>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

| ボディサイズもCクラスとそんなに変わらない | メルセデス・ベンツ日本が「Aクラス・セダン」を発表。Aクラスは「FF」をベースとしたプラットフォームを使用していますが、メルセデス・ベンツがAクラスにセダンを投入するのは今回が「初(CLAは”クーペ”風セダンという扱い)。なお、「Aクラス」と聞くとけっこう小さいように思えるものの、実際のボディサイズは全長4549ミリ、全幅1796ミリ、全幅1451ミリ、となかなかに立派。ちなみに現行Cクラスのボディサイズは4696/1810/1445ミリ、先代Cクラスは ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

世界最速の「防弾車両」、アウディRS7”改”登場。防弾装備に加え煙幕発生、ソニックキャノン、催涙ガスなど「反撃可能」な装備を持ち、0-100km/h加速2.9秒、最高速度325km/hで逃げることも可能

| さすがに「ボンドカー」なみの装備を持った防弾仕様車は見たことがない | APRがアウディRS7スポーツバックを「アーマード・ビークル」へとカスタム。APRはいわゆる「本気の走り系」チューナーですが、こういった「防弾仕様」へのカスタムは非常に珍しいと思います。それでも今回のような改装を行うということは、それだけ世の中が「物騒」になっている、ということなのでしょうね。なお、北米、南米では銃器を使用した凶悪犯罪が急増しており、「防弾防爆仕様」の需要が非常に高くなっているとも報じられています。これを受けてかメ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

クルマの中で温泉に入れる?「ホンダ・オンセン・コンセプト」はこういったクルマだ

| さすがにこのコンセプトカーは「未来に行き過ぎた」かもしれない | 韓国のCGデザイナー、Hanbeom Lee氏が考えた「ホンダ・温泉コンセプト(Honda Onsen Concept)」。完全自動運転をイメージしており、なんとクルマの中で温泉に浸かるという斬新なコンセプトカーです。構造としては、車内にお湯を満たしたカプセルを設置し、その中に乗員が入るというもの。よくアメリカで「車体後部にプールを設置したリムジン」が観光用に走っていたりしますが、これだと「お湯がこぼれるので」密閉式カプセルを採用したよ ...

ReadMore

■近況について ■ニュース

今週末は神戸に集おうぞ。「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」が三宮にて開催、ウブロティスタは要注目

| ウブロの新作腕時計を一気に見ることができるチャンス | さて、毎年恒例の「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」ですが、今年は規模を拡大して三宮のカフェ「THE PLACE」にて開催されることに。正直これまでは参加したことがなかったものの、今年は都合がつきそうなので参加を検討しているところ。なお、同日は大阪でオーデマピゲのイベントもあり、かなり忙しい一日となりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿いい腕時計の見分け方を紹介する(2)。「プッシュボタン/リューズ」「針の仕上げ」「文字盤のインデックス」ウ ...

ReadMore

■自動車・バイクの購入検討/比較など ■近況について ■ニュース

「ポルシェ911不買の誓い」を破ってしまいそうだ!新型ポルシェ911の見積もりを取得した(乗り出し2143万円)

| ポルシェ911カレラSもついに2000万円を超えるようになったか | さて、先日試乗した新型ポルシェ911(992)。ぼくは「もう911は買うまい」という911不買の誓いを立てていますが、それは「ぼくの腕が未熟であり、リアエンジンレイアウトの911をうまく走らせることができず、怖い思いをしたため」。よって911(997)を売却した後は同じポルシェでも981ボクスター、718ケイマンというミドシップ、そしてランボルギーニ・ガヤルド/ウラカンという、ミドシップ+4WDといった安定志向のスポーツカーを選んで ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダは2025年までにスポーツカー含む複数のEV発売とのウワサ。初代シビック、S800モチーフのクルマが発売されるならS2000のEV版も登場する?

| ホンダがトヨタに対抗するにはS2000復活しかない | honda sport EV ホンダは市販モデル初のEV「ホンダe」を発表したところですが、その後すぐ、スポーツカーと思われるボディ形状を持ったEVらしきクルマのパテントが出願されたことも明らかに。このスポーツカーらしきEVの詳細は不明ではあるものの、おそらくはホンダeとプラットフォームを共有するものと思われます。 ホンダがミドシップスポーツカーっぽい新型車のパテントを申請。エレクトリックスーパースポーツか?

