>アウディ(Audi)

新型アウディRS7スポーツバック発表!リミッター解除で最高速305km/h、RS7史上最強、そして最もセクシー

投稿日:

| ついにサルーンもここまで来たか |

アウディが新型RS7スポーツバックを発表。
言わずと知れた「A7スポーツバック」ファミリーの最強モデルであり、600馬力の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「史上最強の」RS7スポーツバックでもありますね。

そして新型アウディRS7スポーツバックは0-100km/h加速3.6秒を誇り、最高速はリミッターによって制限されて250km/hに。
ただし、この”紳士協定による”リミッターはオプションのダイナミックパッケージ、ダイナミックプラス・パッケージを選択することで305km/hまで高めることができます。

新型アウディRS7スポーツバックは「低く、広く」

新型RS7スポーツバック(アウディはクーペ風の5ドアハッチバックをスポーツバックと呼ぶ)はRS6アバント(同じくアウディはワゴンをアバントと呼ぶ)同様にアダプティブエアサスペンションを備え、標準時の車高はA7に比較して2センチ低められることに。
さらに時速120キロを超えると空気抵抗削減や安定性の向上を目的とし、さらに1センチ自動で下がることになります。

逆に、段差やスロープを超える際などにはスイッチ操作にて20ミリ車高を上げることができる「リフトモード」を備えているようですね。

標準のサスペンションで物足りない場合は「RSスポーツサスペンション」「ダイナミックライドコントロール」も用意され、これによってピッチ、ロールが抑えられることになり、RS7スポーツバックはさらに俊敏に(RS1、RS2のモードが選択できる)。

42f8cec7-audi-rs7-sportback-05

外観は最新の「RSデザイン」を用いたもので、フロントだとフレーム、メッシュがグロスブラックにペイントされたシングルフレームグリルが特徴的。
フロントバンパーサイドには三角形をモチーフとしたエアインテークが用いられ、これは新型アウディR8とも共通するデザインですね。

ホイールは標準で21インチ(タイヤ幅は275!)、そしてオプションにて22インチ(こちらのタイヤ幅は285、そしてハイグリップに)も選択可能。
ホイールのスポークは空力を考慮してかブレード形状を採用しており、表面にはディンプル加工(これは新しい)が見られます。

なお、ブレーキシステムについてはオプションにてカーボンセラミックディスクが用意され、これによって重量は34キロ低減できるようですね。

659f9b0e-audi-rs7-sportback-01

もちろん前後フェンダーもワイド化されることになり、「広く、低く」なったことでA7とは大きく異るアグレッシブな雰囲気も。
そのフェンダーに呼応するかのようにサイドステップ形状も変更され、シングルフレームグリル同様にドアミラーやウインドウモールもグロスブラックへ。

e04e9e6c-audi-rs7-sportback-04

リアだとアウディのエンブレム(フォーリングス)、テールパイプがブラックに。
RS7バッジはブラックとレッドとのコンビ、リアフェイシアにはカーボン製パーツが採用されています。

用意されるボディカラーは13色で、「RSモデル」専用の”ナルドグレー””セブリングブラック”ももちろん健在。

02c7544d-audi-rs7-sportback-02

新型アウディRS7スポーツバックのインテリアはこうなっている

そしてこちらは新型RS7スポーツバックのインテリア。
もちろんバーチャルコクピット(デジタル式メーター)を持ち、これはRSモデル専用表示も可能。

シート(RSスポーツバケットシート)にはナッパレザーが用いられ、ステアリングホイールにはフラットボトム形状、そしてグリップ全てにパートレイテッド(穴あき)加工が施されたスポーティーな仕様が与えられています。

なお、内外装のデザインがマッチしない、共通のデザイン言語やイメージを持たないクルマも多い中、アウディほど「エクステリアとインテリアとのデザインが共通している」クルマも少ない、と感じています。

それは「エッジ」「直線的」「テクノロジー」「アルミ」「ブラック」といった印象およびイメージですが、このあたりアウディのブランディングは非常に優れている、と思わされるところですね。

2f6eb653-audi-rs7-sportback-06

新型アウディRS7スポーツバックのレビュー動画が早くも公開

アウディはすでにいくつかのメディア、ユーチューバーに対して車両を先行公開しており、いくつかレビュー動画も登場。

こちらはShmee150氏によるレビューです。

こちらは最近かなりの勢いを誇るCarwow。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アウディ(Audi)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.