>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】これがラジコンカーだと?どうみても本物にしか見えない、走破性抜群の1/10RCメルセデス・ベンツG63AMG 6×6登場

| 実車でもここまでの走破性は発揮できないだろう | メルセデス・ベンツは極めて実直で質実剛健というイメージがありますが、ときどきG63 AMG 6×6のような「狂気に満ちた」クルマを発売するメーカーとしても知られます。そしてこの「6輪メルセデス・ベンツGクラス」が発売された際のインパクトは凄まじく、これを受けてチェルシー・トラック・カンパニーがディフェンダーを6輪化したり、日本自動車大学校がジムニーを6輪化したり、ヘネシーがフォードF-150ラプターを6輪化したり、というフォロワーも続々登場(もちろん、 ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) >その他アメリカ車

アメリカンマッスル市場に異変!カマロ、マスタング、チャージャーを売ってジープ・ラングラーを購入する人が増加中。いったいなぜ?

| ジープもスポーツカーと同じく「フツウに満足できない人」の選択肢だから | 先日、日産GT-Rの顧客がジープ・グランドチェロキー・トラックホークに乗り換えているという話をお届けしましたが、今回はアメリカンマッスルカーのオーナーもジープに乗り換えている、という報道。ジープ・ノースアメリカのトップ、スコット・タロン氏がカーメディア、Muscle Cars and Trucksに語ったところでは、ジープ・ラングラーを購入する人々は、他社製SUVからの乗り換えではなく、その多くはアメリカンマッスルカーからの乗り ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ベル&ロスが久しぶりの新作腕時計「BR 05」発表!40ミリと小ぶり、そしてレトロなデザイン

| 四角と丸との融合、そして1970年代風のブレスレットが特徴 | ベル&ロスが久々のニューモデル、「BR 05」を発表。ベル&ロスは真四角型のケース「BR 02」を採用したことで一気にブレイクしたブランドですが、そのデザインはもともと「航空機の計器」をイメージしています。常に「プロフェッショナルユース」「読み取りやすさ」を意識し、その後はプロフェッショナルダイバー向けの「BR 02」、BR 01をそのままダウンサイジングした「BR 03」、そのほかラウンド型のBR V1、BR V2、BR V3などを発表 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

意外と少ないアストンマーティン・ヴァンテージのチューン。510→600馬力にアップさせるキットが発売に。90万円で90馬力アップ、1馬力=1万円

| スターテックはこのほかにエアロパーツも発売 | アストンマーティンやベントレー、レンジローバーのカスタムで知られるチューナー、スターテックが新しくアストンマーティン・ヴァンテージのチューニングパッケージを公開。これはエアロパーツ、ホイール、パワーアップキットにて構成されるもので、このパワーアップキットは510PSから一気に600PSへとパワーを向上させるもので、この結果として0-100キロ加速は0.2秒早くなって3.4秒に(最高速は314km/hのままで変わらない)。※ パワーアップキット”START ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

過去最大規模の新車を追加したフェラーリ。それでも「台数を追求するわけではない」と語るナゾ。株価は812GTS、F8スパイダー発表後に大きく下げる

| フェラーリは販売台数を伸ばせないという珍しい営利企業 | ferrari フェラーリが「販売台数の増加には興味がない」とコメント。これはフェラーリF8トリブート、812GTS発表の場にて、フェラーリのマーケティング部門を管理するエンリコ・ガリエッラ氏がカーメディア、The Driveに語ったもの。さらにフェラーリは「常に生産台数は需要以下に留める」とも述べています。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場この内容で ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

このBMW M8は一体?市販モデルと異なるFフェンダー、大きなリアウイングを持つ試作車がニュルブルクリンクを走行中

| M8 CS」、純正エアロキット、サーキット走行専用モデルなど様々なウワサが飛び交うことに | BMWはMモデルのフラッグシップとして「M8コンペティション」を発売していますが、今回ニュルブルクリンクにて「大きなリアウイングを装着した」M8をテストする様子が目撃されています。フロントから見ると現行M8コンペティションと差異が無いようにも見えるものの、よくよく見るとリアウイングはじめ、いくつかの差異があるようです。ここでその内容を見てみましょう。 新型BMW M8クーペ/カブリオレ発表!標準仕様は600馬 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

