■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

メルセデス・ベンツが生き残る道は誕生時と同じ「高級」路線のみ?コンセプトモデル二連発

メルセデス・ベンツはやはり優雅でラグジュアリーでないと レンダリングアーティスト、Dahye Jeong氏が「メルセデス・ベンツ・ノスタルジア・コンセプト(Mercedes-Benz-Nostalgia Concept)」を発表。ノスタルジアと名がつくものの、未来を強く意識したコンセプトカーであり、サイドの窓の視認性を鑑みるにおそらくは「自動運転」。なお、車体後部のデザインは「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ」の影響が強く見られるようです。 メルセデス・ベンツが「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6」の ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連

ポルシェ「タイカンの受注は洪水のように押し寄せてくる。大半はテスラからの乗り換えだ」

ポルシェ・タイカンの受注は予定を大きく上回る水準で推移 ポルシェ北米の社長、クラウス・ツェルマー氏がロサンゼルス・モーターショー会期中にCNETに語ったところによると、「タイカンの予約は文字通り”溢れかえって”いる。予想を遥かに超える反応だ」。以前にも欧州で受注好調だという話はあったものの、ポルシェは目標販売台数や受注台数を公開しておらず、よって「どの程度の受注があったのか」は現時点で全く不明です。 ポルシェがタイカンの受注をこっそり開始。「受注は予想より多い」←買うのはどんな人? こちらもオススメ、関連 ...

ReadMore



>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

今年62台を試乗した中で記憶に残る「ベストテン」。ナンバーワンはやっぱりあの車

更新日:

今年はそれでも7台乗るべき車が残っている

lamborghini huracan

さて、今年試乗した車の総括。
今年もあと7台試乗する予定が残っていますが、現時点で乗ったのは62台。
今年の目標は「50台」だったので、大きく予定を上回っているということになりますが、ここで今年試乗した車の「ベストテン」を考えてみようと思います。








今年上半期に心に残った車はコイツらだ

なお、今年7月にはそれまで試乗した中の「ベスト7」を選出していますが、その面々は下記の通り。

1.アストンマーティンDB11
2.スバルXV
3.メルセデスAMG E63 S 4MATIC+
4.レクサスLC500h
5.ポルシェ・パナメーラ・ターボ
6.プジョー3008
7.日産エクストレイル

今年試乗したベストテンはこちら

1.アストンマーティンDB11

25

今年のかなり早い時期に試乗した車ながらも、未だその衝撃冷めやらぬ車。
アストンマーティン初のターボ車であり、メルセデスAMGの技術が注入されたことで「アストンマーティンらしくない」と評される車ですが、なぜかぼくにとっては「今までで一番アストンマーティンらしい」を感じた車。
思えばぼくはポルシェも水冷になってから、ランボルギーニもアウディ傘下になってから入ったタイプなので、やや天邪鬼なところがあるのは否めません。

とにかく評価したいのは「踏めば暴れる」暴力的な設定、そしてあちこちに見られる「007になりきれる」演出。
速く走ること以外にも大事なことがある、ということを教えてくれた車ですね。

【試乗:アストンマーティンDB11】英国、007といった「アストンらしさ」が詰まった珠玉の一台

2.ランボルギーニ・アヴェンタドールS

DSC09888 2

これはもう文句なし、正統派ストロングスタイルのスーパーカー。
外装はもちろん、シザースドアを開けた時に目に入る「強烈に太いサイドシル」や巨大なセンターコンソールなど、乗っている時に目に入るものも全てがスーパー。

とにかく速く、しかも乗りやすいことも衝撃で、「何もかも捨ててコレ買うか」と考えてしまう車ですね。

【試乗】ランボルギーニ・アヴェンタドールS。全幅2M、価格5000万円超。何もが規格外のスーパーカーに乗る

3.アウディS1

コンパクトな車体にパワフルなエンジン、クワトロ(4WD)、そして6速マニュアル・トランスミッション。
ルノー・メガーヌRSやゴルフGTI、ミニJCWといったパワフルなFFホットハッチにはない安定感が秀逸。
新車はちょっと高いので、中古で出物があれば買ってしまうかもしれません。

