>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンEVOの内装はこれだけ選択肢が広がった!ステッチやシートベルト、素材の選択肢がこれまでに比べて大きく増加

投稿日:2019/01/08 更新日:

これでライバルとくらべても見劣りしないレベルに

さて、すでにランボルギーニ・ウラカンEVOのボディカラーについて公開しましたが、今回は内装の選択肢を見てみましょう。
まず、基本パターンというものがあって、「UNICOLOR LEATHER 」「EVO-TRIM - SPORTIVO LEATHER UNICOLOR」「EVO-TRIM - SPORTIVO LEATHER BICOLOR 」「EVO-TRIM - SPORTIVO ALCANTARA®UNICOLOR 」「EVO-TRIM - SPORTIVO ALCANTARA BICOLOR 」「EVO-TRIM - ELEGANTE LEATHER BICOLOR 」「EVO-TRIM - ELEGANTE LEATHER BICOLOR BLACK INSERTS 」「EVO-TRIM - SPORTIVO ALCANTARA BLACK SEATS 」の8つ。

ウラカン発表時には「2パターン」しかなかったことを考えると、大きくバリエーションが拡大したということになりますね。

大きく分けると、「単色レザー」「スポーティーな単色”レザー”もしくは”アルカンターラ”」「スポーティーなツートーン”レザー”もしくは”アルカンターラ”」「エレガントなレザー」に大別されることになり、ここでそれぞれの内容を見てみましょう。

「ユニカラー・レザー」はこんな内装

まずは単色レザーとなる「ユニカラー・レザー」。
カラーは「ブラック( Nero Ade )」「ブラウン( Marrone Orpheus )」の二色から選択でき、ステッチはブラック、オレンジ、ホワイト、ブルー、イエロー、レッド、グリーン、ブラウンから選択が可能(それぞれのカラーには、微妙にトーンを変えた選択肢がある。ブラウン系だと3色が揃う)。

EVO09

「EVOトリム スポルティーボ・レザー」はこんな内装

そしてウラカンEVOとともに登場した「EVOトリム」。
シートバックや座面に(外装に採用されるデザインとシンクロした)台形状のアクセントが付与されることが特徴です。
ベースカラーはブラックのみですが、これに ブラック、オレンジ、ホワイト、ブルー、イエロー、レッド、グリーン、ブラウン のアクセントが選択できます。
なお、選べるステッチはブラックのみ。

EVO11

「EVOトリム スポルティーボ・レザー・バイカラー」はこんな内装

そしてやはり新デザイン「EVOトリム」のツートンカラー版ですが、こちらもベースカラーはブラックのみ、しかしシートの座面やバック、ドアインナーパネルやダッシュボード(一部)のカラーを変更可能。

アクセントカラーはオレンジ、ホワイト、ブルー、イエロー、レッド、グリーン 、ステッチは「同色」か「コントラスト」を選択できます。

EVO12

「EVOトリム スポルティーボ・アルカンターラ・ユニカラー」はこんな内装

こちらはEVOトリム、そしてレザーではなくアルカンターラ素材のブラック版。
ステッチはブラック、オレンジ、ホワイト、イエロー、レッド、グリーン、ブラウンから選択が可能 です(ステッチカラーを選ぶと、それに対応したパオピングのような処理も追加される模様)。※レザーに比較すると、アルカンターラでは”ブルー”が選べない

EVO15

「EVOトリム スポルティーボ・アルカンターラ・バイカラー」はこんな内装

こちらはEVOトリム、かつアルカンターラのツートン仕様。
レザーの場合と同様、で アクセントカラーはオレンジ、ホワイト、イエロー、レッド、グリーン 、ステッチは「同色」か「コントラスト」を選択できます(カラーが反映される場所もレザー版と同じ)。

EVO16

「EVOトリム エレガンテ・レザー・バイカラー」はこんな内装

やはり新テーマ「EVOトリム」ですが、こちらはスポーティーな「スポルティーボ」ではなく、シックな「エレガンテ」、かつツートン仕様。

メインカラーはブラックのみ、そしてシートカラーはホワイト、ベージュ、ブラウン、ダークレッド、ネイビー、濃いグリーンなど、スポルティーボにはない渋い色が揃います。
パープルのボディカラーにはけっこう似合いそうですね。

ステッチは「同色」もしくは「コントラスト」が選択可能。

EVO19

「EVOトリム エレガンテ・レザー・バイカラー・ブラック」はこんな内装

こちらは上記のEVOトリム・エレガンテにブラックのアクセントが(シートバックや座面に)付与されるもの。
シート自体に選べるカラーやステッチも上と同様です。

EVO20

「EVOトリム スポルティーボ・アルカンタラ・ブラックシート」はこんな内装

これはちょっと特殊なもので、文字通りベースは「スポルティーボ・アルカンタラ」、かつ「バイカラー」ですが、シートの座面がブラックに。
見た目がかなりスパルタンになりますね。

EVO22

そのほか、内装オプションにはこんなものも

基本的な内装の組み合わせのほか、ウラカンEVOでは細かい部分も選択可能。
たとえば「カーボンスキンパッケージ」だと、カーボンの折り目を模したファブリックをセンターコンソールなどにあしらうことができます。

EVO21

そしてヘキサゴン状のステッチをシートやドアインナーパネルの一部に施す「Qチットゥーラ」。

EVO23

そのほかはトリミング付きのマットや、アルカンターラ巻もしくはスウェードレザー巻のステアリングホイール(ステッチのカラーはシート同様の選択肢がある)、レーシングシート、シートヒーター、ヘッドレストへのランボルギーニエンブレムのエンボス、シートベルト色(ブラック、ブラウン、ネイビー、グレー、ベージュ、ブラウン、ブルー、イエロー、オレンジ、グリーン)が選択可能。

EVO35

加えて内装の各パーツ仕上げを「ダーククローム」にしたり、鍛造カーボン「フォージド・コンポジット」へと変更することもできます。
その他だとルーフライナー(天井)の仕上げや素材、オーディオシステムとして「ランボルギーニ・センソナム」がラインアップ。

以上がランボルギーニ・ウラカンEVOの内装における選択肢ですが、よりスポーティーに、そしてよりファッショナブルになったようですね。
ランボルギーニは他のスーパーカーに比べるとインテリアのチョイスが(これまで)貧弱であったと認識していますが、今回カラーコディネートの幅も大きくなったためにカスタマイズ性も広がり、より多くの人に訴求できるようになったと思います。

VIA:Lamborghini

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.