>アウディ(Audi) >ランボルギーニのコンセプトカー等 >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

未来のランボルギーニV12はこうなる?デザイナーがアヴェンタドールの進化版を予測

投稿日:

| 技術の進歩で自動車デザインはどんどん変化する? |

CGデザイナー、Fabio Puddu氏の発表したレンダリング、「Lamborghini Aventador Terzo Millennio」。
その名の通りアヴェンタドールSVとテルツォ・ミッレニオとをかけあわせたものとなっています。
見た目のインパクトが相当に強く、実際にこういった車が発売されればかなり驚かされることになりそうですね。
ちなみにヘッドライトは薄型のLEDだと思われますが、現在多くのコンセプトカーがこういった形状のライトを採用しており、これが実用化されれば自動車デザインは大きな変化を迎えることになりそう。

「ありそうでない」レンダリングが魅力

なお、テルツォ・ミッレニオはマサチューセッツ工科大学(MIT)とランボルギーニとの3年間のパートナーシップの集大成で、フルエレクトルックハイパーカーという位置付け。
4輪それぞれにモーターを備え、バッテリーは「ボディパネルに織り込んでいる(しかも自己修復機能つき)」という新しい構造を持ち、現段階では完全なるコンセプトカー(よってスペックも発表されていない)。

なお、このデザイナー氏は既存モデルをベースに様々なバーチャルカスタムを楽しんでいて、フェラーリGTC4ルッソをベースにしたレンダリングも。
色使い(グリーンのアクセント)からするにハイブリッドをイメージしているのかもしれません。

46158664085851.5ac6503497062

こちらはアウディRS3。
パイクスピークにでも挑戦しそうな、過激なエアロパーツが特徴ですね。

d9a03064086257.5ac6524b72767

あわせて読みたい、ランボルギーニのレンダリング関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アウディ(Audi), >ランボルギーニのコンセプトカー等, >フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.