ReadMore

>ミニ(MINI)

アルピナは過去に「高級なミニ」を作ろうとしていた!ちなみにミニは自身で「ロールスロイス仕様」を限定販売したことも

| ロールスロイス仕様のミニは当時570万円で販売されていた | 先日、アルピナが「i8ベースのハイパフォーマンスハイブリッドカーを発売しようとしていた」という記事をお届けしましたが、今回は「アルピナが、ミニの高級バージョンを作ろうとしていた」というもの。アルピナはBMWに認められて公式にBMW2シリーズからボディやパーツの供給を受け、これに自社開発のパーツを組み込んで完成車を製造する「自動車メーカー」。BMWとは緊密な関係にあり、これまでにも「BMWが生産を終了する”M1”の生産を引き取り、アルピナにて ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ポルシェ911(992)】 ポルシェはいつも、ボクらの期待の「ずっと上」を行く。これだけバランスの取れたスポーツカーは他にない

| ポルシェはもともと「小型で効率性の高いスポーツカー」を標榜していた。その精神は今も新型911に受け継がれる | さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。 最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっている ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがロンドンにて「ラピードE」「ラゴンダ」を展示。両方ともアストンマーティンの未来を示すクルマだが、先行きは不透明

| とくにラピードEはポルシェ・タイカンの影に隠れてしまいそうだ | アストンマーティンが、ロンドンにあるフラッグシップショールームにて「ラピードE」そして「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を展示。いずれも「ピュアエレクトリックモデル」となりアストンマーティンの未来を表すクルマでもありますね。ラピードEのほうはすでに販売が開始されており、限定155台とアナウンスされるも「まだ売れ残っている」と報じられています。 アストンマーティンが「ニュルを一周走るのが限界」なピュアEV、ラピードEを発表!限定155台 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターとマクラーレン720Sスパイダーの加速対決!フラッグシップオープンモデル同士の対決の行方は?

| 想像していたよりもアヴェンタドールSロードスターはずっと速かった | CARWOWが「マクラーレン720Sスパイダー」そして「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」、つまりオープンスーパースポーツ同士の加速対決動画を公開。両者とも、それぞれのブランドにおいて「カタログモデル(限定ではない)では最強最速のオープンモデル」ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエラゴ、アヴェンタドールを画像にて【動画】キー上で車両の情報確認や機能の ...

ReadMore



>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンEVOの内装はこれだけ選択肢が広がった!ステッチやシートベルト、素材の選択肢がこれまでに比べて大きく増加

投稿日:2019/01/08 更新日:

これでライバルとくらべても見劣りしないレベルに

さて、すでにランボルギーニ・ウラカンEVOのボディカラーについて公開しましたが、今回は内装の選択肢を見てみましょう。
まず、基本パターンというものがあって、「UNICOLOR LEATHER 」「EVO-TRIM - SPORTIVO LEATHER UNICOLOR」「EVO-TRIM - SPORTIVO LEATHER BICOLOR 」「EVO-TRIM - SPORTIVO ALCANTARA®UNICOLOR 」「EVO-TRIM - SPORTIVO ALCANTARA BICOLOR 」「EVO-TRIM - ELEGANTE LEATHER BICOLOR 」「EVO-TRIM - ELEGANTE LEATHER BICOLOR BLACK INSERTS 」「EVO-TRIM - SPORTIVO ALCANTARA BLACK SEATS 」の8つ。

ウラカン発表時には「2パターン」しかなかったことを考えると、大きくバリエーションが拡大したということになりますね。

大きく分けると、「単色レザー」「スポーティーな単色”レザー”もしくは”アルカンターラ”」「スポーティーなツートーン”レザー”もしくは”アルカンターラ”」「エレガントなレザー」に大別されることになり、ここでそれぞれの内容を見てみましょう。

「ユニカラー・レザー」はこんな内装

まずは単色レザーとなる「ユニカラー・レザー」。
カラーは「ブラック( Nero Ade )」「ブラウン( Marrone Orpheus )」の二色から選択でき、ステッチはブラック、オレンジ、ホワイト、ブルー、イエロー、レッド、グリーン、ブラウンから選択が可能(それぞれのカラーには、微妙にトーンを変えた選択肢がある。ブラウン系だと3色が揃う)。

