>マツダ(MAZDA)

新型マツダCX-30発表!「人生の幅を広げるクロスオーバー」、「生命感と上品な美しさ」に溢れたSUV

| 読みは「 シーエックス サーティー」でヨロシク | マツダが新型SUVを、CX-30を国内でも発表。価格は2,392,500円~、マツダによると開発コンセプトは「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」、”CX-30”の読みは「シーエックスさんじゅう」ではなく「シーエックス サーティー」。MAZDA3に続く、マツダ渾身の「新世代商品第二弾」となりますが、ここでその詳細を見てみましょう。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

天皇陛下即位パレード用の「トヨタ・センチュリー」公開!天皇家の人々はそもそもどんなクルマに乗ってるの?

| トヨタ・センチュリーはいい選択。なおカスタム費用含めて8000万円とのウワサ | 首相官邸(皇位継承式典事務局)が「祝賀御列の儀における天皇皇后両陛下のお車について」というプレスリリースを発行し、パレードにて使用するクルマを「トヨタ・センチュリー」に決定し、月内に納車される予定である、と公表。なお、車両やボディ形式については式典委員会が決定したといい、さまざまな議論があったのかもしれません(特にオープンカーとすることについては、安全性が問われたとは思う)。 今回公開された画像については「式典バージョン ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリSF90ストラダーレのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは26色、内装は15色から選択可能

| それで満足できなければカスタムプログラム「テーラーメイド」も | フェラーリSF90ストラダーレのカーコンフィギュレーターが公開に。現時点ではまだ本国バージョンのみですが、その内容もほかのモデルに比べると簡素なものに止まり、オプションの詳細がまだ決定していないのかもしれません。ただ、ボディカラーやインテリアカラーなど「おおよそ」のところは選択でき、ここで「どんな仕様が選べるのか」を見てみましょう。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

マツダからスーパースポーツ登場?ランボルギーニやマクラーレン同様のスペースフレームを持つ特許図面が公開に。もしかすると電動ターボ+トランスアクスル

| これが実現するとマツダは一気に世界のメインストリームに躍り出る | マツダが「FRスポーツカー」に関する特許を出願し、それが公開となっていることが判明。これは「特開2019-151130/151131」にて開示されているもので、タイトルそのものは「車両の衝撃吸収構造」となっています。ちなみに同時期に出願され、かつ開示となっているものの中には「低温プラズマの生成方法及び圧縮着火式エンジン」「自動変速機(特開2019-143708/143707/143706)」「電動過給器付きエンジン(特開2019-13 ...

ReadMore

>その他アメリカ車

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って代わるもの。現在参加を表明しているのはアストンマーティン、トヨタ、そして今回車両を公開したスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス。その他にもドイツのレーシングチーム、ByKollesも参戦を表明しているものの、こちらは規定をクリアできずに実際の参加は難しいかも。 そのほか、ケーニグセグ、ランボルギーニが参 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

来年「ロードスター」でニュルに挑戦すると発表したテスラ。アヴェンタドールSVJのタイムを破りニュル最速王については「確実だ」

| ロケットに使用するスラスターを使用して強烈な加速とコーナリングを実現 | テスラは数日中にモデルSにて「ニュルブルクリンクでのEV最速記録」を公開するものと思われますが、来年に発売することになる新型テスラ・ロードスターについてもやはり「ニュルブルクリンク最速」を狙うと公言しています。なお、「ニュルブルクリンク最速」とは言っても様々な「最速」があり、「セダン最速」「EV最速」「FF最速」「SUV最速」といったものから「クーペ風セダン最速」まで多種多様。ただ、テスラが「ロードスター」で狙うのは「市販車全部 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

とにかく長い!新型メルセデス・マイバッハSクラスの試作車が目撃に。ボディ表面はフラッシュサーフェスに

| インテリアはおそらくテスラ風の「フルデジタル&タッチパネル」に | メルセデス・マイバッハSクラスと思われるプロトタイプが目撃に。現在マイバッハはメルセデス・ベンツのひとつのブランドに格納されており、Sクラスのバリエーションのひとつとして展開されています。これはSクラスが新型になったとしても変わらないと思われ、よって時期マイバッハもSクラスと多くを共有することになりそうですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがノア/ヴォクシー、アルファード/ヴェルファイアを対象に52万台の大量リコール。クルマが複雑化するにつれ予想外のトラブルも

| ただし簡単な部分でも同時にリコールを出していた | トヨタが522,354台にも及ぶ大型リコールを届け出。内容としては2つあり、「1:燃料ポンプの問題でエンストの可能性」「2:シートのリクライニング不良」。対象となるのは「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」「アルファード」「ヴェルファイア」の5車種で、製作期間は平成25年12月20日~平成30年7月18日。車種こそは少ないものの、人気車種だけにトータルの台数がかなり多くなっています。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】新型MR2が登場したらこうなる!カーデザイナーがCGを作成するも実際のところMR2は発売されるのか?

