>シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) >その他アメリカ車

シボレー・カマロはやはり売れず。マスタングからの乗り換え支度金を27万円から33万円にアップし、これは車両価格の14%値引きに相当

投稿日:2019/12/08 更新日:

| カマロのデザインはアメリカ人にはかなり嫌われたらしい |

先日、シボレー・カマロが売れなさすぎて「マスタングから買い換えるなら27万円相当の値引きを行う」というキャンペーンを行なっていると紹介しましたが、今回はなんとその値引き幅を33万円相当にまで拡大する、というニュース。

なお、カマロは数年前までフォード・マスタング、ダッジ・チャレンジャーを抑えて「アメリカンマッスル市場ナンバーワン」の売れ行きを誇っていたものの、現在ではマスタングはもちろんチャレンジャーにも抜かれてしまうという状況です。

「33万円」値引きはかなり大きい

これについてシボレーの重役は、「カマロが切り開いた市場に他メーカーがなだれ込み、我々が本来得るべき利益を他者が貪っている」と主張。
そして今回の値引きキャンペーンを見るに、とくにマスタングに対して憤りを感じているようですね。

さらにこれまでにアメリカンマッスルを購入したことがない人に対しては11万円相当の値引きを行うとも発表し、販売状況としてはかなり厳しいということが想像できます。

なお、この「33万円」というのはカマロの車両本体価格にとっては比率的大きく、というのもアメリカではカマロの車両本体価格が250万円くらいであり、比率にすると14%くらいに相当するため。※トップレンジだと650万円くらい

カマロが売れていない理由は「謎」

なお、シボレー・カマロが販売不振な理由はまったく不明。
アメリカンマッスル全体が売れていないということではなく、チャレンジャー、マスタングに比べて「カマロだけが」ズルズルと販売を落としているということになりますが、さらに奇妙なのは、カマロは最近フェイスリフトを行なったところで、チャレンジャー、マスタングに比較しても「最新」だということ。

それを考えると、新しいかどうかは全く関係なく、単にそのデザインが顧客に「ウケていない」ということになりそうですね。

ちなみに現行カマロのデザインを行なったのはコルベットと同じデザインチームだとされ、よってカマロはコルベットっぽい「尖った」ディティールを持っています。
そして登場から11年経つのにモデルチェンジを行なっていないダッジ・チャレンジャーが年々販売を伸ばしているということを考えると、単に人々は「もっと丸っこい」レトロなデザインを求めているのかもしれません。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->シボレー(CHEVROLET), >フォード(FORD), >その他アメリカ車
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.