディーゼル不正事件による消費者の不信感が強い |この記事のもくじ| 日本では既に忘れ去られているが、欧米では未だにディーゼル不正事件による消費者の不信 ...

続きを見る

新生スカウトは「独立した新会社」に

そして今回フォルクスワーゲンが発表した内容だと、新しいスカウトはひとまずアメリカ向けとして展開され、ピュアエレクトリックブランド、そしてフォルクスワーゲンとは独立した新しい会社になるということ、さらにはエレクトリックトラックとSUVを2026年から生産開始する、ということ。

フォルクスワーゲングループのヘルベルト・ディースCEOによれば「フォルクスワーゲンブランドが米国での再建に成功した後、私たちは、EVにとって最も重要な成長市場の一つ、米国における当社の地位をさらに強化する機会を得ています。電動化によって、グループとして非常に魅力的なピックアップとR-SUVのセグメントに参入する歴史的な機会をここに提供し、米国市場で重要なプレーヤーになるという我々の野心を明確にすることになります」。

そしてこの新会社名は単に「スカウト」を名乗り、フォルクスワーゲンのバッジエンジニアリングではなく、プロトタイプの設計、エンジニアリングから生産仕様車の製造までを「独自に」行うことになるもよう。

フォルクスワーゲンによると、まずは今年末に「スカウト」が正式に設立され、2024年には新型ピックアップとSUVのプロトタイプが登場し、その後すべてが予定通りに進めば2026年にはプロダクションモデルが実際に路上を走行することに。

現時点ではどこで製造されるか(工場所在地)は不明ですが、スカウトそのものは米国を拠点とする予定だというので、その工場もやはりアメリカに置くのかもしれません。

アメリカではエレクトリックトラックがひとつのブーム

フォルクスワーゲングループのCFOであるアルノー・アンティリッツ氏は、「今年設立する会社は、フォルクスワーゲングループ内の独立したユニットとブランドになり、独立して運営されます。これは、新しいグループ運営モデル、すなわち機敏に行動し、当社の技術プラットフォームにアクセスすることで相乗効果を発揮する小規模なユニットに合致するものです」と述べており、フォルクスワーゲングループの持つ資産を活用しつつ、その国や地域にマッチしたクルマをより早く開発・製造して販売することを目指したものだと考えて良さそう(今後はこれの中国版、南米版などが出てくるのかもしれない)。

そして米国においてその存在感を示そうとなると「トラックとSUV」以外に道はなく、これはフォードがEVへと参入するに際してマスタング・マッハE(SUV)とF-150ライトニング(トラック)を、GMがGMCハマーを、そして新興EVメーカーであるローズタウンとリビアンもピックアップトラックを選択していることからも明らかです。

ハマーEV

「ハーベスター・インターナショナル」がこれまで買収されずに残っていたことにも驚きですが、フォルクスワーゲンがこれを買収したことにも驚かされ、フォルクスワーゲンが本気でトラック市場に参入するという決意のあらわれだとも捉えることができそうですね。

あわせて読みたい、トラック関連投稿

アウディ
アウディがピックアップトラックの投入を行う可能性があると公式にコメント!メルセデス・ベンツ Xクラスの二の舞にならぬためには綿密な計画が必要だと思う

| アメリカでのトラック人気を考慮すると、フルラインアップカーメーカーとしては避けて通ることはできないだろう |この記事のもくじ| アメリカでのトラック人気を考慮すると、フルラインアップカーメーカーと ...

続きを見る

さすがは何でもありの中国!長城汽車がスーパーカーとトラックを合体させた、ズバリ「スーパーカーピックアップ」を発表
さすがは何でもありの中国!長城汽車がスーパーカーとトラックを合体させた、ズバリ「スーパーカーピックアップ」を発表

| さすがのアメリカ人でもこの発想はなかったのかもしれない |この記事のもくじ| さすがのアメリカ人でもこの発想はなかったのかもしれない |やっぱり中国の自動車メーカーの考え方は一味違う中国には固定概 ...

続きを見る

【動画】テスラ最大のライバル、リヴィアンが放つ「R1T」のレビューが公開!ガソリン車では実現できない機能が満載、株価が暴騰したのも納得の新世代EV
【動画】テスラ最大のライバル、リヴィアンが放つ「R1T」のレビューが公開!ガソリン車では実現できない機能が満載、株価が暴騰したのも納得の新世代EV

| 正直、ここまでよく出来たクルマだとは思わなかった |この記事のもくじ| 正直、ここまでよく出来たクルマだとは思わなかった |おそらくはこれから販売が加速することになるだろうリヴィアンR1Tはこんな ...

続きを見る

参照:Volkswagen Group

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5