ランエボ

真っ黒い塗料でペイントされたランサーエボリューション

【動画】世界で最も黒いランエボが目撃される!可視光線の99.4%を吸収する「無双ブラック」へとペイントするとこうなる

| 塗料を開発したのは日本の光陽オリエンタルジャパン | さて、BMWは「世界一黒い」特殊塗料、バンタブラックにてペイントされたX6を発表していますが、これは”可視光線の99.965%を吸収してしまう ...

ワイルド・スピードに登場するクルマのレプリカ

【動画】スープラやGT-Rも!世界最大の「ワイルド・スピード登場車」コレクションが発見される!現在24台、35台までは拡大予定

| わずか3年でここまでのレプリカを集めたようだ | さて、カナダはアルバート州にて、ワイルド・スピードに登場したクルマのレプリカを24台も所有する男がいると話題に。なお、詳しいロケーションは明かされ ...

不朽の名車、三菱ギャラン!ダイナミックシールドを身に纏い復活すればこんなクルマに?

| ギャランはまさに「一世を風靡した」という表現がぴったりのクルマだった | さて、いつも様々な「もしも」系レンダリングにてぼくらを楽しませてくれるロシアのカーメディア、Kolesa。今回は、「三菱ギ ...

職質で麻薬の売人逮捕→家宅捜査したらスープラ、GT-R、ランエボ等45台の車、銃火器と数億円の現金を発見

| しかも犯人はかなりの日本車通、そしてカーマニアであるようだ | さて、以前に「警察が発電機泥棒のアジトに踏み込んだら、ランサーエボリューションやスバルWRX STIなどホモロゲーションモデルばかり ...

昨年、今年、そして来年「25年ルール」対象で高騰必至なのはこのクルマ!今年はランエボIII、来年はマークII三兄弟ツアラーVが最大の目玉か

| ただし盗難はノーサンキュー | さて、何かと話題の25年ルール。これはアメリカにおける法規で、「アメリカで新車発売されなかったクルマは、25年を経過しないと輸入できない」とされているもの。誠に身勝 ...

ランエボが復活したらこうなる!デザイナーがダイナミックシールド顔、ボルテックスジェネレーター付きの「ランエボ11」を公開

| このデザイナーはよく分かっている | プロダクトデザイナー、アダン・ロペス氏が「新型ランサーエボリューションが登場したら」という設定のレンダリング「ランサーエボ11(XI)」を公開。ランサーエボリ ...

警察が発電機泥棒宅を捜査→思いがけずランエボ、WRX STiなどホモロゲーションモデルばかり盗難車が26台も見つかる

| これらに目をつけるとはなかなかにいい趣味をしている | 泥棒のアジトを捜索したら思わぬ掘り出し物が出てきた、というニュース。これはスペインでの出来事で、建設現場から発電機等を盗んだカドで家宅捜査を ...

ぜひ発売して!トヨタGRスープラ”スピードスター”のレンダリングがあまりに格好良い件

| さすがのトヨタもここまでは実現できないと思われるが | CGアーティスト、JON SIBAL氏が「トヨタGRスープラ・スピードスター」のレンダリングを作製。スピードスターとは、その名の通り「スピー ...

まるで砂上のランエボ、三菱「Mi-TECH(マイテック)コンセプト」発表!ガソリンのほか軽油、灯油、アルコールも燃料にできるガスタービンPHEV

| その機能もスゴいがデザインもスゴい | 三菱が東京モーターショーにて、「Mi-TECH CONCEPT(マイテック・コンセプト)」発表。マイテック・コンセプトのキーワードは「光と風を感じながら大地 ...

TOYOタイヤがSEMAに”ワイドボディ”スープラはじめランエボ等5台のチューンドカーを出展。ポルシェ911はオフロード仕様にコンバート

| TOYOタイヤはアメリカ西海岸では圧倒的な人気を誇るようだ | ラスベガスにて開催されるカスタムパーツとチューンドカーの祭典、SEMAが開催間近。そこでTOYOタイヤが会場に展示するラインアップを ...

ガンダムか何か出すん?三菱が東京MSに出展する、クルマとは思えないコンセプトカーの画像を公開

| 三菱はこれを「小型SUV」と言うが | 三菱が東京モーターショーに向けてスペシャルサイトをオープンさせるとともに、「スモールサイズの電動SUVコンセプトカーを発表」すると発表。あわせて一枚のティー ...

【動画】ワイルド・スピードに登場した116台のランキングが完成!ブライアンのスープラ、ハンのRX-7は何位?気になる一位は?

| 1位はまさかのホンダ・シビックだが、たしかに”もっともワイルド・スピードらしい”クルマだ | いつも様々な企画で楽しませてくれるドーナツメディア。今回は映画「ワイルド・スピード」に登場したクルマの ...

ランエボ出すならまずベースモデルの「ランサー」が必要だ。「新型ランサー」予想レンダリングが登場

| 時期ランサーはルノー・メガーヌの兄弟車として登場する可能性も | 先日、三菱関係筋の話として「ランサーエボリューションが復活する」という話が出てきましたが、よく考えると現在三菱には「ランエボのベー ...

三菱「ランサーエボリューション」復活のウワサ。ニュルFF最速たるメガーヌR.S.のエンジンを搭載し、セダンボディ、4WD、341HPで登場か

| 三菱が日産に吸収された今、十分にその話はありうる | 三菱は「ランサーエボリューション」は2015年の”ファイナルエディション”をもって消滅していますが、その後ミツビシは「ランエボの復活はない」と ...

【三菱コンセプトRA(2008)】2ドア、そして未来のランエボ。もしこのクルマが発売されていたら、スポーツカー市場を根本から覆していただろう

| ある意味で、このクルマは「先を行き過ぎていた | 三菱が2008年にデトロイト・モーターショー(North American International Auto Show=NAIAS)で発表した ...

ランエボが復活するとこうなる!三菱が好きすぎるファクトリーがエクリプス顔の「ランサー・エディションR」を製作

あまりの完成度の高さにオフィシャルと見まごうほど ポーランドのラリーカービルダー、Dytko Sportがカスタムカーとして「ランサー・エディションR」を製作。Dytko Sportは実際にランサー・ ...

アメリカにて80スープラが1350万円で取引される。GT-R、スープラ、S2000の相場は1000万円オーバーが常識になりつつある状況について考えてみる

1年前は900万円、最近では1350万円。この先は? アメリカの中古車販売サイト、「Bring A Trailer」にて、80スープラが約1350万円で売買されるという事案が発生。今回の個体はレッド、 ...

2018年、「25年ルール」でアメリカに輸出可能な車はコイツらだ。「80スープラ」「ランエボⅡ」「S14シルビア」etc.

中古相場が大きく変動する可能性がある車も 2018年になれば「25年ルール」によってアメリカへの輸入が解禁される車のリスト(一部)が公開に。 アメリカには25年ルールなる独自の決まりがあり、「新車にて ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f