| トヨタは新型スポーツカーの発売を示唆してはいるが | カーデザイナーそしてユーチューバーでもあるスケッチモンキー氏が「新型トヨタMR2」のデザインを自身で考え、作成してみた動画を公開。「新型」MR2については様々なウワサが出ており、まずトヨタ自身は「86、スープラ、MR2をスポーツカーの3本柱にしたい」とコメント。86はエントリーモデルの役割を担い、スープラはよりハイパフォーマンスというポジショニングだと思いますが、そこでMR2がどういったポジションになるのかは気になるところです(エントリーだと86と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

なんと南アフリカでは70系ランドクルーザーが現役で販売されている!さらにインフォテイメントシステム、LED室内灯を装備したニューモデル「ナミブ」を投入

| 驚くべきことにFJクルーザーも現役モデル | 70系ランドクルーザーというと従来型メルセデス・ベンツGクラス、先代ランドローバー・ディフェンダーとともに「80年代のオフローダー」を代表する一台。70系ランクルは1984年に発売されていますが、日本国内では1989年に80系、1999年には100系、2007年には現行200系へと移行しています。なお、70系ランクルは「発売30周年」を記念し、2014年8月25日から2015年6月30日までの期間限定モデルとして復活したものの現在は新車で(当然)購入できず ...

ReadMore

ジンガー

>ポルシェ911関連

ジンガーは3台のポルシェ911カスタムをグッドウッドへ。「メツガー・エンジン」搭載のジンガーDLSも登場

| 最近のジンガーでは「前後異なるデザインのホイール」が流行? | このところあまり話題のなかったジンガー・ビークル・デザイン。ポルシェ911をレストアする過程で独自のデザインやパーツを盛り込み、その ...

>ポルシェ911関連

ポルシェ911の新しいカスタムビルダー登場。「我々が作るのはタイヤの付いたオーダースーツ。年に一台しか作れない」

| ドイツより新星”Wagenbauanstalt”登場。内外装はフルカスタム | ハンブルク拠点にて活動するWagenbauanstalt(ヴァーゲンバウアンシュタルト?)がポルシェ911のカスタム ...

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ジンガーが「100台目」の記念すべきポルシェ911カスタムを公開。なお現在の予約は”13年分”

| 初代911に忠実なデザインへと先祖返りした”三代目”ポルシェ911 | クラシックポルシェのレストア&カスタム(レストモッド)を行うジンガー・ビークル・デザイン(Singer Vehicle De ...

>ポルシェ911関連 ■ニュース

空冷ポルシェ911(993)用、フルカーボンボディ公開。完全レストアからのチューン「ガンサー400R」

| 空冷ポルシェのチューンに新星あらわる | 現在はジンガーはじめネオクラシック/クラシックポルシェのレストモッドが盛んですが、昨年993世代のポルシェ911カスタム”400R”を発表したことで話題に ...

>ポルシェ911関連

ポルシェ911の先祖返りカスタム。930を901風に、しかしオーバーフェンダーで武装した個体が競売に

| 930を901風にカスタムしたポルシェ911が競売に | 1984年製、「930」世代のポルシェ911を、その前の世代である「901」風に改造してしまった車両がオークションに登場。 こういったカス ...

>ポルシェ911関連

【競売】初代ルーフCTRの予想落札価格は1.3億。これから価格が上がるのは間違いない

| 初代ルーフCTRの価格が上昇中。これは「当然」だといえそう | 初代ルーフCTRがオークションに登場する予定ですが、その予想落札価格はなんと1億1000万円から1億3000万円。 ルーフ(RUF) ...

