>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

メルセデス・ベンツが生き残る道は誕生時と同じ「高級」路線のみ?コンセプトモデル二連発

メルセデス・ベンツはやはり優雅でラグジュアリーでないと レンダリングアーティスト、Dahye Jeong氏が「メルセデス・ベンツ・ノスタルジア・コンセプト(Mercedes-Benz-Nostalgia Concept)」を発表。ノスタルジアと名がつくものの、未来を強く意識したコンセプトカーであり、サイドの窓の視認性を鑑みるにおそらくは「自動運転」。なお、車体後部のデザインは「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ」の影響が強く見られるようです。 メルセデス・ベンツが「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6」の ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連

ポルシェ「タイカンの受注は洪水のように押し寄せてくる。大半はテスラからの乗り換えだ」

ポルシェ・タイカンの受注は予定を大きく上回る水準で推移 ポルシェ北米の社長、クラウス・ツェルマー氏がロサンゼルス・モーターショー会期中にCNETに語ったところによると、「タイカンの予約は文字通り”溢れかえって”いる。予想を遥かに超える反応だ」。以前にも欧州で受注好調だという話はあったものの、ポルシェは目標販売台数や受注台数を公開しておらず、よって「どの程度の受注があったのか」は現時点で全く不明です。 ポルシェがタイカンの受注をこっそり開始。「受注は予想より多い」←買うのはどんな人? こちらもオススメ、関連 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

ポルシェだけではなく多くのスーパーカーが犠牲に。なぜフランス人はすぐに暴動を起こして「燃やす」のか

放火や略奪は何の解決にもならない さて、フランス・パリで起きている反政府暴動、「黄色いベスト」運動。マクロン政権の発表した燃料増税(による生活の困窮懸念)がきっかけだとされていますが、とにかくパリ市街では大規模な破壊活動が行われ、シャンゼリゼ通りにあるブランドショップのショーウインドウが叩き割られて略奪が横行したり、あちこちで放火が頻発する始末。 こちらもオススメ、関連投稿クルマ好きには見逃せない!ドライバーのためにデザインされたセイコー×ジウジアーロ腕時計が19年ぶりに復刻ポルシェ718ケイマンのキーホ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■ニュース

未来派から世紀末まで。ランボルギーニ・カウンタックやミウラの「もしも」系レンダリング9連発

クラシックランボルギーニは「IF系カスタム」の格好の標的 さて、山のように出てくる「もしも」系レンダリングですが、やはり人気なのは「過去のアイコニックなモデル」をオマージュしたもの。それらの中には、過去のモデルをそのままモディファイしたもの、はたまた現代風に解釈したもの、もしくは未来にまで行ってしまったものなどがあるようです。ここで、そういった「もしも」系レンダリングにはどんなものがあるのかを見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ・ミウラが現代に蘇ったら。デザイナーがレンダリングを公開 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルとトヨタがミドシップスポーツを共同開発?スバルはこれをBRZ、トヨタはMR2とし、次期86はロードスターと共通になると予想

スバルのミドシップスポーツは基本的に「ない」と考えるその理由 レスポンスによると、トヨタとスバルとが共同にてミドシップスポーツカーを開発の可能性がある、とのこと。もともとはスバルがミドシップスポーツカーを開発するというウワサに対し、「スバル単独でこれを開発するのは難しく、トヨタがこれに参加し、トヨタ側ではMR2としてこれを販売するのでは、という見解を示したもの。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型シボレー・コルベットはデトロイト・モーターショーでの発表ナシ?登場がまた遠のく可能性も

すでにプロトタイプが頻繁に見られるものの、発表はまだまだ? 新型シボレー・コルベットについてはウワサが絶えず、これまでにも価格やグレード、発売時期、エンジンについての話題が登場。さらには様々な予想レンダリング、キーの画像までネット上に登場し、「発表までカウントダウン状態か」というのが現状です。そして2019年1月に開催されるデトロイト・モーターショーにて新型コルベットが発表されるだろうというのが最近の定説でしたが、最新のウワサでは「デトロイト・モーターショーでは新型コルベットは発表されない」と言われている ...

