>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

これがランボルギーニ・ウラカンEVOの全ボディカラーだ!マットやヒストリックカラー含めて全40色から選択可能

投稿日:2019/01/08 更新日:

まさに過去のランボルギーニの人気色フルラインアップ

さて、発表されたばかりのランボルギーニ・ウラカンEVO。
発表と同時に公式ウエブサイトが更新されるのはもはやランボルギーニの常だと言えます(全世界同じタイミングで更新が行われる)。

そしてさっそくカーコンフィギュレーターが公開されており、ボディカラーやオプション、装備が明らかになっていて、ここでウラカンEVOにはどういった選択肢があるのかということを見てみましょう。

ウラカンEVOのボディカラーはこうなっている

EVOのボディカラーはなんと40色が選択可能。
中には追加費用が必要なものもありますが、ウラカン登場時はここまでの選択肢はなく、これも多様化するニーズに対応するためなのでしょうね。

もちろん、この「40色」に不満があれば、ランボルギーニのパーソナリゼーションプログラム「アドペルソナム」で自由に色を調合することも可能です。

ソリッドカラーは5色

ソリッドカラーはNero Noctis 、 Nero Noctis 、 Verde Scandal 、Blu Glauco 、Blu Le Mans(並び順) が揃いますが、なんとミウラに採用されていたボディカラー「ヴェルデ・スキャンダル」が登場。
ぼくの大好きな「ブルー・ル・マン」も選べるようになっています。

evo1

メタリックカラーも5色が選べる

そしてメタリックカラーは Nero Helene、 Bianco Icarus 、Grigio Lynx 、Grigio Nimbus 、Rosso Mars 。
これらは「今までどおり」ですね。

「パール」はオレンジ、イエロー多し

パールのラインアップはかなり多く、 Arancio Borealis、Arancio Xanto(ウラカンEVOのイメージカラー) 、Arancio Argos、Giallo Inti、Giallo Tenerife、Verde Mantis、Verde Ithaca、Balloon White、Grigio Telesto、Blu Cepheus、Blu Aegir 、Viola 30° 、Viola Pasifae 。

これまでの人気カラーも揃っていて、たとえば「バルーンホワイト」はガヤルドで初採用されたボディカラーですが、これは日本人のオーナーによるオーダーで調合され、その後標準色に加わった、と言われています。

EVO4

そして「イエロー」「オレンジ」が多いのもランボルギーニの特徴で、これは「フェラーリが、レッドばかりを微妙に色味を買えて何色も揃えている」のと同様、ランボルギーニを象徴する色として推してゆきたいのかもしれません。

なお、ディアブロSEに採用されたパープル「 Viola 30° 」もラインアップされ、まさにウラカンEVOのボディカラーは「オールスター」といった感じです。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/46602632732/in/dateposted-public/

マットペイントは選択肢が増加した

そして欧州では非常に高い人気を誇ると言われるマットカラー。
当初の「ブラック」「ホワイト」から「オレンジ」「イエロー」とその幅を広げ、ウラカンEVOでは11色が選択可能に。

ラインアップは Nero Nemesis、Bianco Canopus、Marrone Apus、Arancio Anthaeus、Giallo Horus、Bianco Phanes

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/39690182343/in/dateposted-public/
EVO7

スペシャルメタリックは6色から

そして「スペシャルメタリック」なるカラーもラインナップされますが、これはラメのような輝きを放つ「グリッターカラー」や、アルミフレークを用いた高輝度塗装だと思われます。

以上、ランボルギーニ・ウラカンEVOのボディカラーですが、非常に多くの選択肢があり、購入時にはこれまでになく迷ってしまいそう。
あわせて内装色の選択肢も増えていて、「スポーティーにも」「シックにも」カスタムできる様になっていて、これまで以上に多くの顧客を呼び込むこことができそうですね。

VIA:Lamborghini




こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.