>ポルシェ911関連 ■映画や音楽、本について ■ニュース

ジンガー・ポルシェ911DLSのデザイナーは「トロン」の人!どうりで未来感もあるワケだ

| ジンガー・ポルシェのサウンドはカミソリのようなキレ味だ |   ジンガー・ポルシェ911”DLS”がグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてヒルクライムを走る動画が公開に。これは964世代 ...

>ポルシェ911関連

ウイリアムズ製、500馬力の空冷エンジン搭載!芸術品のようなジンガー・ポルシェ911”DLS”がついに公開

| ついにウイリアムズ製エンジンを搭載したポルシェ911が完成 | ポルシェ911のレストア&カスタムで有名なジンガー(Singer)ビークル・デザインがついに「911DLS(Dynamics and ...

>ポルシェ911関連

ジンガーが新たにポルシェ911をカスタム。964をベースに930風へと先祖返り

| ジンガーが最新作「マルホランド・ドライブ」を公開 | 空冷ポルシェのレストア&カスタムを得意とするジンガー(Singer Vehicle Design)が最新作を公開。 これまでのモデルとは異なり ...

>ポルシェ911関連

ジンガーがとんでもないポルシェ、”DLS”発表。あのメツガー・エンジン(NA500馬力)搭載、重量990キロ

ジンガーが「独自開発のエンジン」搭載のポルシェ911を公開 クラシックポルシェのレストア&カスタムで有名なジンガー(Singer)が、「ウィリアムズ(Williams Advanced Enginee ...

>ポルシェ911関連

クラシックポルシェ911のレストア&チューンを行うニューカマー登場。純正比で重量-25%、パワーは30%向上

ドイツの「DPモータースポーツ」がクラシックポルシェのレストア&カスタムビジネスに参入。 この業界への扉は「ジンガー」が開いたものですが、そこから多くのチューナーがここへ入ってくることに。 ジンガー従 ...

>ポルシェ911関連

またすごいの出た。5800万円、限定25台のポルシェ993カスタム。妥協なしの「400R」

クラシックポルシェの新たなチューナーが登場。 クラシックポルシェのチューン/カスタムというとジンガーが有名ですが、現在はジンガーのビジネスモデルを参考に「Kaege」「5001ワークショップ(ジンガー ...

>ポルシェ911関連

ジンガーがモントレーにて新型車(クラシック911)を2台展示。相変わらずの芸術的な仕上げ

クラシックポルシェ専門のチューナー、ジンガー・ビークル・デザインがモントレーに出展した車両をMotor1が公開。 一台はグレーにレッドのアクセントを持つ911タルガ、もう一台はメタリックブルーとオレン ...

>ポルシェ911関連

ジンガーの約半額。クラシックポルシェのレストア&カスタム新生、「Gプログラム」登場

| ジンガー・ポルシェは多くのフォロワーを生んだ | Gプログラムが1979年製ポルシェ911をレストア&カスタム。エンジンを3.4リッターに換装し、350馬力を発生する現代レベルのスポーツカーに仕上 ...

>ポルシェ911関連

久々登場、「スピードアート」がポルシェ911GTSをチューン。マフラーは3本出し

スピードアート(SpeedART)がポルシェ911カレラGTやチューンで比較的名前を目にすることが多く、しかし991世代であはほぼその名を聞かず、今回久しぶりの登場、といった感じです。

>ポルシェ911関連

ポルシェ911レストアの様子が動画で公開に。手間をかけようと思えばどこまでもできる世界

ポルシェ911はこうやってレストアする、という動画が公開に。 最近は様々なレストア動画が公開されていますが、いずれも本当に根気の必要とされる作業であり、お金がかかるのも理解できる内容となっています。

>ポルシェ911関連

クラシックポルシェのカスタムに新星登場。「ワークショップ5001」は比較的安価?

クラシック(空冷)ポルシェのカスタムというと「ジンガー」が有名ですが、今回新たに「ワークショップ5001」がクラシックポルシェのカスタムを発表。 最初の一台は1973年製911ですが、完全にベアシャー ...

>ポルシェ911関連

ジンガー・ポルシェを日常の足として乗る男。991GT3からレトロなジンガーへ

2017/2/20    , , ,

| ジンガー・ポルシェは日常的に乗りたくなるクルマ | ジンガー・ポルシェを日常の足として乗る男が登場。ジンガー・ポルシェは大変な人気で簡単には購入できず、しかしこのオーナーさんはクリス・ハリス氏の友 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.