米調査「安全支援運転はウザいと感じ、オフにする人も少なくない」。自動車メーカーが「いい」と思うものを必ずしもドライバーがそうは思っていないという現実

| 自動車メーカーは「売るため」に安全装備をどんどん充実させているが | アメリカ市場にて、調査会社JDパワーが「2019年モデルの新車を購入した、2万人のオーナーを対象に」調査を行ったところ、多くのオーナーが”ドライバーアシスタンスは迷惑だ”と考えているという結果が浮き彫りになった、とのこと。この「ドライバーアシスタンス」は一般に運転支援システムを指しますが、自動車メーカーによってはその範囲や内容、技術の呼称が異なり、一概に比較しにくいようにも感じます。 こちらもオススメ、関連投稿10選米にて自動車ブラ ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

なぜだッ!日産は日本国内で新型ジュークを導入しないと発表。気になる現行ジュークの行方、そして日産が2022年までに「新型ジュークの代わりに発売するクルマ」とは?

| 現行ジュークはイギリスと日本で生産、新型ジュークの生産はイギリスのみ | 報道によると、日産は新型ジュークを国内へと導入しない、とのこと。この主な理由としては日本国内で小型SUVの競争が激しくなっているということを挙げていますが、ジュークを投入しないかわりに、新しくBセグメントのSUVを投入するとしています。そして、このBセグメントの新型SUVについては先進技術を装備した「競争力のある」モデルだとしており、つまり「ジュークよりも競争力がある」SUVだと考えて良さそう。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】レクサスLFAはなぜ特別なのか?今なお色褪せないLFAのレビューを米メディアが公開

| 生産終了から7年経つのが信じられない | ドーナツメディアがレクサスLFAのレビューを公開。ドーナツメディアはこれまでに様々なカスタムカーのレビューを公開しているものの、「ノーマル」を対象とするのはけっこう珍しい、と思います。なお動画では実際にエンジンをスタートさせ、その甘美なサウンドを披露していますが、レクサスLFAのサウンドチューニングはヤマハがチューンしており、世界でもっとも美しいサウンドを奏でるスポーツカーだとも言われていますね。 【動画】レクサスLFA等に積まれる「V10エンジン」が最高のサ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >パガーニ(PAGANI) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

インスタグラムでもっとも投稿されているスーパーカーは?1位はランボルギーニ・」アヴァンタドールなるもフェラーリはベスト15に最多の4台を送り込む

| 検索や投稿だとランボルギーニの方がフェラーリを上回ることが多い | CompareTheMarket.comが「インスタグラムにて、もっとも多くのハッシュタグがみられるスーパーカー」を公開。以前にも同様のランキングが公開されており、それによると1位はフォード・マスタング、2位はホンダ・シビックでしたが、今回は”スーパーカーに限って”というランキングとなっています。インスタグラム上では、どういったスーパーカーの人気が高いのかを見てみましょう。 あのクルマは何位?「インスタグラムに最も投稿されている」クル ...

ReadMore



>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ハイブリッド・フェラーリは「3モーター、4WD、0-100km/加速は2秒、V8エンジン」との報道。なお廉価版としてV6エンジン搭載車も追加

投稿日:2019/05/22 更新日:

| V6+ハイブリッドモデルは事実上のF8トリブート後継車に? |

だんだん近づいてきた、新型フェラーリ発表の「Xデー(5月29日)」。
今のところわかっているのは「ミドシップ」「ハイブリッド」「986馬力」ということくらい。

逆にわからないのはエンジンや駆動方式、ハイブリッドシステムの内容、そしてその価格といったところです。

新型フェラーリには「仕様違い」が存在?

