>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

北米にて80スープラが5440万円で販売中!確認された「5000万円オーバー」スープラはこれで2件め。ボディカラーは24台しか存在しない「クイックシルバー」

投稿日:

| 過去には軽く1000万円超え、2000万円に迫る売買履歴も |

1998年登録のトヨタ・スープラ(A80)が、米中古車売買サイト、Carsforsale.comにて、なんと499,999ドル(邦貨換算で5440万円)にて販売中。

このスープラは1997年にアメリカ市場専用にて販売された「(A70スープラから?)15周年記念モデル」で、走行距離は37,257マイルを数えます。
ただ、見たところ外装、エンジンルームとも非常に美しく、しっかり手入れされてきた個体には間違いなさそうですね。

スープラに5440万円は無謀?

そしてこの5440万円という金額がA80スープラにとって「どれくらい」のものかということですが、過去には5000万円で販売されたスープラも存在。
ただ、こちらは「売れたのかどうか」不明です(販売ページそのものが削除されている)。

ただし、この5000万円で販売されていたスープラはもともと1350万円で購入されたものであり、この1350万円という価格自体も驚きではありますね。

例の「1350万円で販売された」80スープラが今度は5500万円で転売。スープラの価格高騰は天井知らずに?

さらに、今回販売されているスープラと同じ「15周年記念モデル」は過去に1900万円で落札されたこともあり、相当な値上がりを見せているのは間違い、とも言えます。

【競売】1997年製、80スープラが1900万円で落札。3月には2000万を記録しており、スープラはもはや「手の届かない」クルマに

今回販売されているのはこんな仕様を持っている

そして今回販売されるA80スープラ「15周年記念モデル」ですが、ボディカラーに特別塗装色「クイックシルバー」を持つのが特徴。
このクイックシルバーにペイントされたのは24台のみということで、かなり希少なのは間違いなさそう(ブラックの個体は376台が存在する)。

1577866978

エンブレムはメタリックグレー(日本仕様のスープラもそうだった)。

1577866980

ルーフはデタッチャブル式の「エアロトップ」。

1577866955

ルーフを取り外すと飛び出す「ディフューザー」。

1577866976

外したルーフはリアトランクに収納可能。

1577866959

ホイールは「日本仕様にはない」クローム。

1577866770

ちなみにこの車両は「フルオリジナル」だそうですが、2点モディファイが施され、まずはフロントリップの「ボディカラー同色ペイント(純正だとブラックの樹脂)。

1577866811

もうひとつはボディカラー同色ヘッドカバー。

1577866822

トランスミッションは人気の6速MT、そして希少なボディカラー。
ヘッドライトやウインカーレンズも透き通っていて劣化は見られず、レア度やコンディションを考えると、5000万円は無謀でも、「2000万円くらいは(現在の中古相場から鑑みて)妥当」だとも言えそうです。

なお、この15周年記念モデルは比較的売り物が多く、以前にもディープジュエルグリーンパールのA80スープラ15周年記念モデルが販売に出されたことも(こちらは価格が上がらず、850万円ほどだった)。

珍しいグリーンの80スープラ(15周年記念車)が米中古市場に。個人間競売にて販売され、4日残して670万円に。このままだと軽く1000万円は突破しそう

80スープラはやはり映画「ワイルド・スピード」にてポール・ウォーカーがドライブしたことから人気が加熱し、もはや神格化されたといってもいいクルマですが、ここまで価格が上がり続ける理由としては「アメリカ人にとって、A90(GR)スープラをスープラだとは認められない」という風潮が関係しているのかも。

実際に、GRスープラについては、発売までに北米のディーラー網より、「このクルマはスープラの名にふさわしくない」という反発もあったといい、となると”真のスープラ”だとアメリカ人の考える80スープラの価格につき、今後も上がり続けると予想されます。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.