>シトロエン/DS(CITROEN/DS)

シトロエンの中国専用車「C3 XR」がフェイスリフト。C5エアクロス風のルックスに

投稿日:

シトロエンはさらに中国重視の姿勢を強める

シトロエンの中国専売モデル、「C3-XR」がフェイスリフト(マイナーチェンジ)。
これは見ての通りC3のクロスオーバーモデルですが、なかなかに魅力的なルックスを持っていて、中国専売にしておくのがほったいないほど。

なお、シトロエンは中国市場にけっこう力を入れていて、たとえばC6やDS4 Sなどは「中国専売」ですね。

シトロエンC3-XRは中国では18万台を売るヒットに

今回のC3-XRについては主に外装がアップデートされたとのことですが、最近のシトロエンが好んで採用する「カプセルデザイン」を持つグリルが与えられ、その魅力がアップしているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、空、海、山、屋外
▲これが中国の理想的なカップル?

画像はもちろん中国市場向けにシトロエンが用意したものですが、「積載性」をアピールしているものが多く、中国市場では大きなカーゴスペースが求められているのかもしれません。

写真の説明はありません。

インテリアはこんな感じ。
シトロエンは「シンプルでモダン」なデザインがその特徴ですが、簡素化してもチープに見せない(むしろオシャレに見える)手法を心得ているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

もはや中国市場では欠かせない、中国でのメジャーアプリへの対応機能も。

写真の説明はありません。

そのイメージはC5エアクロスと共通

なお、今回のフェイスリフトでは、すでに中国市場はじめ欧州市場へ投入されている(しかし日本には入ってきていない)C5エアクロスとの関連性を強調したもので、シトロエンのニューモデルはすべてこのイメージに近づけられている、ということになりますね。※日本でも発売予定だとされるものの、その時期は全く不明

このデザインは「C4カクタス」にて採用されたものが起源だと言えそうですが、まさかシトロエンもC4カクタスの発売当初は「ここまでのヒットになる」とは思っていなかったのかもしれません。

現在日本でのシトロエンはC3とグランドC4スペースツアラーの2種のみといった寂しい状況ではあるものの、新型C3のデザインが評価され、登録台数は増加傾向。
こういった例を見るに、現代のクルマは「性能」よりも「デザイン」のほうが(セールス上では)ずっと重要なのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->シトロエン/DS(CITROEN/DS)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.