>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

ノーマル比+1000万円!トムスがトヨタ・センチュリーを「ドライバーズカー」に仕立て上げ、限定36台、2816万円で発売開始

投稿日:

| 日本だけではなく世界中を対象にすると欲しい人が結構いそうだ |

先程はトムスが限定99台にて発売するGRスープラのコンプリートカー「TOM'S SUPRA」を紹介しましたが、今回は限定36台となる「トムス・センチュリー(TOM'S CENTURY)」。
その価格は28,160,000円(税抜き)、ベースモデルの19,962,993円に比較して「プラス1000万円」という強烈な価格設定を持っています。
トムス・スープラ、トムス・センチュリーともに魅力的なクルマではありますが、あまりに「高すぎ」、そして限定台数も意外と多く「完売できるのか」はちょっと心配。

なお、トムスはトヨタのセミワークス的存在にてモータースポーツ活動に携わっており、2020年からGRスープラにてSUPER GT GT500にも参戦予定。
よって、その技術は「確かなもの」だと言えそうですね。

ちなみにTOM'Sはトヨタとの資本関係はなく(現在はゲームコンテンツ製作を行うモブキャストホールディングスが所有)、TOM'Sは設立者である「舘(Tachi)」「大岩(Oiwa)」「モータースポーツ(Motor Sport)」の頭文字を取ったもので、「トヨタ(Toyota)」の「To」とは無関係。

TOM'S(トムス)がGRスープラのコンプリートカーを1423万円で販売開始!限定99台、出力は+120馬力、オーバーフェンダー+フルエアロ

トムス・センチュリーはこんなクルマ

トムスいわく、このトムス・センチュリーは「世界を意識したドライバーズカー」。
高級セダンと言うとメルセデス・ベンツSクラス、BMW 7シリーズ、そしてアウディA8が主流ではあるものの、それらに対抗すべくチューンされたクルマだと言えそうです。

そしてトムスは、このセンチュリーのコンプリートカーについて「国産最高級車として知られるセンチュリーが本来持つ高性能で高品質なパフォーマンスを継続しながら、より走行性能を高め、自らハンドルを握り運転を楽しむ”DRIVER’S CAR”の誕生」だと紹介。※このトムス・センチュリーは、東京オートサロンにて「最優秀セダン」に輝いた模様

news_200108_cimg02

なお、トヨタ・センチュリーは「ハイブリッド」なので、さすがにトムスといえども出力アップはできなかったと見え、出力はノーマルと変わらず(381PS)。
ただ、エンジンやECUには手が入らないまでも、オリジナルマフラー「トムス・バレル」にてレスポンスを向上させ、重厚なサウンドを演出しているようです(テールパイプはオーバル4本出し)。

news_200108_cimg03

外観についてはフロントアンダー、サイドアンダー、リアアンダー、トランクリッドにエアロパーツが装着。
車高は落とされ、ホイールも大径化されることに。※このホイールはオプション扱い

ちなみにフロントバンパーに内蔵されたLEDデイタイムランニングランプ、メッキホイールを見るに、ちょっと「イカツイ系」のカスタム路線を採用している模様。
トムスではこれを「エレガントでアクティブ」と表現しています。

news_200108_cimg01

こちらはトムス・センチュリーの後部座席に座るトヨタ自動車豊田章男社長。
内装を見るに、金額アップの多くはこの豪華なインテリアに費やされているようですね。
なお、このインテリアは「スポーティーにもエグゼクティブにも変更可能なフルオーダーメイド」。
ナッパレザーを使用しており、ステッチやカラー、その他素材を考慮すると「無限」の組み合わせがある、としています。

昨年の東京オートサロン/大阪オートメッセではトヨタ直系のモータースポーツ部門、Gazoo racingがカスタムしたセンチュリーが公開されていて、こちらのカスタム内容は下記の通り。

・ブレーキは「GR」ロゴ入り、ホワイトの対向ピストンキャリパー
・ホイールはBBS
・フロントグリルに「GRMN」バッジ
・スポイラー、ドアミラーはブラック(光の加減によってはゴールドの反射)
・タイヤはアドバンスポーツV105
・リアスポイラーはカーボン製
・エンジンスターターボタンにもGRロゴ

VIA:TOM'S

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.