>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年代のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

投稿日:2019/02/22 更新日:

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる

ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

ブガッティ・タイプ57SCアトランティークって?

そして「ブガッティ・タイプ57SCアトランティーク」とは何かということですが、これを語るにはブガッティの歴史から入る必要が。

まず、ブガッティ創業者のエットーレ・ブガッティは1881年にイタリアはミラノに生まれ、その後一家とともにパリへと移住。
最初に自ら製造したのはエンジン付き3輪車で、その後彼はこの車両でレースに参戦し、いくつかのコーチビルダーにて開発や設計を担当しています。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、立ってる(複数の人)、車

その後1907年に自身で設計した最初の「4輪車」タイプ10(T10)を完成させ、1909年に自らの会社「オトモビル・エットーレ・ブガッティ」を設立していますが、 その後レーシングカーとしてタイプ35(T35)、12,763ccという常識はずれの排気量を持つタイプ41(T41)ロワイヤル、タイプ57(T57)SCアトランティック等をリリース。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車

現ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏への最近のインタビューでは、ブガッティの三本柱として 「T35のような合法レーシングカー」「T41ロワイヤルのような快適性と高級さ」「T57SCアトランティークのようなアイコン的デザイン」 を掲げていて、つまりT57SCアトランティークは「ブガッティの象徴」とも言えるクルマのひとつ。

このブガッティ・タイプ57SCアトランティークのエンジンは直列8気筒3.3リッター、出力は200馬力(スーパーチャージャーつき)で、最高時速は200キロを超えるとされ、1930年代に製造されたクルマとしては規格外の性能を持っていた、と言えますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、ブガッティ・タイプ57は1934年から1940年にかけて全シリーズ通じ710台が生産されていますが、タイプ57アトランティークは自動車史上「最も美しいクルマのうち一台」だとされ、その生産台数はわずか3台のみ(オープンを入れると4台)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ちなみにこのタイプ57シリーズ(ボディ形状は4種類ある)は創業者であるエットーレ・ブガッティの息子であるジャン・ブガッティによる設計。
エットーレ・ブガッティの父も芸術家であったとのことなので、ブガッティ家は「三代にもわたり、その類まれな才能を発揮した」ということにもなります。

そして3台のうち1台を所有するのがかのラルフローレンで、同氏はほかにもタイプ57(SCアトランティークではない)を所有。

ただ、その中でもタイプ57SCアトランティークは特別のお気に入りだと見え、ラルフローレンは自身の腕時計コレクションより、このタイプ57CSアトランティークをモチーフにしたモデルも発売しています(正規販売店にゆくと、T57アトランティークのミニカーと一緒に展示してある)。

写真の説明はありません。

そしてフェルディナント・ピエヒはド級のクルマが大好きだ

今回この「20億円ハイパーカー」を注文したフェルディナント・ピエヒ氏は無類のハイパーカー(というか”デカい”クルマ)が大好きで、そもそもフォルクスワーゲングループの会長を務めていた際、ブガッティを買収したのも、ヴェイロン発売を手がけたのもフェルディナント・ピエヒ氏。

それ以前にも「アウディ・ローゼマイヤー(8リッターW12、700馬力)」を企画したり、フォルクスワーゲンとしては異例中の異例でW12エンジンを搭載した「フェートン(まさか発売するとは思わなかった)も同氏主導のプロジェクト。

こんなコンセプトカーもあった。スチームパンクなアウディ「ローゼマイヤー」

そのほか同氏は、ブガッティW18/3シロンの企画も率いたことで知られます(ランボルギーニ・ディアブロがベース)。

こんなコンセプトカーもあった。ディアブロのシャシーを使用したブガッティW18/3シロン

アウディ・アヴス(W12、6リッター)もやはりフェルディナント・ピエヒ氏の仕業。

こんなコンセプトカーもあった。鏡面仕上げのアルミボディを持つ「アウディ・アヴス・コンセプト」

こんな感じで、とにかく「デカいエンジンとパワー」大好きなのがフェルディナント・ピエヒ氏ですが、ここで思い出すのが、以前に目撃された「とんでもなくデカいブガッティ」。

下は昨年夏に捉えられたプロトタイプですが、これまでの情報を総合するに、「こんなにバカでかいクルマを注文するのは、世界広しといえどもフェルディナント・ピエヒ氏しかいないだろう」と思われます(ボディカバーも特注っぽい)。

衝撃!ブガッティの「4ドア」プロトタイプが目撃される。超巨大サルーン?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ブガッティ(BUGATTI), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.