>その他の国の車

これはイカス!スペインよりクーペ風オフローダーが限定30台にて発売予定

投稿日:

| デザインはバレンシア大学の学生 |

DSDデザイン&モータースポーツが「ゴーレム」を公開。
デザインはバレンシア大学の輸送機器デザインを学ぶ学生の協力によってなされたそうですが、現段階では走行不能のクレイモデル。
ただしDSDデザインはこのままの姿で「ゴーレム」を発売するとしており、登場すればけっこうな人気を呼びそう。

ボディ形状としては「ピックアップ」に属すると思われますが、クーペ風のフロントウインドウ、そしてルーフラインを持っているようです。

限定台数は30台

なお、DSDデザインによると生産は「30台のみ」。
エンジンはV8で出力は710馬力、駆動方式はもちろん4WD。
トランスミッションは8速AT

dsd

dsd2

リアフェンダーには「GLM(ゴーレム) 01 PROTOTYPE」の文字が見られ、現状ではプロトタイプにとどまることがわかります。

リアのグラブバー形状を持つテールランプはなかなか秀逸ですね。

ほかにもある、クーペ風オフローダー

なお、クーペ風オフローダーはいくつかのメーカーが投入を考えたことがあり、代表的なのは「ラリーファイター(3500万円くらい)」。
これはもともとアメリカの会社が考えたものですが、プロジェクトがそのまま中国に買い取られ、実車が映画「トランスフォーマー」に登場していますね。

そのほかだと中東のザルーク・サンドレーサー(2000万円くらい)。
こちらも市販されると言われていたものの、現在のステータスは不明。

そのほかフォルクスワーゲン・コンセプトT(2004)、

こちらはアウディ・ナヌーク。
アウディR8ベースのクーペ風オフローダーで、アウディはかなり真剣に市販化を考えたと言われるものの、計画はお蔵入りとなったようですね。

アウディ・ナヌークのジウジアーロ版、「パルクール(やはりコンセプト)」といったクルマも。
こちらは一般を対象としたデザインコンペが実施されています。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->その他の国の車
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.