電動

ポルシェ911EVカスタム

ポルシェ911をレストアしEV化する会社が登場!出力は500馬力、足回りにはアダプティブダンパー装備など「パフォーマンスも一気に近代化」されることに

| 車両持込みにてEV化、価格は35万ドルから | これまでにも911をEV化するケースは多々あったが、ここまでパフォーマンスに特化したカスタムはほかにない さて、ポルシェは911のEV化に対して慎重 ...

ロールスロイス103EX

ロールスロイスCEOが「最初のEVの名称はサイレントシャドウ」だと語る。なぜロールスロイスは「シルヴァー」そして実態のないものの名称をネーミングに採用するのか?

| ロールスロイスはより静かで快適なクルマを作るためであれば「V12」であっても「エレクトリックモーター」でも構わない | コロナウイルスのパンデミックはロールスロイスに味方をしたようだ ロールスロイ ...

レクサスLF-Z

レクサスが2021年に初のPHEV投入、おそらくは新型NX「450h+」?加えて2022年には新型EV発表など今後の計画を語る

| 意外なことにレクサスはPHEVをこれまで導入していなかったようだ | トヨタ/レクサスはこれまでのハイブリッド展開による知見を活かし、遅れを一気に挽回か さて、トヨタがレクサスブランドにおける電動 ...

セグウェイが中国にて電動バイク「Apex H2」発表

セグウェイが中国にて電動バイク「Apex H2」発表!価格は宏光ミニEVの2倍以上の117万円、中国では需要のないスポーツバイク。2輪の電動立ち乗り車同様、マーケティング不足で大コケしそうだ

| どう考えても売れる要素が1ミリもない | すでに日本では忘れ去られた感のあるセグウェイ。あの2輪の電動立ち乗り車のことですが、2001の発売前にはどんなモノなのかわからないままにプロモーションが展 ...

ミニクーパー

右往左往するミニ!公式に「2025年に発売するクルマが最後のガソリン車」「2030年代はじめに完全にエレクトリックブランドへ移行」と発表。今後はシティコミューターに特化か

| これも時代の流れとしか言いようがない | さて、先日報じられた「ミニは2030年以降、エレクトリックブランドに」「2025年に発売されるクルマがミニにとって最後のガソリン車」という件。今回BMWグ ...

格安エレクトリックバイク、「 Sondors Metacycle」登場

ワンオフのカスタムバイクっぽいのに価格52万円!アルミフレーム採用の電動バイク「サンダース・メタサイクル」が予約開始!

| この価格でこのクオリティ、しかも電動バイクというのはにわかに信じがたい | さて、日本も「2030年代半ばまでにガソリンやディーゼルエンジンなど、内燃機関を積んだ車両の販売禁止を目指す」と発表して ...

GMの新しいロゴ

GMが1964年以来のエンブレムを刷新!「電動化時代に備え、我々が持つ解決策を示す」。スマホでもわかりやすいシンプルなロゴに

| 歴史の変革においては大胆なイメージチェンジが必要 | さて、GM(ゼネラルモータース)が「エブリバディ・イン」と称したキャンペーンを開始するとともに新しいロゴを公開。まず、エブリバディ・イン・キャ ...

ハーレーダビッドソン ライブワイヤー

ハーレーダビッドソンから「電動バイク」ライブワイヤー発売!価格349万円、登録は軽二輪、ただし運転には大型2輪免許が必要。現時点ではちょっと手を出せないとボクは考えている

| 本音だと、現在もっとも惹かれるハーレーダビッドソンではあるが | さて、ハーレーダビッドソンが初のエレクトリックバイク、ライブワイヤーを日本でも発売。日本仕様はCHAdeMOに対応し、5年間の走行 ...

【動画】なぜ出演したッ!ヴィン・ディーゼルが中国製電動スクーターの広告塔に。実際に見てみるとなかなかに楽しめる

| けっこうよく考えられた、優れた広告動画だと言える | さて、中国のエレクトリックバイク/スクーターメーカーのYAEDAが(ワイルド・スピードシリーズのドミニク役として知られる)ヴィン・ディーゼルを ...

ホンダ・モトコンポ復活?ホンダが「モトコンパクト」の商標を登録し、車載可能な電動バイクを発売するのではと話題に

| モトコンポは商業的には失敗だったが、イメージ的には成功だった | ホンダが7月23日付で「モトコンパクト(Motocompact)」の商標を登録したことが判明。現時点ではこれが何なのかは不明ではあ ...

ターボラグ解消に切り札!メルセデス・ベンツがF1由来の技術を使用した市販車向け電動ターボを開発し、「次世代AMGから採用」と発表

| おそらくこの「電動ターボ」は今後の主流になりそうだ | メルセデスAMGが「次世代のAMGモデルに搭載される」電動ターボ、エレクトリック・エキゾースト・ガス・ターボチャージャーとその概要を公開。こ ...

老舗ハーレーのカスタムビルダーが「Vツインエンジンはもうどこにも行けない」としてガソリンから電動へと転向。「エレクトリックのほうがチャレンジングだ」

| たしかにエレクトリックのほうが可能性は広く残されている | ハーレー・ダビッドソンをベースにしたカスタムバイクを手掛けてきたカーティス・モーターサイクルが「もうガソリンエンジンを扱わない」と表明。 ...

スバル版サイバートラック?スバルが2020年代に発売する「トヨタと共同開発するエレクトリックSUV」を公開

| モックアップとはいえどその完成度は高い | スバルは先日、中期計画のおさらいと長期計画を公表する「技術ミーティング」を開催したところですが、そこで明らかにされたのが2020年代にピュアEVとストロ ...

「世界で最も高価なキッズ用乗用車」、ブガッティ・ベイビー2発表。カーボンボディ装着の「ヴィテス」も用意され、価格は330万円から

| 時代を反映してピュアエレクトリック、そして最高速チャレンジ用の「スピードキー」も付属 | ブガッティが、おそらくは「史上もっとも高価な」キッズ用乗用電動車、「ベイビーⅡ(BabyⅡ)」を公開。これ ...

マクラーレンがキッズ向け乗用電動720Sを発売。インフォテイメントディスプレイも備える本格仕様を見てみよう

| マクラーレンのこだわりはハンパではなかった | マクラーレンが電動乗用シリーズに「720S」を追加して発売(正式名称はマクラーレン72おRide-On/ライドオン)。価格は5万5000円ほどに設定 ...

トヨタがEV普及に向けて本気を出した。スバルと共同開発EVのほか、合計6車種の発売計画、壮大なビジネスモデルを公開

| トヨタはどうやら水面下で動き、協力企業を集めていたようだ | 先日トヨタが発表した「EV重視戦略」。まずはスバルと共同にてEV専用プラットフォームを開発し、両者共通のSUVを発売する、と発表されて ...

やるやん上海!中国よりホンダ・スーパーカブをフルエレクトリックに改造した「eCUB」登場

| 中国からホンダ・スーパーカブを「フルエレクトリック」にコンバートするカスタム | 中国は上海より、ホンダ・スーパーカーブをフルエレクトリックに改造するカスタムショップが登場。 スーパーカブは世界中 ...

ベルギーのサロレアがカーボン骨格+チタンパーツ満載の電動バイク「Manx7」発売。芸術品のような仕上がりに

| 実用的なエレクトリックバイクがレースからのフィードバック技術とともに登場 | ベルギーのバイクメーカー、「サロレア(Saroléa)」がフル電動となるエレクトリックバイク、「Saroléa Man ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5