>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

「もっとも安価な」メルセデスAMG、”A35”発表。上位モデル譲りの装備、過激エアロにて登場

投稿日:2018/09/19 更新日:

| もっとも安価なメルセデスAMGモデル、A35 4MATICが登場 |

メルセデス・ベンツが「メルセデスAMG A35 4MATIC」を発表。
言わずと知れた、新型Aクラスのホットモデル、「AMG版」となりますが、エンジンは2リッター4気筒ツインスクロールターボにて306馬力を発生。
トランスミッションは7速デュアルクラッチ(AMGスピードシフトDCT 7G)、駆動方式はもちろん4WD(4MATIC)。
0-100km/h加速は4.7秒、最高速度はリミッター作動にて250km/hと発表されています。

実車の公開はパリ・モーターショーにて行い、発売は2018年10月、納車は2019年1月から。

エントリーといえども立派なAMG

メルセデスAMG A35 4MATICは「AMGでもっとも安価」なモデルとなりそうで、この上には将来的に(先代Aクラスで投入されたように)AMG A45が投入される予定。
しかしながらA35の開発はA45と同時に行われたといい、A45譲りの装備も多く持つようですね。
主な変更内容としてはおおよそ下記の通りで、ほかのAMGモデルとおおよそ共通するものとなっています。

・エンジン変更(M206)
・エアロパーツ装備
・ハイパフォーマンスブレーキ装備
・スポーツステアリング装備
・AMGエキゾーシステム装着
・フロントセクションの補強
・AMGライドコントロールサスペンション装備
・AMG DYNAMICS装備
・軽量アルミ製ナックル採用
・AMGスポーツシート他専用インテリア採用

なお、AMGとメルセデス・ベンツは年々その関与を深めており、たとえば新型Gクラスにおいては(AMGではない通常モデルの)フロントサスペンションをAMGが設計。
そして新型CLSについても、その設計をAMG GT 4ドアクーペと共有するなど、両者の乗り入れがこれまで以上に強化されているようですね。

mercedes-amg-a35 (6)

そして新型Aクラスにおいても、設計段階からAMGが関与しているといい、たとえ通常モデルであっても、新型Aクラスは高いポテンシャルを持っている、と言えそう。

よって設計段階から関与したAMGは「Aクラスを知り尽くしている」ということにもなり、AMGモデルとしてグレードアップするにも効果的、かつ効率的なチューンを施すことが可能だとも考えられます。

mercedes-amg-a35 (2)

メルセデスAMG A35 4MATICでは「ターンイン」を重視したとされ、エンジンの下側にはボルト留めにて「シェアパネル」を追加し強度を向上。
加えてカナードを追加するなど、接地性を高めているようですね。
なお、カナードつきの市販車はかなり珍しく、しかもこれは「AMGのエントリーモデル」で、それを考えると今後のAMGはこういった過激なエアロパーツを装着してくることになるのかもしれません。

mercedes-amg-a35 (5)

メルセデスA35 4MATICのフロントグリルはスリーポインテッドスターの両脇に二本のクロームラインが用いられ、フロントスポイラー、カナード(エアロフリック)、左右グリル内のルーバーがグロスブラックに。

mercedes-amg-a35 (3)

ホイールは18インチサイズで、サイドステップにもブラックのアクセント入り。

mercedes-amg-a35 (8)

テールパイプはラウンド左右二本出し、そして両サイドのダクトに配置されるルーバー、新たに追加されるリアディフューザーもグロスブラック。

mercedes-amg-a35 (9)

リアスポイラーは、通常のスポイラーの上に載るように「二段重ね」。



新型メルセデスAMG A35のインテリアはこうなっている

インテリアだとおなじみの最新インフォテイメントシステム「MBUX」も装備。
エアコン吹き出し口の内部カラーは「イエロー」となっているようですが、これはボディカラーとマッチしたカラーが採用されるのか、アンビエントランプと連動した発光色となるのかは不明(エアコン操作と連動するとは思われる)。

ステアリングホイールは新世代の「AMGステアリングホイール」で、タッチ式コントロールボタンを装備しています。

mercedes-amg-a35 (1)

もちろんドライブモードも備え、これは「スリップリー(滑りやすい路面用)」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディビデュアル」の5つに変更でき、モード変更によってエキゾーストサウンド、スロットルレスポンス、トランスミッションの反応速度やシフトタイミングが変更される、とのこと。※アダプティブダンパーはオプション

加えてハンドリングとESPとを統合制御するAMGダイナミクスも導入され、これは「ベーシック」「アドバンスト」の二種に変更が可能。
ステアリングホイールの切れ核に対する反応やダンピング、ABS介入のタイミングを変更できるようですね。

mercedes-amg-a35 (7)

VIA:Mercedes-Benz

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■ニュース
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.