>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型スープラ「米国納車第一号」が競売へ。ボディカラーはマットグレー、ホイールはブラック、ミラーはレッド

トヨタが公式に新型スープラをオークションへ出品。画像も公開 トヨタUSAが新型スープラの発売にあわせ、2019年1月19日にアリゾナにて開催されるオークション(バレットジャクソン主催)にて、「アメリカ第一号」のスープラを出品する、と発表。※スープラの発表自体は1/14さらにこの落札代金は、9/11テロにおいて(軍人や消防士など、救助活動にあたり)負傷した人々とその家族の救済に充てられる、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿まさかの2000GTも!トヨタ各車に加えホンダNSXやS2000の「もしも」系レン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2RSはなぜ「王の中の王」たりうるのか?裏側から技術的に解説してみた

ポルシェ911GT2RSの裏側はこうなっている。クルマの表より裏側が好きな人は必見 ポルシェ911GT2RSは言わずとしれた「ニュルブルクリンク王者」であり、ポルシェ911の頂点に君臨する「王の中の王」。これまでも数々のレビューが公開されているものの、今回ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)がTPCレーシングのガレージを訪問し、整備中の911GT2RSを使ってその構造を説明しています。 こちらもオススメ、関連投稿光の速さで登場。新型ポルシェ911「スピードスター」「カブリオレ」のもしも系レンダリング ...

ReadMore

>フォード(FORD) >その他アメリカ車

知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシップ化されるチャンスが過去にあった!

ダッジ・ヴァイパーのミドシップ化プロジェクトは「フォードGT」となって結実したとも言える こちらもオススメ、関連投稿FCAが公式にヴァイパー後継を否定。「そんなものは無い。そのカネも無い」またまたレアカーが競売に。車とは思えない形をしたコンセプトカーなど5台が登場【動画】コルベットをベースにした「ジェノベーションGXE」市販モデル公開。EVなのにMTも用意、すでにギネス最速記録も保有新型コルベットにはまだまだ秘密がある?今度はミドシップ化に伴い「放熱エンジンフード」をパテント登録新型コルベット怪情報。「名 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

【競売】スープラ、RX-7、NSXなど90年代のドリームカー、そしてバブルの象徴「AMGワイドボディ」も!個人コレクション140台が出品予定

| 世界中の希少なコレクターズカーが一気に140台も競売へ | 1980-1990年代のクルマを中心とした「ネオクラシックカー」140台のコレクションが一斉にオークションへと登場予定。 これはRMサザビーズが2019年に何回かに分けてオークションを開催すると発表したもので、そのタイトルも「ヤングタイマー・ドリームガレージ(youngtimer dream garage)」。 内容としてはメルセデス・ベンツ34台、BMWが27台、ロールスロイスが12台、ベントレーが11台、ポルシェが8台、ジャガーが8台、フ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが新しく570Sの限定モデルを発表。輝かしいモータースポーツの歴史を反映し、6台のみが製造

マクラーレン創業者の誕生からレース黎明期、1995年のル・マン制覇まで マクラーレンが570Sと570Sスパイダーをカスタムした新限定モデル「レーシング・スルー・ジ・エイジス(Racing Through the Ages)を発表。これはマクラーレン・ビバリーヒルズがマクラーレンのカスタム部門「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)にオーダーして特別仕様へと仕立てあげたもの。 ボディカラーは3色で、「ムリワイ」「パパイヤスパーク」「サルトグレー」の三色で、いずれもマクラーレンのレーシングヒス ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

1966年に新車で購入して以来、毎日乗られてきたビートルがVWによって無料でレストアされることに

走行したのは57万キロ、51年 1966年に新車で購入されて以来、51年57万キロを走り抜け、いまだに現役を続けるフォルクスワーゲン・ビートルが存在。この持ち主はキャスリーン・ブルックスさんという女性で、がん患者のケアを行う施設に勤務している、とのこと(彼女自身、3度の肺がんを克服している) こちらもオススメ、関連投稿VWも中国専用ブランド「SOL」発表。”太陽”の名の通りクリーンエナジーに特化クルマ好き向けバレンタインチョコ4選。レーシングカー型、工具型など1233馬力のゴルフ続報。ハルデックス4WDに ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】1990年、日本の高速道でフェラーリF40を320km/hで走行させた男がいた!これがその証拠動画だ

