>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

世界限定8台!日本にも1台だけ入ってくる、BMW史上もっとも高価なクルマ、”M8グランクーペ・ファーストエディション 8-of-8”を見てみよう

投稿日:2019/12/26 更新日:

| BMWがここまで気合の入った限定モデルを作るのは珍しい |

BMWは「8シリーズ・グランクーペ/M8グランクーペ/M8コンペティション・グランクーペ」を発表したところですが、例によってほかの8シリーズ同様に初回生産限定モデル、「ファースト・エディション」も同時に発売しています。
ただし今回、M8グランクーペ「ファースト・エディション」においてほかと異なるのは「世界で8台のみ限定」となる、”BMW M8グランクーペ・ファーストエディション 8-of-8”が設定されること。

新型BMW M8グランクーペ発表!コンセプトモデルそっくりのゴールドアクセントを持つ「1stエディション」も登場

コンセプトモデルに「逆戻り」した市販車

なんといってもこのM8グランクーペ・ファーストエディション 8-of-8最大の特徴は、M8グランクーペを示唆する先行コンセプトモデルとして発表された「コンセプトM8グランクーペ」そっくりの外観を持つこと。
ボディカラーは見る角度によって印象を変える”Salève Vert”と呼ばれる専用色で、それにゴールドのアクセントがなんともエレガント。
BMWは数々のコンセプトカーを発表してきたものの、ここまでゴールドを強調したクルマはほかにになく、実際にデザイナーのアドリアン・ファン・ホーイドンク氏も「もっともエキゾチック、もっとも優雅なBMW」と称するほど。

BMWが”コンセプトM8グランクーペ”発表。「もっともエキゾチックで、もっとも魅力的なBMWだ」

そして今回はそのM8グランクーペ・ファーストエディション 8-of-8が完成しBMWはじめユーチューバーによって紹介されることとなっていますが、ボディカラーは「オーロラダイヤモンドグリーンメタリック」、そしてアクセントはゴールドブロンズ、ヘッドライトのコロナリングはBMWのレーシングカーをイメージしたイエロー(国によってはイエローのヘッドライトは認可されていない)。

bmw-m8-gran-coupe-first-edition-8-of-8

そしてBピラーにはレーザーによる「1 of 8」の刻印。

bmw-m8-gran-coupe-first-edition-8-of-8 (3)

サイドステップには「BMWインディビデュアル・マヌファクトゥア」の文字。

bmw-m8-gran-coupe-first-edition-8-of-8 (2)

インテリアはタルマ・ブラウンとアイボリーのメリノレザーが使用されています。※北米仕様はアイボリーの面積が広い

e075b484-2020-bmw-m8-gran-coupe-113

なおBMW M8グランクーペ・ファーストエディション8 of 8のデリバリーは2020年3月を予定しており、1台はドイツに、そのほかの8台はアメリカ、スイス、ベルギー、イギリス、ロシア、日本、そしてカタールへ(ドバイと中国が入っていないのは意外)。
日本での価格は発表されていないものの北米では230,000ドル(2500万円くらい)に設定されており、これまでBMWが発売したクルマの中では「もっとも高価な部類」に属する、とのこと。

bmw-m8-gran-coupe-first-edition-8-of-8 (4)

こちらはスーパーカーブロンディさんがBMW M8グランクーペ・ファーストエディション8 of 8を紹介する動画。

VIA:Supercar Blondie

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.