【試乗:アウディS1】ホットハッチではぶっちぎりでナンバーワン、”グレート”な一台

4.シビック・タイプR

typer

驚愕の加速、そしてコーナリング性能を持つシビック・タイプR。
設置感の高さは特筆モノで、FFでここまでの安定感を誇る車は他にない、と思います。
様々なテクノロジーが投入されていますが、「全ては速く走るため」のもので、妥協のない車だと言えますね。

【試乗:シビック・タイプR】アダプティブダンパー、レブマッチはいいぞ。迷っているなら絶対に買いだ

5.シボレー・カマロ

DSC03535

あのカマロが2リッター4気筒?と驚いたものの、そのハンドリングの良さ、乗り心地の良さ、ボディ剛性の高さは驚愕レベル。
アメ車もここまできたか、と思わせる一台で、もっと高く評価されるべき車だと思います。

【試乗:シボレー・カマロ】”仲間”という名の通りフレンドリーなスポーツカー。こんなに衝撃を受けた車は久々だ

6.ジープ・ラングラー

jeep

見た目のイカツさに反し、意外や普通に乗れる車。
カスタムパーツも多く、乗れば人生が変わる、そして新たな楽しみを発見できるであろう車。
もうちょっと小回りがきけば「購入していた可能性が高い」一台です。

とりあえずみんな試乗してみて。普通に使えて夢が広がるジープ・ラングラーに乗ってきた

7.レクサスLC500h

DSC07911

レクサス入魂の新プラットフォームを採用したスポーツカー。
「レクサス」ブランドということで、どうしてもスポーツ性が低く見られがちですが、なかなかどうして素晴らしい運動性能を誇ります。
ストラットのゴツさはたぶん(ぼくの知る限り)世界一、そしてドアやトランクフードを開けると見えるカーボンコンポジット素材など「見れば見るほど唸らせる」ところ満載。

インテリアも素晴らしく、注文が殺到したのも納得の一台ですね。

【試乗:レクサスLC500h】筋肉質でエレガント、例えるなら細マッチョ。本気で欲しい一台

8.メルセデスAMG GT S

4

こちらもレクサス同様、ブランドイメージで損をしている車。
どうしても「メルセデス=高級車」というイメージがあり、スポーツカーとしての純度が劣ると考えられがちですが、AMG GT Sは完全なるピュアスポーツ。

運転した印象は「ライトウエイトスポーツ」といっていいほどの軽快感をもち、これももっと高く評価されるべき一台。

【試乗】こんなに素晴らしいピュアスポーツなのになぜ人気が出ない?メルセデスAMG GTSに乗る

9.アウディQ2

DSC09605

アウディのSUVラインアップでは最小となるQ2。
小さなエンジンを持つものの、それを感じさせない力強い走りが魅力的。
スタイル的にも適度にアヴァンギャルド、適度にスポーティ、そして適度に高級という見事なバランス。
何といってもコストパフォーマンスの高い価格設定に惹かれます。

アウディQ2に試乗。他メーカーでは「この性能でこの価格」は無理。実に「型破る」車だった件

10.ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ

DSC03333

ポルシェ911GT2RSにその座を奪われましたが、それまでは「ニュルブルクリンク最速マシン」。
試乗を申し込んで見たものの、ドアを開けた瞬間にそのスパルタンな内装を見て「これを運転するのは無理」と後悔してしまったほどの「市販車離れ」した車で、むしろレーシングカーに近い車。

しかしながら非常に扱いやすく安心して踏むことができ、高回転時のパンチは異常とも言える領域。
「やはり大排気量NAに代わるものはない」と感じさせる一台です。

【試乗:ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ】戦闘準備はいいか?織戸学選手と走ってきたぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アウディ(Audi), >シボレー(CHEVROLET), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.