■近況について ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系 ■ニュース

GoPro最新モデル、HERO8 Blackを買ってみた!これまでのモデルとはここが違う

投稿日:2019/12/02 更新日:

| 全体的に質感が向上し、使い勝手も大幅アップ |

さて、GoProのニューモデル「GoPro HERO8 Black」を購入。
ぼくはここ最近だと、アクションカメラとして「GoPro Session」と「Go Pro HERO6」とを併用していますが、HERO8 Blackをしばらく使用してみた後、SessionもしくはHERO6(つまり不要だと判断したほう)を売りに出す予定です。

なお、ぼくは動画については門外漢で、Youtubeチャンネルにおいても無編集の「撮っただけ」動画ばかりをアップしていて恐縮な限り。
しかし徐々に動画に関する技術をマスターし、動画コンテンツを充実させたいと考えています(目指せユーチューバー)。

GoPro HERO8はこれまでのモデルに比較してこう変わった

GoPro HERO8について、これまでのGoPro史上もっとも大きな変化があったとも考えていますが、ざっとその(主な)特徴は下記の通り。

・HyperSmooth2.0を装備し、手ブレ補正がより高度に
・オプションが充実(メディアモジュラー、ディスプレイモジュラー、ライトモジュラー)
・撮影速度を自由に変更できるTimeWarp2.0装備
・ビルトイン(折りたたみ式)マウント装備
・スローモーション動画
・夜景をきれいに撮れるナイトラプス

・視野角を4つから選べるデジタルレンズ
・スーパーフォト + 高性能 HDR
・3つのマイクを搭載したHiFiオーディオ

ただ、実際にいくつかのGoProを使ってきた身としては、このほかにも「便利だ」と感じる進化もいくつか。
たとえばGoPro HERO8 Blackでは「フレームなし」でマウントに装着が可能で、これによって実用時の外形寸法がかなり小さくなるというメリットもあります。
加えてHero6だとバッテリーやマイクロSD、USBポートにアクセスするにはケースを外さねばならず、これはけっこう面倒だったものの、HERO8 Blackではその必要がない、ということですね。

L1170435

ちなみにカメラ本体の重量はGoPro HERO8 Blackでは126g、HERO7は116gではあるものの、実際に使用する際に、HERO7だとフレームを装着する必要があるため、その際の重量は142gへと増加します(つまり実用時の重量だとHERO8のほうが軽い)。

L1170436

サイドのアクセスパネルの操作方法が変わり、より確実なアクションを採用していて、このパネル自体も(おそらく)アルミ製を採用し、剛性感も格段に高くなっています。
ここは、Hero6では「かなり安っぽかった」部分でもあり、しかし充電時など頻繁に操作する部分でもあったので、通常使用時の満足感につながるところ。

L1170440

そのほか、画面に表示されるアイコンやインターフェースも変更。
アクティブな機能は水色で表示され、直感的にステータスを把握しやすくなっていますね。
こちらはHero6。

L1170444

HERO8では文字情報が少なくなり、アイコン表示を多用。
これによって直感的な操作が可能となっています。

L1170449

細かいところではありますが、ビルトインマウントも便利な部分で、これを折りたたむとカメラを「置いて」撮影することが可能。
Hero6、Hero7でも「ケースを外せば」カメラを置くことが可能ではあるものの、やはりそれはちょっと面倒です(ケースのロックがかなり硬く、着脱が面倒)。

L1170438

マウント使用時はかんたんに指先で起こせます。

L1170437

こちらはHero6。
ハウジングにマウント用の突起が一体成型されていて、このままだとカメラを「立てて置く」のは無理。

L1170441

逆に不満な部分は

充電について、ぼくはUSB経由で行っていますが、GoPro HERO8 Blackでは(6でも7でもそうでしたが)ハブ含む周辺機器からの給電だと充電できないことがあり、PC経由で充電する必要があるのはちょっと困るところ。
ぼくは外出先にはいつもMacbook Airを持ってゆきますが、これは「充電と、外部機器接続を兼ねた」ポートがひとつしかなく、よってGoProを充電しているときはマックブックそのものの充電ができない、ということになりますね。

L1170439

そのほか、根本的な部分ではありますが、機能を簡略化しても構わないので「もっと小さく軽量な」モデルがあるといいなあ、とは思います。

ちなみにGoProは専用アプリを使用してカメラのコントロール、設定が可能ですが、このアプリはときどきカメラとの接続においてエラーを出すことも。
こちらはスマートフォン(iPhone)側のエラーメッセージですが、たぶん「もう一度お試しください」という表示が「もう一・・・ださい」と表示されていて、これはちょっと笑えるところでもありますね。

cc

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■近況について, ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系, ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.