>その他アメリカ車

ダッジ・チャレンジャーSRTワイドボディに、ワイルド・スピードにも登場した「デイトナ」へのオマージュモデル登場。727馬力、チャージャー史上最強に

投稿日:2019/08/16 更新日:

| チャージャーは通常の「SRTヘルキャット」でも最高速度は315km/h |

ダッジがチャージャーSRTヘルキャット・ワイドボディに「デイトナ50thアニバーサリーエディション」を追加。
これは1969年に生産され、巨大ウイング装着で有名な「チャージャー・デイトナ」へのトリビュートモデルとなり、車体後部のステッカーそしてリアウイング、サテンカーボンフィニッシュの”ワープスピード”ホイール、ブレンボ製ハイパフォーマンスブレーキシステム(フロントのみ)が特徴となっています。

ボディカラーは専用となるB5ブルー、ほかにピッチブラック、トリプルニッケル、ホワイトナックル(アメ車はボディカラー名もカッコイイ)が選択可能。

インテリアにもチャージャーSRTヘルキャット50thアニバーサリー専用の意匠が盛りだくさん

インテリアについてももちろん特別製となり、「デイトナ(DAYTONA)」刺繍入りのレザー/アルカンタラシート、スウェード巻きのステアリングホイール、ブルーのコントラストステッチ、カーボンファイバー製トリム、ダイナミカ・スウェード製ヘッドライナー、スペシャルカーペット、限定モデルであることを表すバッジ等が与えられています。

acc14a15-dodge-charger-srt-hellcat-widebody-daytona-50th-anniversary-edition-5

オリジナルの「チャージャー・デイトナ」はもともとレース用に作られていたということもあり、今回のチャージャーSRTヘルキャット・デイトナ50thアニバーサリー・エディションも標準モデルに比べてパワーアップが施され、その出力は727馬力(10馬力アップ)へ。

a830488e-dodge-charger-srt-hellcat-widebody-daytona-50th-anniversary-edition-2

これによってこのチャージャーは「チャージャー史上、もっともパワフルな」モデルとなり、コレクターにとっては「ぜひ入手しておかねばならない」モデルになったとも言えそう。

e799303d-dodge-charger-srt-hellcat-widebody-daytona-50th-anniversary-edition-9

今回のパワーアップによってどれだけのパフォーマンス向上が得られたかについての言及はなく、しかし標準モデルのチャージャーSRTヘルキャットは0−100キロ加速は3.6秒、最高速度は315km/hというスペックなので、これより「上」なのは間違いないということになりそうです。

チャージャーSRTヘルキャット50thアニバーサリーの生産台数は501台のみですが、これはインスパイア元となる1969年の「チャージャー・デイトナ」が生産された台数。
現在価格等については未公開ですが、秋には発売を開始する、とのこと。

dde5cf0b-dodge-charger-srt-hellcat-widebody-daytona-50th-anniversary-edition-7

ダッジ・チャージャー・デイトナはこんなクルマ

1969年モデルのダッジ・チャレンジャー・デイトナは、フロリダ州デイトナビーチで行われる”デイトナ500レース”参戦のためのホモロゲーション取得のために生産されており、高さ58センチ(23インチ)のリアウイングが最大の特徴。

dd

映画「ワイルド・スピード」にもドミニクのドライブによって登場していますが、「アメリカンマッスル」を象徴するクルマの一台でもありますね。

現代においては2013年、2017年に今回と同じく「チャージャー・デイトナ」として限定モデルが発売されているものの、今年の限定モデルは「50周年」という大きな節目にも当たり、ひときわ「特別さ」が感じられるように思います。


こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->その他アメリカ車
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.