電動

次期ケイマン/ボクスターは2025年にハイパフォーマンスEVとして登場する模様。これで「EVの正当性」を主張し、911のEV化をすんなり成功させる計画か

次期ケイマン/ボクスターは2025年にハイパフォーマンスEVとして登場する模様。これで「EVの正当性」を主張し、911のEV化をすんなり成功させる計画か

| 986ボクスターによって「911の水冷化」ショックを和らげたのと同様、まず先にケイマン/ボクスターがEV化されることになりそう | ただしポルシェは911を「内燃機関搭載車」として生き残らせる方法 ...

なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ

なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ

| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクトリックスポーツ”ではずっと先を行きそうだ | 現在の親会社(吉利汽車)は「カネは出すが口は出さない」ありがたいパトロンでもある さ ...

BMWが電動バイク「Vision AMBY 」、電動アシストバイク「i Vision AMBY」発表!スマホをキー代わりに使用できるアーバンモビリティ

BMWが電動バイク「Vision AMBY 」、電動アシストバイク「i Vision AMBY」発表!スマホをキー代わりに使用できるアーバンモビリティ

| BMWは二輪にせよ四輪にせよ「アーバンモビリティ」に集中しているようだ | かたや電動バイク、かたや電動アシスト自転車 さて、BMWはミュンヘン・モーターショー(IAA)にてコンパクトEVの「i ...

フォルクスワーゲンが「最安」260万円のEV、ID.Lifeを発表!使い勝手や収納性、日常性を考慮するも「石のような」外観はちょっとナゾ

フォルクスワーゲンが「最安」260万円のEV、ID.Lifeを発表!使い勝手や収納性、日常性を考慮するも「石のような」外観はちょっとナゾ

| おそらくはテスラの発売するエントリーモデルと真っ向からぶつかることになりそうだ | ただし発売は4年先の2025年 さて、フォルクスワーゲンはエレクトリックカーブランド「ID」を展開していますが、 ...

【動画】米で人気沸騰、EVスタートアップ「アルファ」による電動トラック、ウルフが正式発表。レトロモダンなデザインに手頃な価格

【動画】米で人気沸騰、EVスタートアップ「アルファ」による電動トラック、ウルフが正式発表。レトロモダンなデザインに手頃な価格

| シルエットはレトロ、しかしディティールを見ると現代風 | ただし手に入れるには2023年まで待たねばならない さて、アメリカの新興EVメーカー、アルファ・モーター・コーポレーションが(いくつかのレ ...

え?ホットウィールがバイク発売?人力アシストも可能な電動バイク「ホットウィール X スーパー73-RX」が55万にて限定発売

え?ホットウィールがバイク発売?人力アシストも可能な電動バイク「ホットウィール X スーパー73-RX」が55万にて限定発売

| スペシャル仕様のミニカーつき、ただしすでに限定台数はすべて完売済み | 購入するには第二弾の発売を待つしかない さて、ホットウィールがエレクトリックバイク「ホットウィール X スーパー73-RX( ...

マクラーレンがキッズ向け乗用トイカー「GTライド・オン」を発売!カップホルダー、トランクも装備しもちろんライトは点灯可能、エンジン音も

マクラーレンがキッズ向け電動乗用トイカー「GTライド・オン」を発売!カップホルダー、トランクも装備しもちろんライトは点灯可能、エンジン音も

| なお価格はアストンマーティンやブガッティよりも格安の25,000円から | マクラーレンはキッズ向け乗用トイカーによって「未来のマクラーレンオーナー」を育てたいようだ さて、かねてよりキッズ向け乗 ...

中国NIOが第二のエレクトリックハイパーカー、1360馬力のEP9スピードスターを企画中?

中国NIOが第二のエレクトリックハイパーカー、1360馬力のEP9スピードスターを企画中?なお第一弾のEP9クーペは未だ納車されていないようだ

| これまでに数々のエレクトリックハイパーEVの計画が報じられて生きたが、実現したものはほとんどない | それでも次々こうやってハイパーEVの計画が出てくることが不思議で仕方がない さて、中国にてEV ...

BMW CE04

BMWがあのカッコいい電動スクーター「CE 04」を発売!その価格は約130万円、まだまだ電動バイクの値段は下がらないようだ

| もし日本でもBMW CE 04が発売されるのなら、本気で購入を検討してみたい | この未来的なスタイリングはモロにボクの好みでもある  さて、BMWが以前にコンセプトモデルとして発表したエレクトリ ...

