ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスがレースカー「RC F GT3」を公開。V8エンジンは5.4Lに拡大、500馬力へ

2017/09/13


レクサスがジュネーブ・モーターショーにて「レクサスRC F GT3」を公開予定。
2014年のジュネーブではコンセプトカーを公開しましたが、今回は現実にレースを走る車両の公開となります。
画像ではオールブラックのカーボンボディを身にまとい、巨大なリアウイングやディフューザーを装備。

アメリカ、ヨーロッパ、日本においてレースに参戦するとのことですが、アメリカにおいては2台がIMSAウェザーテック・チャンピオンシリーズに参戦し、ランボルギーニ・ウラカンGT3などと闘うことに。
日本ではGT300に2台、ヨーロッパでは2チームが現在Gt3カテゴリに参戦すべく調整中、とのこと。

エンジンは5.4リッターV8エンジンで500馬力(ノーマルは5リッター、/467馬力)を発生。
トランスミッションは6速シーケンシャル、重量は1300キロとのことですが、市販車の1795キロに比べると(当然ですが)大きく軽量化されていますね。

なお外装は見ての通りオールカーボンで、おそらく内装なども原型を留めないほどモディファイされているものと思われます。
そうなると気になるのが価格で、もしかするとフェラーリ488GT3、ランボルギーニ・ウラカンGT3、ポルシェ911GT3Rに比べても「かなり高価」である可能性も(というか多分間違いない)。

488GT3、ウラカンGT3、911GT3Rは「はじめから」レース参戦を予定して設計されているのでレース専用車化するのに大きな手間もなく市販車と同じパーツを多くの部分で使用できますが、レクサスRC F GT3では「そうもゆかない」可能性も。
このあたりが「レースをするならポルシェが結局のところ一番安い」と言われる所以なのかもしれませんね。


関連投稿:BMW M4とレクサスRC Fとの加速を比較した動画。スペック上ではBMW M4の勝利だが?

スクリーンショット 2015-05-25 19.57.58のコピー

BMW M4とレクサスRC Fとの加速を比較した動画。

レクサスRC-Fは470馬力、0-100キロ加速は4.5秒。重量は1765kgです。
対するBMW M4は425馬力、0-100キロ加速は4.3秒(MT)、4.1秒(ツインクラッチ)。重量は1572kg。

公式発表値では重量の問題かBMW M4のほうが速いタイムですが、動画を見るとなぜかレクサスRC-Fのほうが速いようです。

それにしても、BMWのメーターは基本的に90年代からあまり進歩しておらず(もしかすると80年代から?)、奥行きがあまり無いところが今っぽく無いですね。

https://www.youtube.com/watch?v=DOfQdGKvM-E


関連投稿:レクサスRC Fが「ドライバーの心拍数をボディに反映」させる技術を搭載

名称未設定-1

トヨタがレクサスRC FにELパネルを装着し、ドライバーの心拍数をバーグラフにてボディ側面に表示させるシステムを公開。

心拍数が上がるとより発光面積が大きくなるようですが、周囲から「テンパってる」のがまるわかりなので、ちょっと恥ずかしいかもしれません。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , ,