>ポルシェ911関連 >フォード(FORD) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

異様なディフューザー装備のBMW M8 GTE公開。6年ぶりにル・マンへ挑戦

投稿日:2017/09/14 更新日:

BMWが「M8 GTE」を公開。
これは今までレースに投入していたM6 GTLM(けっこう速かった)とZ4 GTEに代わるもので、今後ル・マン含む各種レースに参戦することになるモデル。
エンジンは4リッターV8ツインターボで市販モデルのブロックとシリンダーをベースとしており、出力は500馬力。
トランスミッションは6速シーケンシャルとの組み合わせ。

GTEクラスはGT2クラスを引き継いだカテゴリですが、参戦できるレースが少なく、そのため2017年からは世界選手権化したり,、予選でスプリントレースを開催したりしており、今後注目されるカテゴリでもあります。

GTEクラスの参戦車両としてはフェラーリ488 GTE、フォードGT、ポルシェ911 RSR、シボレー・コルベットC7R、アストンマーティン・ヴァンテージGTEなど。

2017年からリアの空力規定が変更され、そのためにリア周りが特殊な形状となっている車が多く、このM8GTEも例外ではないようですね。

今回の変更によって、どの車もディフューザーが大型化しており、たとえばフォードGtはこんな感じ(完全にとって付けたような印象)。

ポルシェも「911R」をリアエンジンからミドシップへと変更していますが、その理由の一つがこのディフューザーで、リアエンジンの場合は(エンジンの位置が車体の一番後ろなので)ディフューザーの形状やサイズの自由度が低く、しかしミドシップであればこれが比較的自由に設計できる、という利点があります(その後の911RSRの活躍は周知の通り)。

ボディやシャシーにはカーボンファイバーを多用しており、これによって重量は1225キロを達成し、じつにレギュレーションを50キロ以上下回る数字に。

デビューは来年1月のIMSAウェザーテック(北米)、WECのヨーロッパラウンドとなる予定で、ル・マンには2011年以来の挑戦を行う、としています。

大きな空力パーツが目立ちますが、いずれのパーツもBMWらしく美しくデザインされていますね。

この「外側からミラーハウジングを支える」形状はレースカーにおいてときどき見かけますが(ウラカンGT3もこの形状)、なぜこの形状なのかは不明。
ステー部分を長く取れることで整流効果(もしくはダウンフォース獲得)があるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ911関連, >フォード(FORD), >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.