ランチア・デルタ

ついにあのランチア・デルタが蘇る?ランチアが「3つのニューモデル」を計画中との報道、そのうちのひとつが「デルタ」だとも

| ランチア・デルタが蘇るとしても2027年、そしてEV | どう考えても、ブランド再生を考えたときに「デルタ」を活用しない手はない さて、このところ何かと周辺が騒がしいランチア、そしてステランティス ...

家庭用ブロワーにてブーストをかける「次世代電動ターボ」搭載のマツダ・ロードスターが目撃される

まさに発想の転換!家庭用ブロワーにてブーストをかける「次世代電動ターボ」搭載のマツダ・ロードスターが目撃される・・・

| ただし、実際に効果があるのかどうかはわからない | いずれにせよ、面白いチューニングであることにはかわりない これはもしかして、ブロワーでエアクリーナーボックスにエアを送り込むんですかね・・・?あ ...

トヨタが株主総会にて改めて「EV一辺倒にはならず、ガソリン車も残す」と明示

トヨタが株主総会にて改めて「EV一辺倒にはならず、ガソリン車も残す」と明示。なぜトヨタはエレクトリック化に躊躇するのか?

| トヨタは「出遅れている」のではなく、そもそもEVレースに参加する気がないようだ | メジャーメーカーの中で唯一「電動化一辺倒」ではないトヨタ、その勝算は? トヨタが株主総会にて、改めて「EVは時期 ...

ポルシェ911EVカスタム

ポルシェ911をレストアしEV化する会社が登場!出力は500馬力、足回りにはアダプティブダンパー装備など「パフォーマンスも一気に近代化」されることに

| 車両持込みにてEV化、価格は35万ドルから | これまでにも911をEV化するケースは多々あったが、ここまでパフォーマンスに特化したカスタムはほかにない さて、ポルシェは911のEV化に対して慎重 ...

ロールスロイス103EX

ロールスロイスCEOが「最初のEVの名称はサイレントシャドウ」だと語る。なぜロールスロイスは「シルヴァー」そして実態のないものの名称をネーミングに採用するのか?

| ロールスロイスはより静かで快適なクルマを作るためであれば「V12」であっても「エレクトリックモーター」でも構わない | コロナウイルスのパンデミックはロールスロイスに味方をしたようだ ロールスロイ ...

レクサスLF-Z

レクサスが2021年に初のPHEV投入、おそらくは新型NX「450h+」?加えて2022年には新型EV発表など今後の計画を語る

| 意外なことにレクサスはPHEVをこれまで導入していなかったようだ | トヨタ/レクサスはこれまでのハイブリッド展開による知見を活かし、遅れを一気に挽回か さて、トヨタがレクサスブランドにおける電動 ...

セグウェイが中国にて電動バイク「Apex H2」発表

セグウェイが中国にて電動バイク「Apex H2」発表!価格は宏光ミニEVの2倍以上の117万円、中国では需要のないスポーツバイク。2輪の電動立ち乗り車同様、マーケティング不足で大コケしそうだ

| どう考えても売れる要素が1ミリもない | すでに日本では忘れ去られた感のあるセグウェイ。あの2輪の電動立ち乗り車のことですが、2001の発売前にはどんなモノなのかわからないままにプロモーションが展 ...

ミニクーパー

右往左往するミニ!公式に「2025年に発売するクルマが最後のガソリン車」「2030年代はじめに完全にエレクトリックブランドへ移行」と発表。今後はシティコミューターに特化か

| これも時代の流れとしか言いようがない | さて、先日報じられた「ミニは2030年以降、エレクトリックブランドに」「2025年に発売されるクルマがミニにとって最後のガソリン車」という件。今回BMWグ ...

格安エレクトリックバイク、「 Sondors Metacycle」登場

ワンオフのカスタムバイクっぽいのに価格52万円!アルミフレーム採用の電動バイク「サンダース・メタサイクル」が予約開始!

| この価格でこのクオリティ、しかも電動バイクというのはにわかに信じがたい | さて、日本も「2030年代半ばまでにガソリンやディーゼルエンジンなど、内燃機関を積んだ車両の販売禁止を目指す」と発表して ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5