>ランボルギーニのコンセプトカー等 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニの未来形。エアロダイナミクスに特化した「SV-719コンセプト」が公開

投稿日:2019/08/04 更新日:

| 未来のランボルギーニはキャブフォワードに? |

レンダリングアーティスト、Gaspare Conticelli氏がコンセプトカー「ランボルギーニSV-719」を公開。

テルツォ・ミッレニオのようなキャブフォワード・スタイルを採用し、フロントの二分割されたエアインテークから取り入れたエアはボディサイドを抜ける構造を持っています(これはアストンマーティン・ヴァルキリー以後、一般化しそう)。

フロントウインドウからサイドウインドウにかけては「ラップアラウンド」形状を採用していることも特徴です。

エレクトリック時代に突入すれば、根本からそのデザインが変わってゆく可能性も

このランボルギーニSV-719コンセプトについて、パワートレーンやスペックについての公開はなく、ただし車体後部にエキゾーストパイプが見られないことから「EV」の可能性が大きそう。
なお、将来的にランボルギーニもEVとなることを考えると、車体後部にランボルギーニが得意とする「大排気量エンジン」を積む必要がなくなるため、そのデザインは大きく変化することになるのかもしれません。

f02ba483030421.5d3617c63c9f1

このレンダリングは「2シーター」のように見えますが、エンジンが「モーター」にダウンサイジングされれば、これまで難しかった「4シーター化」ができるようになったり、とスーパースポーツのパッケージングも大きく変わることになりそうですね。

4aa38c83030421.5d3617c63c60e

この「ランボルギーニSV-719」の車体後部は非常に独特で、「X」状のリアカウルを持っています。
これは「ムルシエラゴLP670-4」以降のランボルギーニV12モデルに採用される、ヘキサゴン(六角形)をモチーフにしたルーバーを新解釈したものなのかもしれません。

d99c9683030421.5d2f8801d3133

テールランプは横一直線で、その両端は最近のアウディのように「ストロボ」デザインを持っています。
そして、エアロダイナミクスを重視しているだけあって、リアディフューザーもかなり大型に設定されていますね。

ほかにもある、ランボルギーニの「未来形」レンダリング

ランボルギーニは「わかりやすい」デザイン言語を持ち、過去にもアイコニックなクルマ(カウンタックやミウラ)を発売していたという関係上、アーティストからモチーフとして取り上げられることが多いメーカー。
ここでその一部を紹介します。

VIA:Gaspare Conticelli

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニのコンセプトカー等, ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.