まさかの公的出版物(ビデオ)に収録されていた ここ最近、日本において頻繁に「速度違反最高記録」が塗り替えられており、ダッジ・チャレンジャーの時速235キロ、トライアンフ・デイトナ675SEの時速237キロ、そして最近だと日産GT-Rの時速280キロが記憶にあたらしいところ。 そしてこういったニュースが出るたびに語られるのが「昔発売されたビデオの中で、フェラーリで時速300キロ位上出してたヤツがあったよな」という話。 こちらもオススメ、関連投稿フェラーリ5大スペチアーレ、20台以上のハイパーカーを収める個人 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

新型ポルシェ911開発責任者、そしてデザイナーが語る。「911ほど相反する要素が同居するクルマはほかにない」

新型ポルシェ911の開発期間はおおよそ4年 ポルシェのオーナー向けコンテンツ、「クリストフォーラス」にてさっそく新型911の特集が組まれることに。この中ではポルシェのエクステリアデザイナー責任者であるペーター・ヴァルガ氏、そしてインテリアデザイナーのイヴォ・ファン・フルテン氏へのインタビュー、そして911の開発責任者であるアウグスト・アハライトナー氏へのインタビューが紹介されています。 こちらもオススメ、関連投稿新型ポルシェ911カレラ(992)発表!911カレラSの加速性能はランボルギーニやマクラーレン ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ブガッティ・ヴェイロンの燃料タンク交換にかかる費用は480万円。ターボを交換すれば900万円

ハイパーカーは買うのも大変だが、維持するのも大変だ ブガッティ・ヴェイロンのパーツリストの一部と工賃表がネット上にアップされ、そのあまりの高さが話題に。そしてパーツ価格としてもっとも高価なのは燃料タンクで、そしてブガッティはトラブルの事前防止のために「敵的な燃料タンクの交換」を行うよう定めており、「定期メンテナンス」として燃料タンクを交換する必要があるために、いずれのオーナーも「将来的に直面する問題」だと言えそう。 なお、スーパーカーはよく「燃える」という話を聞きますが、この原因の一つは燃料タンク含むフュ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ●アウディTT(8S) ■ニュース

誰か買ってあげて!ボクが以前に乗っていたアウディTTが値下げして販売中

カーチス南港(大阪)にて販売中 ぼくは今年の8月までアウディTTに乗っていましたが、そのアウディTTがカーチス南港にて販売中(売却したのはカーチスなので、そのままどこにも流れずにカーチスで販売されていることになる)。ちょっと前までは399万円で販売されていたのですが、最近見てみると379.9万円にまで値下げされていて、ちょっとだけお買い得になっています。 こちらもオススメ、関連投稿アウディTTの引き渡し前に最後の洗車。今までで一番丁寧にメンテナンスして送り出すことにアウディTT(8S)買った。なぜTTなの ...

ReadMore



■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■ニュース

マツダ「最初のEVは2020年登場、既存モデルとの関連性はない」「EVよりもガソリン、ディーゼルに注力する」

投稿日:

| マツダは電気自動車の夢を見ない |

マツダはロサンゼルス・モーターショーにて新型Mazda3(アクセラ)を発表していますが、その会期中に、マツダのデザインを管理する前田育男常務執行役員がAutocarに対して語ったところだと、「マツダ初のEVは2020年に登場予定で、既存モデルをベースとしない、独立したモデルになるだろう」とのこと。
加えて「あまりに”デジタル”な外観にはしたくない」とも語っており、「独立したデザインを持つものの、行き過ぎない」という微妙なモデルになりそうです。








マツダ・ヨーロッパのデザイン部門のボスは新任

なお、マツダ・ヨーロッパのデザイン部門を管理するのはJo Stenuit氏で、10月28日に着任したばかり。
同氏はマツダ・ヨーロッパで20年間デザイナーを努めてきたという叩き上げで、これまでにもHakaze(2007)、Kiyora(2008)、先代アクセラ、最近だとCX-7の内装デザインを率いた人物。

