>その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

ポルシェが最初の市販車「356 No.1」をレプリカとして復元。第1号車はこんなクルマだった

投稿日:2018/06/02 更新日:

| ポルシェが”はじめてのポルシェ”のレプリカを製作 |

ポルシェは今年で「自動車メーカーとしての活動」70周年を迎えますが、70年前にはじめて製造した市販車が「モデル356 No.1ショーカー」。※356がはじめて「ポルシェ」の名を冠したクルマ
製作にかかった期間はおよそ2カ月で、オールアルミのボディを持つとされるものの、この車は現在「行方不明」であり詳細は不明。
その70年後にポルシェがポルシェ自らがその「第1号車」を製作し、今回の「70周年」にあわせて公開することとなっています。

6月から「ワールドツアー」に

このレプリカは当時の資料のみをもとに製作したことになりますが、そのほとんどがハンドメイドで製造され、こちらの製作に要したのは8カ月。
まずは1948年のデザインスケッチや画像をもとに3Dへとデータを起こし、そこから車体を製造することに。

ただ、レプリカ製造にあたっていくつかオリジナルから変更した点もあり、リアのボディライン、フロントのデザインなどが意図的に変えられているそう(後の量産型356や911のイメージに近づけるため?)。

porsche-first-356-replica (1)

完成したレプリカは70周年記念イベントに合わせ「ワールドツアー」へと旅立つそうですが、まずは70年前にポルシェが自動車メーカーとして認可を受けた6月8日にはポルシェ・ミュージアムでの式典に参加し、7月にはグッドウッド、9月にはカナダとアメリカを回る、とのこと。
現時点でアジアへやってくる予定はないようですが、ぜひ日本にもその姿を見せに来てほしいものですね。

↓こちらがオリジナル。レプリカは完全一致しているように見える

porsche-first-356-replica (2)

ポルシェ356はこんなクルマ

なおポルシェ356はポルシェ博士の息子である”フェリー”ポルシェによる設計。
開発は1938年にまでさかのぼることができ、フォルクスワーゲン・ビートルをベースとしたスポーツカーであったため、「ビタミン剤を飲みすぎたビートル」と表現されたことも。

今回の356 No.1はワンオフのスペースフレームにミッドエンジンというレイアウトですが、市販モデルは「リアエンジン」に。
生産は「レカロ(以前は車体の生産も請け負っていた)」に委託し、1950年に量産第1号車がラインオフしています。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.