ad-728





>アウディ(Audi) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

アウディA5より140万円安で高出力。今でも反則とも言えるコスパを誇るVWアルテオンに「R」追加のウワサ


| アルテオンはもともと異常に高いコストパフォーマンスを持っている |

フォルクスワーゲンがアルテオンに「R」を投入、というウワサ。
これは400馬力オーバーのV6ターボエンジンを搭載するモデルになると報じられていますが、実現するとけっこうなインパクトがあるのでは、と考えています。
というのもフォルクスワーゲン・アルテオンは現在でも相当に高いコストパフォーマンスを持っており、この上位モデルが登場するとグループ内(というかアウディ)の販売を侵食しかねない、と考えているため。

グループ内のクルマに対しても優位性があるのがアルテオン

フォルクスワーゲン・アルテオンはいわゆる「5ドアクーペ」。
まずはそのスペックを見てみましょう。


フォルクスワーゲン・アルテオン(Volkswagen ARTEON)

ボディサイズ:全長4865/全幅1875/全高1435ミリ
エンジン:2リッター直4ターボ
出力:280馬力
駆動方式:4WD(4MOTION)
トランスミッション:7速DCT
車体重量:1700kg
価格:549/599万円

日本だとグレードは「R-Line 4MOTION」「R-Line 4MOTION Advance」の2つですが、エンジンやトランスミッション、駆動方式は「一本化」され、相違としては「R-Line 4MOTION Advance」に文字通り駐車支援システム“Park Assist”、アラウンドビューカメラ“Area View”、ヘッドアップディスプレイ、デジタルメータークラスター“Active Info Display”、ダイナミックコーナリングライト、メモリーつ/マッサージ機能付きパワーシートといった先進(アドバンス)装備が与えられる、といったもの。※タイヤサイズも”Advance”だと20インチに

arteon (1)

VWのクルマはもともと価格性能比に優れる

ぼくはかねてよりフォルクスワーゲンは「脅威」だと考えていて、それは「販売台数世界一」のスケールメリットが大きく、同じグループにアウディ、ベントレー、ポルシェ、はてはランボルギーニやブガッティを有しており、技術的なフィードバックを得られること(ほかブランドにも”逆”に形で還元される)、そしてほかブランドの利益が大きいためにVWブランドでは「薄利多売」ができることが理由。
要は他の自動車メーカーから見ると「不当に安い」とも言える現象が生じるわけですね。

たとえば同じグループのアウディA5はアルテオンと同じ「クーペスタイルを持つサルーン」ですが、こちらの価格は686万円。
トランスミッションはアルテオンと同じ7AT、駆動方式も4WD。
ボディサイズは全長4690、全幅1845、全高1365ミリなのでアルテオンの方が大きく、ホイールサイズもA5は18、アルテオンは19インチなので、アルテオンのほうが大きく立派には見えると思います(にもかかわらずアルテオンはA5より140万円も安い)。

さらに「馬力あたりの価格」だとアルテオンは馬力あたり19,607円、アウディA5は27,222円と圧倒的な差が。
つまりは見える部分や数字というところではアルテオンが非常に有利ということになりますね。

arteon (4)

ただしクルマというのは「目に見えるもの」「数字」では決しないのも事実で、アウディにはVWを大きく超えるブランドバリューがあり、プラットフォームの差(A5はMLB、アルテオンはMQB)、4WDシステムの根本的な差(アルテオンはハルデックス5、A5はセンターデフ付きのクワトロ)も。※ぼくがゴルフRを高く評価しながらも購入に踏み切れないのはここに理由がある

そしてクルマを購入する人も何を重視するかで大きくその選択が変わることになりますが、それでもアルテオンが一部に対し高い訴求力を持つのは間違いない、と考えています。

今回はそのアルテオンに「さらにコストパフォーマンスの高い」「アルテオンR」登場というウワサですが、すでにプロトタイプは完成しており、「パワフルで、俊敏で、ドリフトを許容する」クルマとなっている模様。
ゴルフRについても常々「反則」に近いコストパフォーマンスを持っていると考えているものの、アルテオンRが登場すれば、セダンにおいてもそれが実現されてしまう、ということになりそうです。

あわせて読みたい関連投稿

->アウディ(Audi), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,