>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが1500万円をかけてカスタムした「600LT ステルスグレー」公開。カーボンにオレンジアクセント

投稿日:

| マクラーレンが”MSO”カスタムの600LTを発表 |

マクラーレンが自社のカスタム部門、MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)にて特別に仕上げた「マクラーレン 600LT ステルス・グレー・バイ MSO」を公開。
実車はモンタレー・カーウィーク開催中に行われる「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にて公開する、と発表しています。

マクラーレン 600LT ステルス・グレー・バイ MSOカスタム費用は1500万円

このマクラーレン 600LT ステルス・グレー・バイ MSOにかけられた費用はおおよそ1500万円程度で、その多くを占めるのはカーボンファイバー。

mclaren-600lt-by-mso (7)

マクラーレンは「LT」シリーズについて、「パフォーマンス向上」「軽量化」「エアロダイナミクス向上」を掲げており、600LTもそれに従って570Sから大きくアップグレード。
それに伴いカーボンファイバー含む軽量素材がもともとふんだんに使用されているものの、今回さらに追加された、ということに。

mclaren-600lt-by-mso

今回マクラーレン 600LT ステルス・グレー・バイ MSOにカーボンファイバーが採用される部位としてはドアミラー、フロントフェンダールーバー、フロントスプリッター、リアディフューザー、リアデッキ、サービスカバーといったところがメイン。

mclaren-600lt-by-mso (8)

ホイールは10スポーク、グロスブラック仕上げ。

mclaren-600lt-by-mso (13)

アクセントは「マクラーレンオレンジ」。
ともに用いられているストライプはマットブラックで、カーボンファイバーとの質感や光沢におけるコントラストも楽しめそうです。

mclaren-600lt-by-mso (3)

なお、マクラーレンのカンパニーカラーは「オレンジ」。
よって、こういった「特別な」モデルをオーダーする場合、マクラーレンへのリスペクトとして、どこかにオレンジを入れるといいかもしれない、と思います(ぼくはけっこうそういったことを気にする)。※発表の場が北米なので、法規に合わせてフロントサイドウインカーもオレンジ

マクラーレンの企業カラーは実はオレンジ。もうオレンジがレースで復活することはない?

サイドのウイングレットには「600LT」バッジ、そしてやはりオレンジ。
マクラーレンはいずれのモデルにおいてもこの「立体」バッジを用いており、多少なりとも空気抵抗や重量増加につながることを考えると、「ステッカーのほうがいいのに」と思うことがあります。

mclaren-600lt-by-mso (1)

なお、ポルシェ911GT3系、アストンマーティン・ヴァルキリーは軽量化のためにエンブレムまで簡素化していて、しかしマクラーレンの場合は(フェラーリ、ランボルギーニも同じですが)そこまでは追求していないようですね。※軽量化が達成できる反面、見た目の高級感が損なわれるので、エンブレムのデカール化は二律背反的な要素も含む

アストンマーティン・ヴァルキリーの出力と重量が判明。「フロントのエンブレムは数ミリグラムしか無い」

フロントエンブレムもやはり「バッジ」。

mclaren-600lt-by-mso (2)

このあたりはいかにも「ステルス」。

mclaren-600lt-by-mso (6)



マクラーレン 600LT ステルス・グレー・バイ MSOの内装を見てみよう

マクラーレン 600LT ステルス・グレー・バイ MSOのインテリアには、例の「一脚3キロしかない」マクラーレン・セナと同じカーボン製シートが装着され、そしてドアインサートパネルやセンタートンネルもカーボン製に。

エクステリア同様、インテリアにも「オレンジ」がステッチで再現されていることがわかります。

mclaren-600lt-by-mso (12)

MSOクラブスポーツパッケージProに含まれるハーネスバー、6点式シートベルトも装備し、センターコンソールには専用バッジも。

mclaren-600lt-by-mso (11)

ペダルにも「600LT」のロゴ。

mclaren-600lt-by-mso (10)
マクラーレンは、時折こういった「カスタム」車両を公開していますが、これらは「こういったことがメーカー直系カスタムで可能」という好例でもありますね。

よってマクラーレンでは「購入時にMSOによってカスタムする」のが当たり前となっているようで、ここはほかメーカーと大きく異なるところ(ほかメーカーもマクラーレンに倣う傾向にある)。
そして、この「メーカー直系カスタム」がブランドの利益を大きく押し上げることになると思われますが、「販売数を絞り、希少性を維持せねばならない」スーパースポーツカーメーカーにおいて、一台あたりの利益をいかにしてあげてゆくか、というひとつの見本だとも言えそう。

マクラーレン720Sは2018年分が完売。「2台一緒に買う顧客が多い。1台は即納用、2台目はカスタム用としてだ」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.