>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

初代ビートルの最終限定モデルへのオマージュ!ザ・ビートルに「ファイナルエディション」登場

投稿日:

| 残念ながら販売はアメリカのみ |

フォルクスワーゲンが「ザ・ビートル」の生産終了への餞(はなむけ)として「ザ・ビートル・ファイナル・エディション(The Beetle Final Edition)」を発表。
これは「ザ・ビートル」「ザ・ビートル カブリオレ」両方に設定されるもので、そのデザインイメージは2003年に初代ビートル(タイプⅠ)が生産終了する際に設定されたファイナルモデル(Última Edición)。

なお、当時のÚltima Ediciónはこんな感じ。

Last-OG-Volkswagen-Type-I-Beetle-Ever-Produced-Circa-2003-Mexico-610x458

VWはビートル・ファイナルエディションに専用ボディカラー、内装色を用意

01726126-2019_beetle_convertible_final_edition-0006

今回オフィシャルフォトにて公開されたボディカラーは「サファリ・ユニ(Safari Uni)」と「ストーンウォッシュド・ブルー(Stonewashed Blue)」ですが、このほかにもピュアホワイト、ディープブラックパール、プラチナムグレーが選択可能だそう。

d6ff42e4-2019_beetle_convertible_final_edition-0011

インテリアだとダイヤモンドステッチの入る専用シートや専用カラーのダッシュボード、アルミ製ペダル、アンビエントランプ等が特別に与えられます。

53f20b54-2019_beetle_convertible_final_edition-0002

インテリアカラーやオプションの選択肢については詳細不明ですが、画像を見るにいくつかのパターンがある模様。

9c7eac30-2019_beetle_convertible_final_edition-0013

左のビートルはなかなか魅力的なホイールを装着していますね。

3e6a3f65-2019_beetle_convertible_final_edition-0015

おそらく撮影場所は「メキシコ」で、1949年辺りから2003年まで生産を行っていたメキシコ工場へ経緯を払ったものだと思われます。

5d507925-2019_beetle_convertible_final_edition-0016

現行「ザ・ビートル」は2019年で販売を終了し、日本においてもそれは同じ。
比較的有名なクルマなので「売れている」印象があるものの、フォルクスワーゲンにとっては「全体的には売れていない」整理対象車種に入ってしまい、ディーゼル不正事件に関して補償金などで多額の出費が必要になったために「生産打ち切り」となっています。

36a89ae2-2019_beetle_convertible_final_edition-0004

ただ、初代ビートルは「世界で最も多くの台数を販売したクルマ」でもあり、フォルクスワーゲンも一つのアイコンとしてとらえており、だからこそ1年の余裕をもって販売終了をアピールし、さらにこういった記念モデルが出てくるのでしょうね。

8350f7d7-2019_beetle_convertible_final_edition-0018

今回ザ・ビートル販売終了後の「後継モデル」がどうなるのかは不明ですが、フォルクスワーゲンとしては「EVでビートルを蘇らせる」計画も持っており、いずれは「復活」してくれるものと考えています。

VWビートルがEV、しかも4ドアで復活?「RR→FF→EV」と内容を変えながらも存続する珍しいクルマに

なお、日本でもビートルの販売終了を惜しむ声が多く、フォルクスワーゲンは「See You Beetle」キャンペーンを開催しており、様々なグッズの販売や購入キャンペーンの実施、限定モデルの販売も行っていますね。

ちなみに今回のザ・ビートル・ファイナルエディションについては「アメリカ国内のみ」の販売だとされているものの、今までの例から鑑みて、仕様や名称を変更し日本国内でも販売されるかもしれません。

VW日本がビートル終売に向けた限定モデル第二弾「The Beetle Exclusive(ザ・ビートル・エクスクルーシブ)」発売

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.