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタが今後新型車に採用するトランスミッション、エンジン、4WD、HV技術を公開。燃費を18%削減可能

投稿日:

| トヨタがTNGAに基づく新型パワートレーンを公開 |

トヨタが「TNGA」にもとづいて開発された、新しいエンジン、トランスミッション、ハイブリッドシステム、4WDシステムを開発した、と発表。
これまでにないほどの盛り沢山な内容ですが、これら技術はジュネーブにて発表される「新型オーリス」へと最初に搭載されることになりそうです。








トヨタ懇親の新技術を見てみよう

今回トヨタの公開した技術は非常に多く、「無段変速機(CVT)」「6速マニュアルトランスミッション」「2.0Lエンジン」「2.0Lハイブリッドシステム」「4WDシステム」という内容。
ここでその内容を見てみましょう。

新型無段変速機(CVT)Direct Shift-CVT

おこらく今回の目玉といえるのがこのダイレクト・シフトCVT。
トヨタによる解説はこちら
CVT初の発進要ギアの採用、ワンドレンジ化、変速速度の20%向上などによって燃費を6%(けっこう大きい)向上させた、とのこと。

新型6速マニュアルトランスミッション(6MT)

これは「コンパクト」なことが特徴。
全長で従来比-24ミリ、重量で-7キロを達成し、世界トップレベルのコンパクトさだとしています。
加えてシフトチェンジ時に自動で回転を合わせる「iMT制御」を導入し、変速ショックを低減した、とのこと。
スポーツモデルというよりは、MTが好まれる欧州に向けた新型トランスミッションなのかもしれません。

6mt

新型直列4気筒2.0L直噴エンジン Dynamic Force Engine(2.0L)

名前が「ダイナミックフォース」と格好良い新型エンジン。
熱効率が世界トップレベルの40%・41%だとし、今後施行される世界中の規制もクリアする、とのこと。
特に日産やホンダが特許を取得した「可変排気量」などの複雑な技術を使用せず、加工方法といったシンプル(でも難しい)な手段を用いているようです。

2.0Lトヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)

4代目プリウスのシステムをベースに、「燃費性能はそのまま、走行性能向上」を目指した新型ハイブリッドシステム。
加速時にはエンジンの回転を落としてモーターの出力を高めるなど、力強い加速を実現しているようですね。
こちらもシンプルですが、「気持ちいい」走りを実現してくれそう。



新型4WDシステム Dynamic Torque Vectoring AWD(ダイナミックトルクベクタリングAWD)/ 新型E-Four

燃費、操縦安定性、走破性の向上を目指した4WDシステムで、文字通りトルクベクタリングを行うものですが、「左右」のトルクも可変させることができるのが特徴。
外輪のトルクを増加させることができるのであれば、これはホンダのSH-AWD、三菱AYC、ジャガー・ランドローバーの4WDシステムと同様ですね。
なおVWアウディグループの採用するハルデックス、メルセデス・ベンツの4MATICは「内輪にブレーキをかけることで」相対的に外輪のトルクを増加させるもので、これらはまた別の制御だと言えます。

加えて、センターに「ラチェット式ドグクラッチ」を設けることで2WD(FF)走行時に後輪への駆動力をカットし燃費向上を図る「ディスコネクト機構」を採用した、とのこと。

新型E-Fourでは、モーターにて駆動する後輪トルクを従来比1.3倍とし、後輪へのトルク配分を増加させて(後輪の駆動力で車体を曲げる)いるようで、全体的に「駆動力」を重視しており、ブレーキをかけるという「パッシブ」ではなく「駆動力を利用する」というアクティブな制御にフォーカスしているように思います。

さらにはこれら4WDシステムとエンジン、トランスミッション、ブレーキを統合して制御するAWD Integrated Management=AIMも採用している、と発表。

トヨタはこれら新機構を春以降に拡大

トヨタによると、今回公表したエンジンや4WDシステム、トランスミッションは春以降に搭載車種をグローバルで拡大する、とのこと。
ハイブリッド、プラグインハイブリッド、EV、FCVにおいても燃費向上が期待できるとしており、TNGAによるパワートレーンは2021年までに今回発表の4種を含むエンジン9種(17バリエーション)、トランスミッション4種類(10バリエーション)、ハイブリッドシステム6種類(10バリエーション)と投入する、と発表。

さらに2023年にはこれらTNGAパワートレーン採用モデルは新車販売のうち80%を占める台数に搭載されるとされ、これらによる燃費向上は18%を見込んでいるようですね。
トヨタによるプレスリリースはこちら

全般的に見ると、いずれも非常に高いレベルの技術を使用しており、これらを自社で開発したというのは「さすがトヨタ」。
日本においては、「クルマ好きが認めるのはマツダとスバルでトヨタ好きは素人」という風潮がありますが、ぼく自身はその全く逆で、トヨタこそがもっとも優れたクルマを作っている、とも考えているところ。
デザインはともかくとして(しかしこれが一番問題かもしれない)基幹技術や品質管理は他の自動車メーカーに比べてずば抜けていると言ってよく、国産メーカーの中で「一つだけ選べ」と言われたら、ぼくは間違いなくトヨタを選びます。

Print

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.