EVO09

「EVOトリム スポルティーボ・レザー」はこんな内装

そしてウラカンEVOとともに登場した「EVOトリム」。
シートバックや座面に(外装に採用されるデザインとシンクロした)台形状のアクセントが付与されることが特徴です。
ベースカラーはブラックのみですが、これに ブラック、オレンジ、ホワイト、ブルー、イエロー、レッド、グリーン、ブラウン のアクセントが選択できます。
なお、選べるステッチはブラックのみ。

EVO11

「EVOトリム スポルティーボ・レザー・バイカラー」はこんな内装

そしてやはり新デザイン「EVOトリム」のツートンカラー版ですが、こちらもベースカラーはブラックのみ、しかしシートの座面やバック、ドアインナーパネルやダッシュボード(一部)のカラーを変更可能。

アクセントカラーはオレンジ、ホワイト、ブルー、イエロー、レッド、グリーン 、ステッチは「同色」か「コントラスト」を選択できます。

EVO12

「EVOトリム スポルティーボ・アルカンターラ・ユニカラー」はこんな内装

こちらはEVOトリム、そしてレザーではなくアルカンターラ素材のブラック版。
ステッチはブラック、オレンジ、ホワイト、イエロー、レッド、グリーン、ブラウンから選択が可能 です(ステッチカラーを選ぶと、それに対応したパオピングのような処理も追加される模様)。※レザーに比較すると、アルカンターラでは”ブルー”が選べない

EVO15

「EVOトリム スポルティーボ・アルカンターラ・バイカラー」はこんな内装

こちらはEVOトリム、かつアルカンターラのツートン仕様。
レザーの場合と同様、で アクセントカラーはオレンジ、ホワイト、イエロー、レッド、グリーン 、ステッチは「同色」か「コントラスト」を選択できます(カラーが反映される場所もレザー版と同じ)。

EVO16

「EVOトリム エレガンテ・レザー・バイカラー」はこんな内装

やはり新テーマ「EVOトリム」ですが、こちらはスポーティーな「スポルティーボ」ではなく、シックな「エレガンテ」、かつツートン仕様。

メインカラーはブラックのみ、そしてシートカラーはホワイト、ベージュ、ブラウン、ダークレッド、ネイビー、濃いグリーンなど、スポルティーボにはない渋い色が揃います。
パープルのボディカラーにはけっこう似合いそうですね。

ステッチは「同色」もしくは「コントラスト」が選択可能。

EVO19

「EVOトリム エレガンテ・レザー・バイカラー・ブラック」はこんな内装

こちらは上記のEVOトリム・エレガンテにブラックのアクセントが(シートバックや座面に)付与されるもの。
シート自体に選べるカラーやステッチも上と同様です。

EVO20

「EVOトリム スポルティーボ・アルカンタラ・ブラックシート」はこんな内装

これはちょっと特殊なもので、文字通りベースは「スポルティーボ・アルカンタラ」、かつ「バイカラー」ですが、シートの座面がブラックに。
見た目がかなりスパルタンになりますね。

EVO22

そのほか、内装オプションにはこんなものも

基本的な内装の組み合わせのほか、ウラカンEVOでは細かい部分も選択可能。
たとえば「カーボンスキンパッケージ」だと、カーボンの折り目を模したファブリックをセンターコンソールなどにあしらうことができます。

EVO21

そしてヘキサゴン状のステッチをシートやドアインナーパネルの一部に施す「Qチットゥーラ」。

EVO23

そのほかはトリミング付きのマットや、アルカンターラ巻もしくはスウェードレザー巻のステアリングホイール(ステッチのカラーはシート同様の選択肢がある)、レーシングシート、シートヒーター、ヘッドレストへのランボルギーニエンブレムのエンボス、シートベルト色(ブラック、ブラウン、ネイビー、グレー、ベージュ、ブラウン、ブルー、イエロー、オレンジ、グリーン)が選択可能。

EVO35

加えて内装の各パーツ仕上げを「ダーククローム」にしたり、鍛造カーボン「フォージド・コンポジット」へと変更することもできます。
その他だとルーフライナー(天井)の仕上げや素材、オーディオシステムとして「ランボルギーニ・センソナム」がラインアップ。

以上がランボルギーニ・ウラカンEVOの内装における選択肢ですが、よりスポーティーに、そしてよりファッショナブルになったようですね。
ランボルギーニは他のスーパーカーに比べるとインテリアのチョイスが(これまで)貧弱であったと認識していますが、今回カラーコディネートの幅も大きくなったためにカスタマイズ性も広がり、より多くの人に訴求できるようになったと思います。

VIA:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.