>シボレー(CHEVROLET)

シボレー・コルベットZR1のカスタムカー登場。ホイールを交換してラッピングしただけでここまでレーシングカーっぽくなる

このエアロパーツがノーマルだとは信じられない STRASSEホイールがシボレー・コルベットZR-1のカスタムカーを公開。ホイールを交換してブラックとオレンジにラッピングしたのみ、つまりとくにエアロパーツは装着していないものの、それでもこれほどまでに「レーシングカーっぽく見える」というのはコルベットZR-1の素性ゆえなのかもしれません。なお、ホイール銘柄はSV1ディープコンケーブFS。サイズは前後とも19インチ、幅はフロント10.5インチ、リアが12.5インチ。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

カーン・デザインがベントレー・ベンテイガV8をヴィジュアルアップデート。マットブラックのイカツいルックスに

ホイールサイズは23インチ、ルーフスポイラーは「ダブル」 セレブリティたちを魅了するチューナー、カーン・デザインがベントレー・ベンテイガの新しいカスタムを公開。カーン・デザインはエンジンや足回りなどのチューンもお手の物ですが、今回はベンテイガでもベーシックな「V8」モデルをベースとしており、コストパフォーマンスを重視してか「外観のみ」のカスタムにとどめています。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF12「クリエイティブビスポーク」SVRが目撃にベントレーもブラ ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

存在するのは多くても世界に3台。「アズーロ・ディーノ(ブルー)」を身にまとうディーノ246GTが競売に。予想落札価格は最高で4000万円

さらにめずらしい右ハンドル仕様 1972年モデルのフェラーリ・ディーノ246GTクーペが2月23日に開催のシルバーストーン・オークションに登場予定。最大の特徴はそのボディカラーで、2台もしくは3台のみしか製造されなかった「明るいブルー(Azzuro Dino)」。そのため希少価値は非常に高く、最高落札価格は4000万円に達すると見られています。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場この内容でカスタム費用「680万円」は安い ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >ポルシェ・パナメーラ関連

【動画】トップギア新シリーズでは「レイトブレーキ」にチャレンジ。一歩間違うと海に落ちるという状況で、どこまでブレーキを我慢できる?

自分だったらビビってすぐにブレーキを踏んでしまいそうだ トップギアがシーズン26のトレーラームービーを公開。この動画では「どちらがギリギリまで速度を落とさずに走れるか」というチキンレースの様子を収めていますが、ブレーキングを間違えば海に真っ逆さまという岸壁を舞台にフェラーリGTC4ルッソ、ポルシェ・パナメーラ・ターボ・スポーツツーリスモとが「ブレーキ我慢大会」を行うことに。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】キー ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリが好きすぎてこうなった。フェラーリ愛が完全に溢れまくってるガレージがこれだ

フェラーリを愛する人は多いが、ここまでくると珍しい おなじみShmee150氏が「フェラーリが好きすぎる個人コレクター」のガレージを訪問し、その様子を動画にて公開。台数は12台と「さほど」多くはなく、しかし限定モデルばかりというそのコレクション内容や、フェラーリに関連する記念品やグッズはこれまでのガレージの中でも「ピカイチ」。ここでその内容を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであろう中東のガレージが驚く ...

ReadMore

>その他アメリカ車

その名は「破壊者」。シビック・タイプRのエンジンを560馬力へチューンして搭載し、パワーウエイトレシオ「1以下」のヴァンダル・ワンが発売

ヴァンダル・ワンの中身はまんまフォーミュラカー アメリカはデトロイト拠点の自動車メーカー、ヴァンダルより”ヴァンダル”・ワン(Vandal One)なる超軽量レーシングカーが登場。これは車体重量わずか555キロ、しかしエンジンにはホンダ・シビック・タイプRの2リッターターボを搭載して標準モデルでは340馬力を発生する、というクルマ。そのパワーウエイトレシオは1.63ということになり、これは「なかなか例を見ない」数字です。 たとえば「2」を切るクルマだとケーニグセグ・アゲーラOne:1が「1」、ブガッティ・ ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

ベントレーが「世界最速SUV」の座をランボルギーニより奪還。最高速305km/h、635馬力の「ベンテイガ・スピード」を発表

ランボルギーニ・ウルスより0.8km/hだけ速い ベントレーが「ベンテイガ最速」となるトップレンジ、”ベンテイガ・スピード”を発表。ベントレーいわく、最高速度は305km/hを誇り、これによって「世界最速SUVになった」とのこと。なお、これまで世界最速SUVを掲げていたのはランボルギーニ・ウルスで、こちらの最高速もやはり「305km/h」。この数字だけを見ると「1位タイ」に思えますが、マイルにするとベントレー・ベンテイガ・スピードは190mph、ウルスは189.5mphなので、ベンテイガ・スピードのほうが ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェ70周年記年限定車「911スピードスター」最新スパイフォト。市販モデルにはやはり「タルボットミラー」は装着されないのか・・・。

