>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【リコール】BMW Mモデルの「トランスミッションが走行中、Nに入る可能性」。なお問題修正のため該当モデルは一時販売中止に

投稿日:2019/12/18 更新日:

| ここ数年、BMWは品質関連で揺れている |

BMWが北米市場にて、Mモデルのリコール、販売一時停止を届け出。
その理由は「トランスミッションのワイヤリングが、コンポーネントにダメージを与える可能性があり、その場合は回路がショートしてギアがニュートラルに入るため」。
もちろん走行中にこれが発生すると大問題となりますが、さらに大きな問題とならないよう、トランスミッションの制御はもともと「なにかトラブルが発生すれば、自動的にニュートラルに入る」ように設計されているのかもしれません。

生産済み在庫車も修理が必要

なお、影響を受けるモデルはM5、M8クーペ、M8コンバーチブル、M8グランクーペ、X5 M、X6 M。
このうち販売開始が最も早かったM5だと2019年1月30日~2019年10月30日に製造されたモデルがリコール対象に。
ほかモデルにおいてもかなり長い期間に製造された車両に問題の可能性があるとされ、Mモデルにはめずらしい大規模リコールということになりそうです(ただしMモデルなので、さほど台数は多くないと思われる)。

リコールへの対応としては、該当するトランスミッションワイヤリングハーネスを安全な取り回しに変更するとのことですが、場所が場所だけにけっこう作業には時間がかかることになるのかも。

加えて、BMWはすでに生産済みの在庫についても販売を一時停止。
もちろん問題を修正するためですが、ワイヤーの取り回しを修正して安全性を確保し、再度販売が開始できるのは2020年2月、とのこと。

BMWは現在、必要な工具やパーツを揃えている最中で、しかしオーナーに対しては電話や書面にて連絡を取り、作業日程の調整に入っているようですね。

あわせて読みたい、BMWリコール関連投稿

なお、BMWはここ数年、大規模なリコールが多発。
記憶に新しいのは、韓国で大騒ぎになった「炎上」案件ですが、これに加えてほかのリコールも見てみたいと思います。

アメリカにてBMW i3が販売停止&全数リコール。なお今月にはi3累計販売10万台突破、日本での中古相場は上昇気味

BMWが日米で大型リコール発表。アメリカは69モデル5万台、日本は26モデル7万台

米にてBMW M5の燃料計が「実際より高い数字を示す」としてリコール。一方韓国でもBMW炎上連発でリコールか

韓国で問題となった「BMW炎上」。BMWがついに全世界で160万台をリコールすると発表

BMW M3/M4、ミニJCWクロスオーバーにリコール。M3/M4は最悪の場合走行不能、クロスオーバーはポジションランプ点灯せず

BMWがアメリカにてX3の大規模リコール。エアバッグに関連し、販売した「ほぼ全て」が対象に

VIA: Bimmerpost

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.