マツダ・ヨーロッパのデザイン部門を統括していたケビン・ライス氏は8月末にマツダを去って(中国の奇端汽車へと引き抜かれて)いますが、その後任が、このJo Stenuit氏というわけですね。

どうするマツダ!欧州のデザイン責任者ケビン・ライス氏が中国の奇端汽車に引き抜かれる

そのJo Stenuit氏がさらにマツダのEVデザインについて触れ、「どこぞの自動車メーカーみたいに冷蔵庫みたいな外観にはしたくない」とも語っており、これはフォルクスワーゲンの「I.D.」や、ホンダ「アーバンEV」を指しているのかもしれません。

ただ、マツダの新型EVについて現時点では具体的な話は見えてこず、しかしトヨタとの提携を通じて「トヨタの技術を利用した」EVとなるのは間違いなさそうです(ただしマツダはトヨタとの提携前から自社単独で新型EVの開発を行っており、新型EVは完全にトヨタの技術によるものではないと主張)。

マツダとトヨタが資本提携。マツダはこれで「電気と海外生産」という弱点を克服し一気に飛躍か

一方でマツダはCarAdviceのインタビューに対して「ガソリン、ディーゼル、ロータリーに引き続きフォーカスする」とも語っており、マツダ本体では内燃機関の追求を、トヨタ(とデンソー)とのベンチャーについてはエレクトリック技術を追求してゆくということになりそうですが、マツダはロータリエンジンやガソリンエンジンに関する特許を多数取得しており、ガソリンエンジンにもまだまだ未来はあり、ハイブリッドよりもクリーンなクルマを作れる、としています。

マツダとトヨタが資本提携。マツダはこれで「電気と海外生産」という弱点を克服し一気に飛躍か

ただ、マツダのパワートレイン担当、廣瀬一郎常務執行役員は「たしかにエレクトリック化の波は避けられない。ただ、エレクトリック化が重視されるのは一部の国であり、ほかの国々では内燃機関のほうがアドバンテージを持つ」とのこと。
さらには現行のエンジンよりも30%は効率的な内燃機関を作れると述べており、まだまだガソリンエンジンを「諦めない」ようですね。



ちなみに一時、自動車業界では「アルミフレーム」が大流行し、多くのメーカーがアルミフレームの採用に移行。
アウディはその最たる例で、しかしそんな流行の中でもポルシェが「まだまだスチールに可能性がある」と主張し安易にアルミフレームへと移行しない方針を示しましたが、実際のところ現在はスチールフレームのほうが軽くて頑丈な場合があり、そのアウディもスチールフレームへと回帰している状態。
アウディは1994年、オールアルミフレーム「ASF(アウディ・スペース・フレーム)」をA8に採用していて、このときのASFの定義は「オールアルミ」。
しかし時は流れて新型A8ではスチール他の複合素材も使用しており、「ASF」は今では「複合素材による軽量フレーム構造」へとその定義を変えています。※アウディ自身、現代において、ASFとは必ずしもアルミフレームを意味しないというステートメントを発表。

こんなコンセプトカーもあった。「オールアルミ」表現のため全身ポリッシュ仕上げの「アウディASFコンセプト」

こういった事実を見るに、もしかすると一斉に今は「エレクトリック」を向いている自動車業界にも「ガソリンエンジン回帰」のトレンドが訪れる可能性があるのかもしれません。

なお、「スチール回帰」となったのはスチール加工技術の向上など技術的な進歩があったからですが、同じようにガソリンエンジンについても技術的ブレイクスルーがあれば、「ガソリンエンジンのほうがいい」となるのかもしれない、と思います。

とくにマツダが得意とするコンパクトカー市場では、ハイブリッドは高価になりすぎるということもあり、「より安価なガソリン(ディーゼル)エンジン車が好まれる」のも確か。
そこで、「ハイブリッドよりもクリーンで燃費がいい」内燃機関車を発売すれば、当然ながら「競争に勝つことができる」というのがマツダの目指すところなのでしょうね。

そして、マツダが「EVは既存モデルをベースとしない」と語るのは、もし「EVがコケたとき」にベースモデルのイメージまで損なうことを嫌ったからなのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >マツダ(MAZDA), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.