もし装着されれば「パーツ」として取り寄せてカスタムする人が増えそう ポルシェ911スピードスターのプロトタイプが走行する状態を収めたスパイフォトが登場。911スピードスターはすでにコンセプトモデルが公開されており、ポルシェの「70週年記念モデル」として登場することも発表済み(911スピードスターコンセプトそのものもポルシェが登記されたその日のちょうど70年後に発表されている)。かつ、現行991世代の「最終モデル」としての意味合いも兼ねており、コレクターとしては「マストアイテム」だと言えそうです。※当然なが ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

新型ディフェンダーのインテリア画像がリーク!ステアリングホイールには「ビス風」デザイン、アクセルペダルには「GO」の文字など遊びゴコロあふれるクルマに?

久しぶりに楽しそうなクルマが登場することになりそうだ ランドローバー・ディフェンダーのインテリアと思われる画像が流出。これはTwitterアカウント「rcdesignsuk(現在はアカウント削除済み)」がアップしたもので、その真偽は不明。ただ、各部は微妙に本物っぽく、そしてアカウントが削除されていることを考えると、「やはり本物のリーク」と考えるのが妥当かもしれません(アカウント削除までを計算に入れた壮大な釣りであれば驚きますが)。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >その他イタリア車

ランチア・ストラトス復刻版「ニューストラトス」発進準備完了!まず2台が製造され、ベースとなるフェラーリ430スクーデアリアにはない「マニュアル」も用意されると発表

ここ数年で、これほどまでに「欲しい」と思ったクルマは他にない 昨年のジュネーブ・モーターショーにて「ランチア・ストラトス」の現代版である”ニューストラトス”を発表したマニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ(Manifattura Automobili Torino)。今年のジュネーブではその「市販モデル」を公開し、さらには「マニュアル・トランスミッションにも対応する」と発表しています。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF12「クリエイティブビスポーク」SV ...

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタが新型セダン「アバロン」発表。なぜトヨタは人気が低迷するセダンにこだわるのか?

投稿日:2018/01/16 更新日:

| アヴァロンはトヨタブランドのフラッグシップセダン |

トヨタがデトロイト・モーターショーにて5世代目となる「アバロン」を公開。
アバロンは一時期日本でも販売されていたものの、現在日本では導入がないモデル(初代と二代目までは販売されていた)。
生産や企画は北米トヨタで、アメリカでは「セダンの頂点」に君臨するモデルでもありますね。

今回の新型アバロンについて、トヨタ渾身の新プラットフォーム「TNGA」を使用していることが特徴で、全長4978ミリ、全幅1849ミリ、全高1435ミリ、と堂々たるサイズ。








なぜトヨタはセダンにこだわる?

2019-toyota-avalon-4

なおトヨタは北米にて「ヤリスiA」「カローラ」「アバロン」「カムリ」というラインアップを保有。
現在アメリカでは「とにかくセダンが売れない」と言われているものの、トヨタはそれでも「カムリ」に大きな期待をかけたり、と「セダン重視」な姿勢が見られるメーカーですね(それはレクサスブランドでも同じ)。

2019-toyota-avalon-3

すでに世の中はセダン離れが加速している

たとえばFCA(フィアット・クライスラー)やフォードが「セダンを廃止して、そのぶんのリソースをSUVとトラックに回す」方針を打ち出しているのに対し、トヨタは今ひとつその動きもなく、BMWやアウディが「高級SUV」に乗り出すもレクサスブランドでは具体的な高級SUVの市販化の話は無し(コンセプトモデルとして”LF-1リミットレス”は発表)。

2019-toyota-avalon-11

加えて言えば世の中がこれだけ「EV」という雰囲気なのにハイブリッドに固執しているところもあって、トヨタは「セダンとハイブリッドという、過去のトヨタを大きく成長させたカテゴリの呪縛に囚われすぎてるんじゃないか」と思うことも(頼みの綱、そして”2018年はセダンが来る”という意気込みで投入したカムリもヒットしなかった)。

2019-toyota-avalon-24

もちろん開発現場や若い社員は「SUVやEVを作らないと」と考えていると思われますが、「偉い人」が「車はやっぱりセダン」「ハイブリッドはまだまだイケる」「SUVは一過性のブーム」として新ジャンルにGOサインを出さないのかもしれず、こういった傾向(過去の成功体験から抜け出せない古い人が会社の意思決定を担う)はどの会社にでもあるのかもしれませんね。

トヨタは社長に豊田章男氏が着任して以来「大きく変わった」とは考えていますが、豊田章男社長は乗務時代に「Gazoo」ブランドを立ち上げ、自身でもレースに参戦するせいか、比較的スポーツカー重視の傾向も。
よってSUVやEVにはあまり興味がないのかもしれない、と考えたりします。

2019-toyota-avalon-7

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.