そして今回、ドイツのカーメディア「Auto Motor und Sport」が報じたところでは、この986馬力を発生するのは「ニューモデルのトップグレード」。
つまりはもっと馬力が下の「ベースグレード」も存在する可能性がある、ということになりますね。

さらに、採用されるエンジンについて、F8トリブートに積まれる3.9リッターV8ツインターボだと報じています(V6ではない)。

そして驚きなのがハイブリッドシステムで、これはなんと「3モーター」。
構成としては2つがフロントアクスル、1つがトランスミッションに直結とされ、つまりこの新型フェラーリは「4WD」かつトルクベクタリングを備える、ということに。

もうひとつ驚きなのは0-100キロ加速。
これは「2秒」だと同メディアは報じていますが、もし事実だとすると「世界最速のクルマ」に。
現時点で、0-100キロ最速タイムを誇るのはブガッティ・シロンの「2.5秒」(ダッジ・チャレンジャーSRTデーモンは公称値2.3秒ですが、このタイムは現実的に出ないようなので除外)。

未発売のクルマだと、リマックC_Twoが1.85秒、テスラ・ロードスターが1.9秒だというものもあり、しかしこれらの数字は理論値であり、かつ発売はちょっと先の2021年(予定)。
よって、現実的な「世界最速」はこの新型フェラーリだと考えて良さそうです。

価格については60万ユーロ、つまり7400万円くらいになるという話もあり、性能や構造を考えると納得ではありますね。

なお、フェラーリは今回の「V8ハイブリッド」ハイパーカーに加え、今年後半に「V6ハイブリッド」スーパーカーをリリースするとも報じており、これは今年はじめにフェラーリの語った「今年中に、数台の新型車を発売する」というコメントとも一致しています。

フェラーリのハイブリッドシステムはどうなる?

なお、フェラーリのハイブリッドモデルと言えば「ラ・フェラーリ」。
ただしラ・フェラーリは「2モーター」というレイアウトで、ひとつはトランスミッション、もうひとつはエンジンに装着(合計163馬力)。

システム概要を見ると、エンジンに装着されたほうは「ジェネレーター」として機能するようで、これが駆動力を発生させるかどうかは不明です。
ただ、トランスミッションに装着された方は当然駆動力を発生することになりますね。

museo ferrari

仮にこのシステムをベースにして、トランスミッションに「1モーター(これで発電と駆動力提供両方を行う)」という簡素化したシステムを用い、フロントに新たに2個のモーターを設置するとすると、これはポルシェ918スパイダー、ランボルギーニLPI910-4アステリオン、ホンダNSXと同様のシステムということに。

ちなみにラ・フェラーリのハイブリッドシステムはマニエッティ・マレリ社が開発したものですが、現在マニエッティ・マレリ社はカルソニック・カンセイに買収され、新ブランド「マレリ」へと移行しています。

買収前のマニエッティ・マレリはFCAに属していたためにフェラーリと近い関係にあったものの、現在はやや縁遠くなっており、今回の新型フェラーリに搭載されるハイブリッドシステムの開発パートナー、サプライヤーがどこなのかも不明です(ラ・フェラーリとは根本的に異なるシステムであり、マレリ製ではないのかも)。

なおフェラーリは以前、オフィシャルサイトにサプライヤー名やロゴを記載していましが、現在はシェルしか掲載されていないようですね。

まだまだ尽きない、新型フェラーリの謎

なお、この新型フェラーリについてはまだまだ謎があり、それはその「ポジション」。
ぼくはフェラーリ関係者から、この新型フェラーリについては「F8トリブートの後継」だと説明を受けていて、しかしその後に「986馬力」「7400万円」との報道を見たため、「えっ」となったわけですね。

実際にフェラーリ自身も、F8トリブートが488GTBから大きく変わらなかったのは「すぐに後継モデルが出るからだ」としており、実際にF8トリブートはすでに受注終了(2年分くらいしかつくらない)。

そしてフェラーリは別途「ミドシップを2つのラインにわける」とも発言しているので、5月31日に発表されるニューモデル(V8+ハイブリッド)がその「上」でフラッグシップに位置し、そしてその後に発表されるニューモデル(V6+ハイブリッド)が「下」となって実質的なF8トリブートの後継になるんじゃないかと予測。

なお、F8トリブートそのものが「フェラーリのミドシップV8エンジン搭載モデルへのトリブート」という意味合いが強く、それを考えると「後継モデルはもうV8を積まない」と推測することもできますね。

さらに、これら新型フェラーリ2台については、それぞれ同じシリーズの「仕様違い」だと考えると、独メディアの報じた「986馬力を発生するのはトップレンジ」という報道にも合点がゆきます。

VIA: Auto Motor und Sport

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->フェラーリ(Ferrari), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.